早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 1月号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼1月号

NEWS REPORT

「個」としてのジャーナリズム精神を顕彰

第8回早稲田ジャーナリズム大賞贈呈式開催

左から、朝日新聞:藤森研氏、植村隆氏、南日本放送:山縣由美子氏、白井総長、南日本放送:有山貴史氏、日本放送協会:寺井友秀氏、鎌倉英也氏

 11月7日、第8回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞贈呈式がリーガロイヤル東京にて開催されました。今年度の受賞作品は以下の通りです。

<公共奉仕部門>
連載「新聞と戦争」(朝日新聞社)
<草の根民主主義部門>
「やねだん~人口300人、ボーナスが出る集落~」(南日本放送)
<文化貢献部門>
探検ロマン世界遺産スペシャル「記憶の遺産~アウシュビッツ・ヒロシマからのメッセージ~」(NHK総合テレビ)

 席上、総長挨拶、佐野眞一選考委員の講評・講演後、受賞者・取材スタッフから今後の活動への決意をこめた挨拶がありました。

 また贈呈式に合せ、本賞記念講座をまとめた書籍の最新刊『「個」としてのジャーナリスト』(早稲田大学出版部)が発売されました。