早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 2013 錦秋号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼2013 錦秋号

A WASEDA Miscellany

本学外国人教員が、自らの研究のこと、趣味や興味あることなど日々の雑感を語ります。

Pauline C. Reich

Thoughts about Being the First, the Only or One of the Few:
It's about more than merely hiring women!

Pauline C. Reich
Professor, Faculty of Law and Director, Asia-Pacific Cyberlaw, Cybercrime and Internet Security Research Institute American lawyer, arbitrator and mediator

I was with the Office for Civil Rights, U.S. Department of Education, for over 16 years before coming to Waseda in 1995. I worked in the New York regional office primarily as an investigator of compliance with various federal laws, mediated cases, trained staff, wrote policy documents, spoke at conferences attended by up to 40,000 people, and negotiated legal remedies with university presidents, attorneys, and Equal Employment Opportunity/Affirmative Action officers in two states and two U.S. territories. I investigated approximately several hundred colleges, universities, graduate and professional schools with respect to non-discrimination complaints related to race, gender, national origin, disability and age discrimination.

During that period, I was one of twelve women selected from 700 applicants for the First East Coast CORO Foundation Public Affairs Leadership Program for Women, directed by Pat Koch Thaler, the sister of former New York City Mayor Ed Koch. CORO has trained members of the U.S. Congress, U.S. ambassadors and White House staff in how to analyze situations and organizations that are unstructured to identify the locus of power and issues. When I arrived at Waseda, I introduced two courses which I continue to teach: Women and the Law (the “herstories” of Japanese, American and other women lawyers, judges, prosecutors, suffragists and politicians); and Women and Employment Law Worldwide (laws, policies and strategies applied to overcome obstacles to women’s employment opportunity).

OTHER MILESTONES:

1999 : Visiting scholar at the International Labour Organisation headquarters in Geneva, Switzerland, gender equality unit. I discovered the concept of “gender mainstreaming”, a UN initiative. I observed it in action as applied by the Prime Minister of Sweden. This concept increases awareness of women as equal participants in society through leadership instituted by the President or head of an organization in making everyone aware of including women in all aspects and activities, including decision-making and leadership.

2000-2001: Visiting Scholar/Professor while on overseas sabbatical leave; conducted research during the early years of the Internet revolution focusing on e-commerce law and Internet-based legal research at three Silicon Valley law schools and two law faculties in Australia. Since then my research has mainly focused on Cybercrime and Information Security

2003 : Invited to be General Editor of the law treatise CYBERCRIME AND SECURITY (Thomson Reuters/West, about 3,000 pages, updated quarterly, covering about 50 countries worldwide).

2006 : I founded the Asia-Pacific Cyberlaw, Cybercrime and Internet Security Research Institute at Waseda. We have hosted speakers on such topics as WiFi Internet Security, Digital Forensics and E-Discovery. We plan to offer more programs and are applying for funding for further events.

December 2012 : Produced a new book, a four year international collaboration, LAW, POLICY AND TECHNOLOGY; INFORMATION WARFARE, CYBERTERRORISM AND INTERNET IMMOBILIZATION (IGI Global). I speak at conferences in Asia, the US and Europe about latest developments in Cybercrime and Cybersecurity. My CORO training has enabled me to analyze the unstructured evolution of law and policy related to the Internet.

OTHER ACTIVITIES

I participate in the Regional Asia Information Security Exchange, which meets annually in different cities in this region. Other members are all male, primarily Information Security experts, and very supportive of my research.

I am former Co-Chair of the Pacific Rim Subcommittee of the American Bar Association Section of Dispute Resolution and former Vice Chair of the Legal Services Committee of the American Chamber of Commerce in Japan.

I continue my involvement in several sections and committees of the American Bar Association and foreign lawyers’ groups in Tokyo, provide continuing legal education for American lawyers in Japan. Currently completing 15 years as General Editor of the book CIVIL PROCEDURE IN JAPAN 2nd Edition Juris Publications with former Chief Justice of the WTO Appellate Body Yasuhei Taniguchi, former Presiding Judge of the Tokyo Family Court Hiroto Miyake, and Professors Hiroshi Tega of Tokyo Metropolitan University and Kyoko Ishida of Waseda Law School.

CONCLUSION

There is much more to be told about being the only woman or the first woman or one of a few women. I hope that there will soon be more collaborations across academic disciplines and across borders. I urge the university community, lawyers, government and business leaders to enable the full utilization of women’s talents so that all women are able to achieve their potential in academe, law, society. WE ARE NOT THERE YET…

先駆者であること、唯一無二の存在であること、
数少ない存在であることについての考察:
範囲は女性の雇用問題に留まらない!

