早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 10月号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼10月号

NEWS REPORT

国際的レベルの教育研究を目指し

文部科学省実施の各種事業で採択

 文部科学省が競争的資金の導入として実施する各種事業について、本年度、現時点までに採択された本学申請の案件をご紹介します。

グローバルCOEプログラム

 我が国の大学院の教育研究機能を一層充実・強化し、世界最高水準の研究基盤の下で世界をリードする創造的な人材育成を図るため、国際的に卓越した教育研究拠点の形成を重点的に支援し、国際競争力のある大学づくりを推進することを目的とした大型事業です。

 審査の視点として、(1)学長を中心としたマネジメント体制による指導力の下、大学の特色を踏まえた将来計画と強い実行力により、国際的に卓越した教育研究拠点を形成する計画であること、(2)5年間の事業終了後も、国際的に卓越した教育研究拠点としての継続的な教育研究活動が自主的・恒常的に行われることが期待できる計画であること、(3)世界最高水準の優れた研究基盤や特色ある学問分野の開拓を通じた独創的、画期的な研究基盤を前提に、高度な研究能力を有する人材育成の機能を持つ教育研究拠点(人材養成の場)を形成するものであって、将来の発展性が見込まれる計画であること、などが求められています。各プログラムの詳細は、次号以降お知らせします。

人文学及び社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業

 大学に蓄積された人的・物的資源を活用し、国公私立大学を通じた共同研究の促進及び研究者ネットワークの構築、並びに学術資料等の共同利用の促進等、研究体制や研究基盤を強化するために、人文学及び社会科学分野における共同研究拠点の整備を私立大学等にも拡大することを目的とした事業です。

 採択を受けたイスラーム地域研究機構は、イスラーム地域研究の充実と拡大をはかり、実証的な知の体系を築くことを目的として、本学を中心に、東京大学、上智大学、京都大学、東洋文庫の5拠点からなる共同研究ネットワークです。

産学官連携戦略展開事業(戦略展開プログラム)

 イノベーション創出の原動力である大学等の知的財産戦略などが持続的に展開されるよう、主体的かつ多様な特色ある取り組みを国公私立大学等を通じて支援し、産学官連携活動全体の質の向上を図ることを目的とした事業です。その中でも、戦略展開プログラムは、大学等の活動としては実施のリスクが高く、かつ、国として政策的観点から積極的に促進するべき活動を重点的に支援することにより、大学等の産学官連携体制の強化を図るものです。

 本学の採択分野では、基本特許の国際的な権利取得の促進、海外企業からの共同研究・受託研究の拡大、国際的な知的財産人材の育成・確保など、国際的な産学官連携体制の強化を図ることが期待されています。

グローバルCOEプログラム
分野名 拠点のプログラム名称 中核となる専攻名 拠点リーダー名
機械、土木、建築
その他工学
グローバル ロボット
アカデミア
大学院創造理工学研究科
総合機械工学専攻
藤江正克
理工学術院教授
社会科学 制度高知宇の政治経済学―期待実現社会に向けて― 大学院経済学研究科
応用経済学専攻
田中愛治
政治経済学術院教授
社会科学 成熟市民社会型企業法制の創造―企業、金融、資本市場法制の再構築とアジアの挑戦― 大学院法学研究科
民事法学専攻
上村達男
法学学術院教授
人文学及び社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業
共同研究拠点の組織名称と研究分野 拠点代表者氏名
イスラーム地域研究機構(地域研究) 佐藤次高 文学学術院教授
産学官連携戦略展開事業(戦略展開プログラム)
活動分野 実施組織名称
国際的な産学官連携活動の推進 知財・産学連携本部