早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼盛夏号

A WASEDA Miscellany

YANG Daqing

Waseda’s Appeal

YANG Daqing
Associate Professor,Faculty of Social Sciences

Roughly two years ago I first heard about the opportunity to teach in a new program at Waseda University for one year. As an innovative project, the Contemporary Japanese Studies Program (CJSP) challenges me to design new courses based on my own research. Ultimately, however, it is Waseda University itself that convinced me this is an opportunity not to be missed.

First, it is Waseda’s faculty. A now-deseased Waseda historian, with whom my former American professor had studied with decades earlier, had generously sent me his books; other Waseda professors had generously shared their time with me when I was conducting dissertation research in Tokyo more than a decade ago; one of my classmates in a graduate school seminar in the U.S. is now a full professor at Waseda; since 2004 I have been working with a Waseda professor on a joint research project; in fact, it was a Waseda professor who took me?then a graduate student?to the U.S. National Archives and the city that has become my hometown! These encounters are not purely personal or accidental; they speak volumes to the impressive international profile of Waseda’s faculty. Needless to say, I have also realized the internationalized staff has been working hard to maintain and expand Waseda’s international ties.

Then, it is Waseda’s long association with Asia. As any historian of modern Japan-Asian relations knows, from the late 19th century many students from China, Korea, and other parts of Asia flocked to Japan to study modern science, law, medicine, engineering etc. Among prewar Japanese universities, Waseda was one of the most popular for Asian students. Many Chinese graduates from Waseda went on to play prominent roles in China. Fast-forward to the 21st century, Waseda once again emerged as a leader in internationalization of higher education in Japan with its School of Internal Liberal Studies and Global 30 programs. Every time I walk on or near campus, I hear many foreign students from speaking in Japanese or in their own languages. Being at Waseda is experiencing the cutting edge of regional integration and globalization.

Last and perhaps most attractive for a historian like me is Waseda’s fabulous library. Over the past two decades, I have repeatedly taken advantage of its superb collection of Japanese-language books, pamphlets, and journals related to Japan-Asian relations. Other well-known universities (e.g. Harvard, University of Tokyo) may well have more books or rare manuscripts, but the user-friendliness of Waseda library is unmatched. To be sure, there are still a few remaining oddities?the lack of standardization of newly acquired foreign-language books is one?I find the Central Library particularly well-thought out, down to the bright colors and layout maps in the B levels. It is a cliche that books and other print materials are on the verge of being replaced by all things digital. However, a library is more than just a physical space to store, check out and return printed materials. It is the exciting interface between individuals and knowledge that cannot be replaced by the internet. The Waseda Central Library shows why.

The people, the outlook, and the resource?they are what make Waseda so appealing.

早稲田の魅力

楊 大慶
社会科学総合学術院教授

Waseda University Library, A Treasure of Knowledge
知識の宝庫、早稲田大学図書

 約2年前、私は早稲田大学の新しいプログラムで1年間教える機会について、初めてお話をいただきました。現代日本学プログラム(CJSP)は革新的なプロジェクトで、私は自分の研究に基づいて新しいコースを創り出すことを求められました。しかしながら最終的に、この機会を逃してはならないと感じさせてくれたのは、早稲田大学でした。

 まずひとつに、早稲田大学の教授陣はとても充実しています。何十年も前に、私のアメリカ時代の教授と一緒に研究されていたこともある、すでにお亡くなりになった早稲田大学のある歴史学者の方は、親切にも自分の著書を私に送ってくださいました。他の教授の方々も、10年以上前に私が東京で論文のための研究をしていた際、惜しみなく時間を割いてくださいました。アメリカで受講した大学院のゼミの同期のひとりは、今では早稲田大学の教授です。2004年から、早稲田大学の教授との共同研究プロジェクトを行っています。実は、私を米国国立公文書館に、そして私の故郷となった町に連れて行ってくれたのは、早稲田大学の教授、そして大学院生でした。このような出会いは、完全に個人的なものでも、偶然でもありません。それらは早稲田大学の学部の国際性について、多くを物語っています。言うまでもありませんが、国際色に富んだ職員の方々も、早稲田大学と世界のつながりを維持し、広げるために尽力なさっています。

 また、アジアとの歴史ある協力関係も早稲田大学の魅力の1つです。近代における日本とアジアの関係を研究している歴史学者なら誰でも知っていることですが、日本の近代科学、法律、医学、工学などを学ぶため、19世紀後半から、中国、韓国・朝鮮やその他のアジア諸国から、多くの学生が日本に留学しました。戦前の日本の大学の中でも、早稲田大学はそれらの留学生に最も人気のある大学の1つでした。早稲田大学を卒業した中国人学生の多くが、本国に帰国後、重要な地位に就きました。21世紀に入り、日本の高等教育が国際化していく中で、国際教養学部やグローバル30プログラムなどにより、早稲田大学は再びリーダーとしての頭角を現しました。キャンパス内やその周辺を歩くたび、外国人学生が日本語や母国語で話すのを耳にします。早稲田大学にいると、地域の融合と、国際化の最先端にいることを実感できます。

 最後になりましたが、私のような歴史学者にとって最も魅力的なのは、早稲田大学のすばらしい図書館でしょう。ここ20年の間に、日本とアジアの関係についての日本語の書籍、小論文、機関誌のすばらしい蔵書を幾度となく利用しました。他の有名な大学(ハーバード大学、東京大学など)は、蔵書や希少な資料こそ多いかもしれませんが、ユーザーへの配慮という点において、早稲田大学には及びません。新しく入った他言語書籍の標準化がなされていないなど、欠点もいくつかあるものの、中央図書館の構造はとりわけよく考えられています。館内が明るい3色のゾーンに分けられ、レイアウトマップがあります。本やその他の印刷物がデジタル化されたものに取って代わられつつあるということがよく言われていますが、図書館は単に印刷物を保管し、貸し借りをするためだけの物理的な空間ではありません。図書館は人と知識がふれあうエキサイティングな空間であり、インターネットがそれに取って代わることはできません。早稲田大学の中央図書館がそのことを示しています。

 人材、展望、資料。それら全てが、早稲田大学の魅力です。