早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 新年号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼新年号

A WASEDA Miscellany

本学外国人教員が、自らの研究のこと、趣味や興味あることなど日々の雑感を語ります。

Sean M. HACKETT, PhD

Japan's leading graduate school of business

Sean M. HACKETT, PhD
Assistant Professor, WASEDA Business School

I am a citizen of the United States of America, but since 23 June 2011 I have been living in Tokyo with my wife and our young daughter. On 01 September 2011 I joined the faculty of WASEDA Business School (WBS). I teach the following courses to our MBA students from Japan and around the world: Logical Thinking & Negotiations, Entrepreneurial Management, Discussions on Entrepreneurship, Innovation Strategy, Business Presentations & Negotiations, and Strategy & Online Business. My research interests are at the intersection of technology management, entrepreneurship, innovation and the internet. Finally, I serve on two faculty committees: International Committee and the Public Relations Committee.

One subgroup within the Public Relations committee is currently focused on a project to redevelop the WASEDA Business School English-language website. My participation in this project has required me to benchmark leading MBA programs from around the world and to think both deeply and strategically about WBS’ value proposition, resource base, competitors, and strategic direction. In the process of developing a content strategy for the new website, I have also had to learn how to coordinate and align the interests and concerns of the WBS staff, my WBS faculty colleagues, WASEDA University officials, various vendors, Japanese society and, most importantly, current and future WBS students, WBS alumni and the corporate partners that employ our students after they graduate.

This project has afforded me numerous opportunities to go deep Inside WASEDA Business School in order to understand how we create value and how we can create value going forward. And, as a scholar, I am grateful for every opportunity to learn. Below, I describe the Mission of WBS and the Six Unique Advantages of the WBS MBA Experience as I have come to understand them. After finishing reading this article, if you know somebody with a strong interest in Japan and a strong interest in earning an MBA, please encourage them to download and complete an application from our (temporary) microsite at www.WasedaMBA.JP.

Mission of WBS

The Mission of WBS is to create value by preparing the next generation of leaders who, with a global mindset,

1. KNOW the latest management theories, frameworks and concepts;

2. BECOME, through their decisions and their actions, mature, confident and authentic professionals with a long-term perspective; and

3. ENGAGE in the deliberate practice of management for the good of their organizations and society.

Six Unique Advantages of the WBS MBA Experience

1. KNOW WBS has designed a rigorous required core curriculum that provides students with a solid foundation in business fundamentals.

2. BECOME WBS offers workshops and seminars focused on helping students to master the soft skills of leadership and management.

3. ENGAGE WBS students who take the initiative to secure an internship can apply what they have learned in the classroom during their internship experience. Alternatively, students can broaden their international experience by completing an International Rotation at one of our 25 study abroad partner schools.

4. LOCATION The Waseda MBA is earned in Tokyo, the business and political center of the world’s third largest economy and a hub that connects to the rest of Asia.

5. NETWORK Waseda University and Waseda MBA Programs attract students from Japan and around the world. Earning an MBA at Waseda University enables students to forge lifelong friendships and opens the door to a worldwide Waseda network.

6. FUN PEOPLE WBS students work hard and they take their work seriously. But, they also know how to have fun.

日本の一流ビジネススクール

ショーン・マイケル・ハケット 早稲田大学ビジネススクール助教

 私はアメリカ出身ですが、2011年6月23日から妻と娘とともに東京に住んでおります。2011年9月1日、早稲田大学ビジネススクール(WBS)の教員となりました。国内外からのMBA学生に、論理的思考と交渉、アントレプレナーシップ経営、アントレプレナーシップに関する討議、イノベーション戦略、ビジネスプレゼンテーションと交渉、戦略とオンラインビジネスのコースを教えています。私の研究対象は、技術経営、アントレプレナーシップ、イノベーションおよびインターネットなどです。国際委員会と広報委員会の委員も務めています。

 広報委員会のうち1つのグループでは、最近、早稲田大学ビジネススクールの英語版ウェブサイトの再構築を行っています。このプロジェクトでの私のミッションは、世界の一流MBAプログラムを基準に、WBSの価値命題、資源基盤、競合および戦略の方向性について深くかつ戦略的に考えることです。新しいウェブサイトのコンテンツ戦略を構築していく過程で、WBSのスタッフや職員、早稲田大学の職員、様々な企業、日本社会、そして最も重要なのがWBSの在校生および未来のWBS生、卒業生、また卒業後に学生たちが就職する企業パートナーの皆さんが関心を持っていることを、どのようにまとめ、調整していくのかも理解しなければなりませんでした。

 このプロジェクトによって私は様々な機会を与えられ、私たちがどのように価値を創造し、また将来もどのように価値を創造していけるのかを理解するために、WBSのことを深く知ることができました。また研究者としても、学ぶ機会を得られたことに感謝しています。以下に、私が理解しているWBSの使命とWBSでのMBA経験による6つの利点を記載します。この記事を読んで、日本やMBA取得に強い関心を持っている友人がいたら、特設サイト(www.WasedaMBA.JP.)で申込用紙をダウンロードして記入するよう勧めてください。

WBSの使命

 WBSの使命とは、以下の素質を備え、グローバルな考え方を持った次世代のリーダーを養成することにより、価値を創造していくことである。

1.最新の経営理論、枠組みおよび概念を知っている。

2.長期的視野に立ち、決意と行動を通して、自信にあふれ成熟した真の専門家になる。

3.組織や社会のために、計画的な経営の実践に従事する

WBSでのMBA経験による6つの利点

1. 「知識」 WBSは、学生がビジネスのしっかりとした基礎を築くための主要カリキュラムを備えている。

2. 「成長」 WBSは、学生がリーダーシップや経営といったソフトスキルを修得できるよう、ワークショップやセミナーを用意している。

3. 「経験」 インターンシップ経験を望んでいるWBS学生は、教室で学んだことを実際のインターンシップで生かすことができる。また、海外提携校25校のいずれかでのインターナショナルローテーションにより、海外経験を積むことができる。

4. 「位置」 早稲田MBAは、世界第3位の経済国・日本の中心でありアジア各国を結ぶ拠点である東京で取得できる。

5. 「ネットワーク」 早稲田大学や早稲田MBAプログラムには、国内外から学生が集っている。早稲田でMBAを取得することで、生涯の友情を築き、世界的に広がる早稲田ネットワークの一員となれる。

6. 「楽しさ」 WBS学生は勤勉であり、課題に真剣に取り組む、と同時に人生を楽しむことも忘れていない。

 上記に、本ビジネススクールのミッションと強みを紹介しています。日本文化とMBAの取得に興味がある人は、ぜひWebサイトをご覧ください。

Waseda Business School : http://www.wasedamba.jp/