早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 10月号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼10月号

NEWS REPORT

大隈庭園に友好の証

中国政府より孔子像寄贈

才利民 山東省副省長(左)、長孔鉉佑 駐日公使(右)

 梅雨の合間の晴天に恵まれた6月16日、中国を代表する思想家・教育者である孔子の銅像が中国政府より本学に寄贈され、除幕式が大隈庭園にて執り行われました。

 本学は、日本で最初に中国からの留学生を受け入れた大学であり、同国とはその後も長い交流の歴史を刻んできました。今回の寄贈については、5月の胡錦濤国家主席来校と同時期に開催された北京大学との共同大学院設立に関する基本合意書調印式場において、中国政府より正式に申し出があったものです。

 当日は、孔子の故郷である山東省や中国大使館関係者等が出席し、冒頭挨拶に立った白井総長は、これからも中国との深い関係を大切にしつつ、次の100年を見据えた日中両国の互恵的発展を担う人材の育成を目指すとの決意を述べました。

除幕された孔子像の前で左より、
内田副総長・土田副総長・白井総長・才利民山東省副省長・孔鉉佑駐日公使・宇野治外務大臣政務官