早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2013 盛夏号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼2013 盛夏号

A WASEDA Miscellany

本学外国人教員が、自らの研究のこと、趣味や興味あることなど日々の雑感を語ります。

Odile DUSSUD

My pleasure:
discussing with students,
reflecting the attraction of words

Odile DUSSUD
Professor, Faculty of Letters, Arts and Sciences

In the last year of High School (majoring mathematics), I hesitated which study I would major at universitybetween paleoecology and classical literature. Both were concerned as reconstruction of the past, dealingwith material trace, paleoecology seemed to be reliable, safe and yet likely to offer pleasant surprises. On theother hand, classical literature seemed to be more “risky” since I would have to deal with the ancient way offeeling, thinking and writing, moreover, to explore fascinating texts which get me into the inside of story. As Iread them, my sensibility or even my behaviour had been influenced. In spite or because of all these reasons,I felt classical literature would be the most enthralling as my study. Furthermore, I was fond of language andmythology of the Ancient Greek and Roman Culture. They were also one of my passion, so I finally decidedto study further on literature.

The training I was given in the special classes studying for the entrance exam for Ecole Normale Supérieurein Paris took me for 4 years to get in. All the courses I attended at school gave me the intellectual strength todevelop these early inclinations and incorporate them in my actual research activities. The multidisciplinarylessons (literature, philosophy, history, English, Latin and Greek) and the discussions with my classmateswidened my interests. They taught me not to hesitate to read difficult contemporary works and admire theimportant texts of theory or poetry. These studies also enabled me to distinguish questions from my ownresearch more accurately as well as where I stood about the contemporary trend of literary studies. RolandBarthes’ works had a great importance and determined the rhetorical aspect of my method.

Since1987, I’d taught at several university in Japan as a part-time instructor for 5, 6 years. After I workedfor Tokyo University at Komaba Campus for 6 years, I started my career at Waseda University as ProfessorMasao Suzuki who has been working there introduced me. I have been researching different writings of the17th and 18th century in France, mainly examining the way Fénelon integrate Greek and Roman materialsin his works and the reason why he did so. Moreover, I found the significance of regarding moral, social,political and religious context of his time. In 2009, I got an opportunity to go to France in a research teamon a sabbatical leave which was such a rewarding experience for me. I became interested in the field ofnewspaper since I met some French researchers there, exploring the ways the journalists expressed the factsin those times. Those documents are open to read on the Web more and more these days.

Astonishingly, all these studies didn’t lessen the pleasure I have in reading books. Once I have finishedscrutinizing a literary writing down to the smallest detail, I read it again entirely, I am always surprised to findmyself enjoying a new and to be once more bewitched as if I have read the text for the first time. I feel thatneither all the papers and books I read about it, nor my own limited research work exhaust its enigmaticenergy and I am glad to think that new researchers will be attracted and discover more and more about it.Reading works of the past and talking about it with Japanese students in my seminar at Waseda Universityis always stimulating for me. I hope I could share my passion with them, stimulate their desire of researchingthe same field and give them some hints about how to do it, in their professional or private life. Dealing withliterature is one of the few activities in which aging means getting more pleasure and more strength.

年を重ねるほど面白さが増す文学

オディール・デュスッド
文学学術院教授

 高校最後の年(数学を専攻)、大学の専攻を古生態学か古典文学のどちらを選ぶかで迷いました。共に具体的な跡形をたどりつつ、過去を再構築する学問ですが、古生態学は確実かつ安全で、しかも面白い発見が期待できる気がしました。一方で古典文学は、古めかしい感情や思考の表現方法、文体を理解しなければならず、加えて物語の深部まで入り込むには興味深い文言について探求しなくてはならないため、より「リスクが高い」と感じました。古典を読み進むにつれ、私の感性、さらにはふるまいや態度にまで影響が現れました。このような理由にも関わらず、いや、それゆえかもしれませんが、自分の研究対象としてもっとも興味をそそられるのが古典文学だと感じました。さらに、私は古代ギリシャやローマ文化の言葉や神話に魅了されていました。私の情熱の一つでもありましたので、ようやく文学研究の道を進む決心がつきました。

 パリの高等師範学校エコール・ノルマル・シュペリウールの入試対策用の特別クラスを受講するのに4年も歳月を費やしました。受講したすべての科目を通じて、早期に自分自身の傾向や嗜好をさらに発展させ、それらを実際の研究活動に組み込むための知力を得ました。数多くの学問領域にわたる授業(文学、哲学、歴史、英語、ラテン語、ギリシャ語)や級友との議論によって、私の興味は広がりました。授業を通して、難解な現代作品に果敢に取り組み、理論や韻文の重要な文言を賞賛することを学びました。またこれらの学習は、自分の研究の疑問点や、文学研究の新しい潮流に関する自らの見解を際立たせる際に役立ちました。なかでもロラン・バルトの著書は極めて重要な意味を持ち、私の研究手法の修辞的な側面を決定付けました。

 1987年の来日後、5、6年にわたりいくつかの大学で非常勤講師を務めました。東京大学駒場キャンパスで6年間勤務した後、当時教鞭を執られていた鈴木雅雄教授の紹介で早稲田大学に赴任しました。フランス17世紀および18世紀の様々な著述を研究してきました。フェネロンがどのように自分の作品とギリシャ、ローマの題材を融合したか、またその理由に関する研究が中心です。さらに、フェネロンの時代の倫理的、社会的、政治的および宗教的背景の意義も見出しました。2009年のサバティカル休暇中には、研究チームの一員として渡仏の機会を得て、非常に有意義な経験をしました。現地でフランス人の研究者達と知り合い、新聞学の分野に興味を持ち、当時のジャーナリストがどのような方法で当時の出来事を表現したのか詳しく調べました。最近では、より多くのこのような文書がインターネットで自由に閲覧できるようになっています。

 驚くことに、このような研究にも関わらず、読書の楽しみは一向に衰えませんでした。一つの文学作品を綿密に吟味し、詳細を書き留めると、また全部読み返しました。まるで原文を初めて読んだかのように魅了され、あたかも新しい作品のように楽しめる自分にいつも驚きます。私がその作品に関してこれまで読んだ論文や書物、または私の限られた研究作品によって、その(文学作品の)不可思議な情熱の火が消えることなく、新たな研究者を魅了し、その作品について新しい発見が次々に生まれるだろうと考えると、うれしくなります。早稲田大学のセミナーで日本の学生達と古き時代の作品を読み、語り合うことは私にとって常なる刺激です。私の情熱を彼らと分かち合い、同じ分野の研究意欲を鼓舞し、仕事・プライベートでの「ヒント」をあげられたらうれしいです。文学研究は、年を重ねるほど面白さ、良さが増す数少ない活動の一つだと思います。

フェヌロン『テレマックの冒険』より。ジャック=ルイ・ダヴィッド作「テレマコスとエウカリウスの別れ」
Les Adieux de Télémaque etd'Eucharis, 1818 by Jacques-Louis David From Les aventures de Télémaque by Fénelon

近年関心がある新聞やジャーナリズム。フランス語で書かれた18世紀のドイツの新聞
Gazette de Brunswic, 10 janvier 1756, an 18th-century German newspaper written in French In recent years, she has developed an interest in newspapers and journalism.