早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 早春号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼早春号

A WASEDA Miscellany

Laurence Anthony

Linking language to science

Laurence Anthony
Professor, Faculty of Science and Engineering

Since I am a founding member of the Faculty of Science and Engineering's Center for English Language Education, most people would probably describe me as a language specialist. But, when I reflect on my life to date, I have had a very unusual relationship with languages. I grew up in the very rural town of Huddersfield on the edge of the bleak but beautiful Yorkshire moors. At school in the 1980s, I never enjoyed studying foreign languages and escaped from French, German, and Latin at the earliest opportunity. My passion was in the sciences and the new exciting world of computers. In those days, the only way to use a computer was via a programming language. It's quite ironic that after giving up all foreign languages, I ended up spending all my days learning a different kind of foreign language called BASIC. I continued programming through junior and senior high school, and it became an integral part of my university degree.

It was also during this time that I began to develop a passion for Japanese culture. In the 1980s, Japan was a very, very distant place to a Yorkshire man like myself. But, through movies like The Karate Kid and the TV drama The Master, I became interested in martial arts and very quickly the country itself. At university, I entered the Wado Ryu Karate club and in my second year became the club captain. This was also the year that I visited Japa n for the first time. My image of Japan had been based on movies and books, but nothing could prepare me for the real thing. Everything was different; the people, the buildings, the sounds, the smells... I was addicted. I soon decided that I wanted to live in Japan after graduating and experience it on a daily basis. I returned to Britain and for the first time in my life began studying a foreign language seriously. Japanese is certainly not the easiest language to learn, but it is amazing what motivation can achieve! I returned to Japan in 1991 and have never left.

After arriving in Japan a second time, I began working with scientists and engineers here, editing their papers and bringing their research results to publication. Like me, many of them had not enjoyed foreign language education at school and often their skills were quite weak. But, in their case, the foreign language was English; they could not simply give it up. To me, the need to improve scientific English education in Japan was obvious. So, I began thinking how I could make a contribution and I found the answer in a rapidly growing field called corpus linguistics.

A corpus is a large database of electronic texts that can be analyzed using software to reveal frequent words, common patterns of language use, keywords, and so on. However, in the early 1990s, not only was the software quite limited, but also few researchers had collected samples of scientific English or analyzed it in a principled way. Realizing this, I set about developing new software tools that could be used for this task. I also began using these tools to analyze scientific writing and thinking how they could be introduced into the writing classroom.

Today, I continue to develop software tools, including AntConc, a more general corpus tool that is installed on all the Waseda computers. In the Faculty of Science and Engineering, our center has now introduced a coordinated technical writing course in which students first learn how to use corpus software before proceeding to analyze the language of their own specialized fields. What gives me the greatest pleasure is to see our students improve so much. Perhaps this is a result of our course, but then again, it could simply be that students today realize how important English is when finding a job. As I found for myself, it is amazing what motivation can achieve!

AntConc software for analyzing writing
AntConc:文章を分析するソフトウェア

Profile
Laurence Anthony
Professor, Faculty of Science and Engineering

Born in Huddersfield, UK. Received the M.A. degree in TESL/TEFL and the Ph.D. in Applied Linguistics from the University of Birmingham, UK, and the B.Sc. degree in mathematical physics from the University of Manchester Institute of Science and Technology (UMIST), UK. Currently serving as the coordinator of the Faculty of Science and Engineering Graduate School technical English program.

