早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2013 新緑号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼2013 新緑号

A WASEDA Miscellany

本学外国人教員が、自らの研究のこと、趣味や興味あることなど日々の雑感を語ります。

Zhen-Bo Cao

Life after PhD:
A Researcher's Personal Journey

Zhen-Bo Cao
Ph.D., Faculty of Sport Sciences

Time flies like an arrow; 12 years have passed since I arrived in Japan, and more than five years have passedsince I completed my PhD. At this stage in my life, I reflect on my work since then. Following the completionof my PhD program in 2007, I gained employment at the National Institute of Health and Nutrition. At thetime, Dr. Izumi Tabata, who was the leader of the Health Promotion and Exercise Program and was pivotalin the formulation of the “Exercise and Physical Activity Reference for Health Promotion 2006 (EPARHP2006),” established a major project for the EPARHP 2006 revision. As a participant in this project, I engageddaily in studies in the fields of physical activity/fitness along with nutrition and health, which involvedscientific evaluation methods and evidence-based studies for health promotion. While in graduate school, Ilearned much about exercise and health through my research on the effectiveness of exercise and nutritionintervention for middle-aged and elderly people. However, participating in this project equipped me witha diverse range of hands-on experience in the fields of exercise, nutrition, and health. During this time,the project provided an environment that offered me the opportunity to fully utilize the research resources,enabling me to make good propositions and execute them with the confidence that I would be secondto none. By the time I left the National Institute of Health and Nutrition, I had had five papers published ininternational academic journals, which enabled me to improve my research performance. Furthermore, I wasafforded the honor of presenting at international conferences and formulating research plans and annualreports for the projects. This experience provided me with a firm foundation for my present standing in myresearch life. In addition, during my second year at the institute, I was given the chance to work as a parttimeinstructor at a university. This experience also significantly contributed to my current education andresearch activities as a university instructor.

In the fall of 2009, I transferred to my current position at the Faculty of Sport Sciences at Waseda University,which was selected for the Global COE Program: Sport Sciences for the Promotion of Active Life. My workas part of the Global COE Program has involved conducting my own research, educating PhD students inthe Graduate School of Sport Sciences, constructing educational systems for PhD students, planning andrunning international symposia, summarizing research achievements, and proposing and implementinginternational exchanges. In addition to bearing the responsibility for this major program, I have obtainedimportant practical experiences. Since teaching staff and students on the Global COE Program work closelywith one another, students often approach me with questions, consultations over research and overseasstudy, and occasionally even for counseling. While this is a lot for a young teacher such as myself to dealwith, whenever one of my PhD students publishes a paper, I feel happy and satisfied at being able to help.At the same time, largely through my own initiatives, I have acquired the ability to create a coherent researchflow, from planning to the acquisition of research funding, experiments, data analysis, and publication ofthe results. All this has allowed me to believe that, for the first time, I have truly become an independentresearcher. Although I consider my life as a university instructor to be completely different from my tenureat the National Institute of Health and Nutrition, I am frequently reminded of how much the “discipline” Icultivated at the National Institute of Fitness and Sports in Kanoya and the National Institute of Health andNutrition continues to support me. Overall, the past five years have been a busy but extremely rewardingperiod in my life.

博士課程の後に―ある研究者の歩み―

曹 振波(ソウシンハ)
スポーツ科学学術院 次席研究員

グローバルCOEの国際シンポジウムにて
(2列目右端が筆者)
At the Global COE International Symposium (author is on the far right in the second row)

 光陰矢のごとし。来日して12年、博士課程修了から5年以上が経ちました。人生のこのステージで、博士課程修了以降の私自身の研究を振り返ってみたいと思います。2007年に博士課程を修了後、私は国立健康・栄養研究所で職を得ました。当時、健康増進・運動プログラムの指導者であり、「健康づくりのための運動指針2006(EPARHP2006)」の策定において中心的役割を果たした田畑泉博士が、EPARHP2006刷新の大規模なプロジェクトを立ち上げました。私はこのプロジェクトに参加して、健康増進のための科学的評価手法や科学的根拠に基づく研究を含む、栄養と健康を考慮した身体活動/フィットネス分野の研究に日々携わりました。大学院在学中は、壮年・高齢層を対象とした運動や栄養学の介入効果に関する研究を通じて、運動や健康について非常に多くのことを学んでいましたが、何よりもこのプロジェクトに参加したことで、運動、栄養、健康の分野で幅広い実地経験を積めました。この期間、研究リソースを十分に活用できる機会と環境に恵まれたため、適切な研究テーマを提案し、誰にも負けないという自信をもってそれを実施することができました。国立健康・栄養研究所を離れるまでに、国際的な学術誌に5つの研究論文を発表し、研究業績を積むことができました。さらに、国際会議で発表したり、研究計画やプロジェクトのための年次報告書を策定するという名誉にも預かりました。この経験によって、私の研究人生で現在の地位を確立する上での揺るぎない基盤が築かれました。加えて、二年目に非常勤講師として大学に勤務する機会も得ました。この経験も、大学教員としての私の現在の教育および研究活動に非常に役立っています。

 2009年の秋、現在も勤めている早稲田大学スポーツ科学学術院に職を得ました。これは、グローバルCOEプログラム「アクティブ・ライフを創出するスポーツ科学」の研究員として選ばれたためです。グローバルCOEプログラムでの私の仕事には、私自身の研究に加えて、スポーツ科学研究科の博士課程学生の指導、博士課程学生のための教育システムの構築、国際シンポジウムの企画と運営、研究成果の要約、国際交流の提案と実施が含まれました。この主要プログラムでの仕事に加え、貴重な実地経験を積む機会にも恵まれました。グローバルCOEプログラムに参加している教職員と学生は互いに緊密な連携をとりながら研究に従事するため、学生に質問されたり、調査や海外の研究に関する相談を持ちかけられたり、時には助言を求められることもあります。若手の教員としてその責任の大きさを感じつつも、教える大学院生が論文を発表する際に少しでも役に立てることはうれしく、やりがいを感じます。それと同時に、主に私自身のイニシアチブにより、計画立案から研究資金の確保、実験、データ分析、研究結果の発表までの一貫した研究の流れを生み出す技能を身につけることができました。このすべての経験を通じて、自分が本当の意味で一人前の研究者になったと初めて実感できました。大学教員としての人生は国立健康・栄養研究所に雇用された場合との人生とはまったく異なるはずですが、鹿屋体育大学で学んだ「規律」と国立健康・栄養研究所の継続的な支援について、しばしば思いを馳せます。全体的に、この5年間は私の人生において最も忙しく、極めて有意義なものだったと感じています。