早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 7月号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼7月号

NEWS REPORT

著名な方々を迎え、パネルディスカッションが行われました

グローバル・ヘルス研究所主催~今、世界のいのちと向き合って~

 2008年4月、本学に「早稲田大学グローバル・ヘルス研究所」が発足しました。この設立を記念し、5月22日に当研究所主催「~今、世界のいのちと向き合って~」が開催されました。森喜朗(元内閣総理大臣)研究顧問の祝辞、有森裕子国連人口基金親善大使の基調講演に続き、著名な方々をパネリストに迎え、パネルディスカッションが行われました。

 発展途上にある国々において、子どもや女性などの社会的に弱い立場に置かれる人々の健康問題は、地球規模で取り組む課題として早急な対応が求められています。当シンポジウムにおける熱いメッセージは、ご来場いただいたたくさんの方々にとって、世界で今何が起こっているのか、そして私たちに何ができるのかを考える機会となりました。

森喜朗研究顧問

有森裕子国連人口基金親善大使