ライシ・ポーリン
法学学術院教授
アジア太平洋サイバー犯罪・インターネットセキュリティー研究所所長

 1995年に早稲田大学に赴任するまで16年以上にわたり、私は米国教育省の公民権局に勤務しました。さまざまな連邦法遵守調査官として主にニューヨーク支局で勤務し、事案を調停し、スタッフを訓練し、政策文書を作成し、4万人が参加した会議で講演し、アメリカの2州と2地域の大学長、弁護士、および雇用機会均等/差別撤廃措置の担当者と法的救済を交渉しました。私は約数百校の短大、大学、大学院および専門学校で、人種、性別、国籍、障害、年齢差別に関連した不当差別禁止の苦情について調査を実施しました。

 その頃、私は700人の応募者から選ばれた12人の中の1人として、元ニューヨーク市長エド・コッチの姉妹、パット・コッチ・ターラー氏が運営する東海岸CORO財団第1回女性のための広報リーダーシッププログラム(the First East Coast CORO Foundation Public Affairs Leadership Program for Women)に参加しました。COROは権力や問題の所在を特定する方法が組織立っていない状況や組織の分析の仕方をアメリカの下院議員、アメリカ大使、大統領官邸スタッフに訓練しています。

 私は早稲田大学に赴任して「女性と法」(日本人、アメリカ人、およびその他の女性弁護士、判事、検察官、婦人参政権論者、政治家の「歴史」)と「女性と世界の雇用法」(女性の雇用機会への障害克服に適用する法律、政策、戦略)を紹介し、いまだにこの2コースを担当しています。

その他の主なできごと:

1999年:スイスのジュネーブに国際労働機関(ILO)本部男女平等ユニット客員教授。国連主導の概念である「ジェンダー・メインストリーミング」を発見。私はスウェーデン首相がとった行動によってこの概念に気づきました。この概念は、意志決定やリーダーシップを含むあらゆる面や活動に女性を参加させるということを、大統領や組織の長のリーダーシップを通じて皆に認識してもらい、社会の平等な参加者としての女性の意識を向上させるというものです。

2000-2001年:サバティカル中、海外の客員教授/教授として、インターネット革命初期にシリコンバレーの法科大学院3カ所とオーストラリアの法学部2カ所で電子商取引法とインターネットを使用した法研究に重点を置いた研究を行いました。それ以来、私の研究は主にサイバー犯罪とインターネットセキュリティーに集中しています。

2003年:法学論文集『CYBERCRIME AND SECURITY(サイバー犯罪とセキュリティー)』(Thomson Reuters/West、約3,000ページ、四半期毎に更新、世界約50カ国を網羅)の編集主幹に招聘されました。

2006年:早稲田大学にアジア太平洋地域のサーバー法、サイバー犯罪・インターネットセキュリティー研究所を創立。WiFiインターネットセキュリティー、デジタル法医学、電子情報開示などに関する講演を開催。今後もさらに多くのプログラムを提供する予定であり、さらに多くのイベントのために資金を申請中です。

2012年12月:4年間の国際的協力の成果として新著『LAW, POLICY AND TECHNOLOGY:INFORMATION WARFARE, CYBERTERRORISM AND INTERNET IMMOBILIZATION(法、政策及び技術:情報戦争、サイバーテロ及びインターネットの制限)』(IGI Global)を上梓。サイバー犯罪及びサイバーセキュリテイーに関する最新動向についてアジア、米国、ヨーロッパの会議で講演。COROで受けた研修が、体系化されずに進展したインターネット関連法や政策の分析を可能にしてくれました。

その他の活動

 毎年、アジア地域の異なる都市で会議が開かれるRegional Asia Information Security Exchange(アジア地域情報セキュリティー交換会議)に参加。この会議のメンバーは、私を除いて、主に情報セキュリティーの専門家であり全員男性ですが、私の研究に非常に協力的です。
 アメリカ法曹協会紛争解決課環太平洋小委員会の元共同委員長、および在日米国商工会議所法務サービス委員会の元副委員長を務めました。 アメリカ法曹協会及び在東京外国人弁護士グループの複数の部会や委員会に参加し続け、在日アメリカ人弁護士のために法学教育を継続しています。 現在、編集主幹を15年務める『CIVIL PROCEDURE IN JAPAN(日本の民事訴訟法)』(第2版、Juris Publications)を谷口安平氏(元世界貿易機関(WTO)上級委員会委員長)、三宅弘人氏 (元東京家庭裁判長)、手賀寛氏(首都大学東京教授)、石田京子氏(法務研究科)と共に編纂中。

まとめ

 ただひとりの女性であること、初めての女性であること、または数少ない女性であることについて言うことがまだまだあります。私は学問分野や国境を越えて多くのコラボレーションが可能になる時代がまもなく来ることを願っています。私は、あらゆる女性が学界、法律、社会の中で能力を発揮できるように、女性の才能を最大限活用するよう、大学コミュニティ、弁護士、政府やビジネスリーダーに促しています。私たちには、まだ多くの達成すべきことがあります……。

About 3,500 pages, updated quarterly, country and topical coverage and cases
四半期毎に国と時事の網羅と事案の更新、約3,500ページ

Comprehensive coverage of developments since the amendment of the Japanese Civil Procedure law and rules in 1996
1996年の日本の民事訴訟法と規則の改正以来における進展の包括的網羅

About 500 pages, collaboration by twoteams of experts from a number of countries from the technology, business, law, academic and policy communities
数多くの国々出身の技術、ビジネス、法律、学術、政策コミュニティ分野の専門家2チームによる共作約500ページ。