言語と科学をつなぐ

アントニ・ローレンス
理工学術院教授

 私は理工学術院の英語教育センターの創設メンバーであるため、おそらく多くの人は私を言語の専門家と呼ぶでしょう。しかし、今までの人生を振り返ってみると、私と言語の関係はとても独特なものでした。私は、ハダーズフィールドという田舎町で育ちました。荒涼としていますが、とても美しいヨークシャー原野の片隅にある町です。1980年代に学校に通っていたときは外国語を学ぶのは好きではなく、早いうちにフランス語、ドイツ語、ラテン語の勉強から逃げ出してしまいました。私の情熱は理系科目や、当時の最先端であったコンピュータの世界に向けられていました。その当時は、コンピュータを使うにはプログラミング言語を使うしか方法がありませんでした。数々の言語を学ぶのをあきらめてしまったにもかかわらず、結局はコンピュータ言語であるBASICという異なった種類の外国語を一日中勉強することになるとは、なんとも皮肉な話です。中学、高校の間もプログラミングを学び続け、大学の学位を取る際も、プログラミングは重要な役割を果たしました。

 私が日本文化を好きになり始めたのもこの頃でした。1980年代には、私のようなヨークシャーの人間にとって、日本はとても遠い場所でした。しかし、『ベスト・キッド』などの映画や、『The Master』といったテレビドラマを見ているうちに武道に興味を持ち、ほどなくして日本という国そのものにも興味を持つようになりました。大学では、和道流の空手クラブに入り、2年目でクラブのキャプテンになり、この年に、生まれて初めて日本を訪れました。私が持っていた日本のイメージは映画や本にもとづいていましたが、実物は私の想像をはるかに越えていました。人々も、建物も、音も、匂いも、全てが違い、私は虜になりました。まもなく、私はこの体験を毎日得るために、卒業したら日本に住むことを決めたのです。私は英国に戻り、人生で初めて、真剣に外国語を勉強しました。日本語を学ぶのは、言うまでもなく難しいです。しかし、やる気があると何でもできてしまうもので、1991年に日本に来て以来、一度もここを離れていません。

 二度目に日本に来た私は、科学者や工学者と一緒に仕事をし、彼らの論文の編集や、研究報告書を出版する手伝いをしました。彼らの多くも私と同様、学校での外国語の授業は身にならず、英語力はあまり高くなかったのです。しかし、彼らの場合の外国語とは英語であり、簡単にあきらめられるものではありませんでした。日本において、科学で使う英語の教育を改善する必要があると、私は強く感じました。そこで私は、どうしたら彼らの英語力の向上に貢献できるかと考えたのですが、コーパス言語学という急成長中の分野にその答えを見つけました。

 コーパスとは電子テキストの巨大なデータベースで、ソフトウェアを使って頻出単語やよく使用される言語パターン、キーワードなどを解析することができます。しかしながら、1990年代初頭にはソフトウェアがかなり限られていたうえ、科学英語のサンプルを集め、それらを一定の原則に基づいて分析した研究者はほとんどいませんでした。それに気付いた私は、この仕事に使える新しいソフトウェアツールの開発に取りかかりました。同時に、科学で使われる文章を分析するのにこれらのツールを使い始め、ライティングの授業で、これらをどのように導入できるかを考えるようになりました。

 私は今でも、より一般向けのコーパスツールで、早稲田大学の全てのコンピュータにインストールされているAntConcをはじめとしたソフトウェアツールの開発を続けています。理工学術院の私たちのセンターでは、組織化されたテクニカルライティングの授業を導入しており、学生たちはまず始めにコーパスソフトウェアの使い方を学び、それから各自専門分野の言語の分析に進みます。学生たちの英語がこれほど向上するのを見られるのを、私はとてもうれしく思います。それは私たちのコースのおかげかもしれませんが、もしかすると、仕事を探す際に英語がいかに重要か、今日の学生たちが気付いている、というだけのことかもしれません。私が身をもって体験したように、やる気があれば驚くような成果を挙げることができてしまうのです!

プロフィール
ローレンス アントニー
理工学術院教授

英国のハダーズフィールドに生まれる。英国マンチェスター工科大学(UMIST)において、数理物理学の理学士号を取得。その後、バーミンガム大学において、TESL/TEFLの修士号および応用言語学の博士号を取得。現在は理工学術院で、大学院の技術英語プログラムのコーディネーターを務める。