早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 新年号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼新年号

A WASEDA Miscellany

Qun Jin

Living in the Present

Qun Jin
Professor, Faculty of Human Sciences

“I came to Japan earlier than all of you.” I began to talk to my students several years ago, half as a joke. On November 16, 1986, I came to Japan. Time flies like an arrow. Half of my life has been spent in Japan.

As is well known, the university entrance examination system was abolished in China during the Cultural Revolution decade. It was finally returned to normal in 1977, when I graduated from high school. I luckily passed the examination to enter university out of a multitude of competitors who had been waiting during the past ten years. I was then 15, while the eldest classmate was 30. I obtained my B.S. and M.S. degrees in China and Ph.D. in Japan, in 1982, 1984 and 1992 respectively. Since April 1992, I worked for an industrial institute in the Kanto region for three years, for a national university in the Shikoku Island for four years, and for a public university in the Tohoku district for another four years. During the summer of 1997, I visited an American university in Boston as a short-term scholar. In April 2003, I came to Waseda University as a new faculty member of the reorganized School of Human Sciences.

Now I am doing research work and supervising students in the Networked Information Systems Laboratory. In our lab, in addition to Japanese students, there are foreign students from China and South Korea. In addition to young students, there are adult students who study while working. There are guest researchers from Ukraine, China and Bangladesh, and exchange researchers from Taiwan. It is a pleasant international research environment with capable members. In our research work, we seek to exploit the rich interdependence between theory and practice with interdisciplinary and integrated approaches. We take into account human and social factors in research and development of advanced information technology and systems.

I enjoy talking and discussing with students and colleagues. We can find useful hints for problem-solving and get fresh inspiration for research work from these interactive communications. It is more important for students to learn how to learn than what to learn at university. I encourage students to acquire the habit of asking questions, which can help gain a better understanding. I facilitate them to raise questions in classes and seminars. I encourage students to study with active curiosity and imagination. Just as what Albert Einstein said, “Imagination is more important than knowledge.”

I worked as a research associate in a Chinese university for two years before coming to Japan. On the other hand, I have been working for 20 years in Japan. For the first time, I will take a one-year sabbatical in 2012. I plan to go to Europe and China. I want to go to Europe not only for research exchange but also for my interest in history and culture. I also want to have a long stay in my homeland. I have had research cooperation and joint work with several Chinese universities. I hope I can visit more universities and places in China. I want to take this valuable opportunity to have time to reflect and rediscover. After being re-energized and fully refreshed, I will commit another 20 years of my life to teaching and research work at Waseda.

So far I have had three big chances to make a choice in my career. The first one came in 1986 when I had to select my overseas study destination between Japan and UK. In 1995, I faced a choice between working at Japanese university and American university. I had a choice for the third time in 2000 between staying on in Japan and returning to China. I made the right decisions to come to Japan and stay on in Japan. I think the same even now. Be responsible for the choice and live in the present, so that we won’t have anything to regret.

Finally, I would like to take this opportunity to express my deep and sincere gratitude to all the people for helping me since I came to Japan.

With my students after softball game (May 2010)
学生たちと、ソフトボールの試合の後に(2010年5月)

学ぶ過程を大切に

金 群(キン グン)
人間科学学術院教授

 「私はあなた達よりも早く日本に来ました」。数年前、冗談半分に、私は学生たちにこう話しました。私は1986年11月16日に日本にやってきました。時は矢のように過ぎてゆきます。私は人生の半分を、日本で過ごしました。

 みなさんもご存じの通り、文化大革命の10年間、中国において大学受験の制度は廃止されていましたが、1977年、私が高校を卒業した年に復活しました。幸運にも、その10年間制度復活を待っていた多くの人々と競争しなければならなかったにもかかわらず、私は大学の入学試験に合格しました。そのとき私は15歳で、最年長の同級生は30歳でした。中国で学士号を1982年、修士号を1984年に取得したのち、1992年、日本で博士号を取得しました。1992年4月から3年間は関東にある企業の研究所で、そしてその後4年間四国の国立大学で働き、東北の公立大学でもう4年間仕事をしました。1997年の夏には、アメリカのボストンの大学で短期訪問学者として研究を行い、2003年の4月、再編成された早稲田大学人間科学学術院の教授陣の一員として早稲田大学に来ました。

 現在私は、ネットワーク情報システム学研究室で研究をしつつ、学生たちの研究指導をしています。私たちの研究室では日本人の学生に加えて、中国と韓国からの留学生がいます。若い学生もいれば、仕事をしつつ学んでいる社会人学生もいます。ウクライナ、中国、バングラデッシュからの客員研究員や、台湾から来た交換研究員もいます。有能な人たちばかりの、生き生きとした国際的な研究環境です。私たちは学際的統合アプローチを用いて理論と応用の両面にわたる研究を目指しています。人間的、ソーシャル的な要素を考慮した先進的情報技術・システムの研究開発を行っています。

 私は、学生や同僚と話したり、議論したりすることが好きです。対話を用いたコミュニケーションによって、問題解決に役立つヒントや、研究に役立つ斬新なインスピレーションを得ることができます。大学生にとって重要なのは、「何を学ぶか」よりも、「どのように学ぶか」です。私は学生たちに、質問をする習慣をつけるよう勧めています。そうすることによって、理解を深めることができるからです。授業やセミナーでは、より質問をしやすい環境を作っています。私は学生たちに、旺盛な好奇心と想像力を持つよう促しています。アルバート・アインシュタインが言ったように、「想像力は、知識よりも大切」なのです。

 私は日本に来る前に2年間、中国の大学で助手をしていました。一方で、日本では20年もの間仕事しています。私は2012年に、初めて1年間のサバティカル(特別研究期間)をとります。1年の間に、私はヨーロッパと中国に行く予定です。ヨーロッパには、研究交流のためだけでなく、歴史や文化への関心から、行ってみたいと思っています。また、祖国に長く滞在したいという思いもあります。これまでいくつかの中国の大学と共同研究を行いました。中国にある他の大学や、様々な場所を訪れてみたいと思っています。この貴重な機会を、自分と向き合い、再発見をする時間としたいと思います。リフレッシュして帰ってきて、続けて20年を、早稲田大学における教職と研究に捧げるつもりです。

 これまでのところ、私はキャリアの選択について、大きな3つの機会がありました。最初の機会は1986年に訪れました。私は、日本かイギリスのどちらに留学するかを選ばなくてはなりませんでした。1995年には、日本の大学かアメリカの大学のどちらで研究をするかの2回目の選択を迫られました。2000年には、日本に残るか、中国に帰国するかの3回目の選択がありました。私は日本に行き、そこに残るという正しい決断をしました。今でもその決断は正しかったと思っています。自分の選択に対して責任を持ち、今この時を生きましょう。そうすれば何事にも後悔することはないでしょう。

 最後に、私が日本に来て以来助けて下さった全ての方々に、この場をお借りして深い感謝の意を表したいと思います。