早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼盛夏号

A WASEDA Miscellany

Manuela Almaraz

Learning a foreign language is like building a house

Manuela Almaraz
Associate Professor, Faculty of Commerce

I was born in Salamanca in 1955. Salamanca is a small and friendly town located west of the Iberian Peninsula, 212 km away from Madrid and 100 km away from the Portuguese border.

Salamanca is famous for both its old quarter, of great artistic richness, and for its University, founded in 1218. It is the oldest in Spain and one of the oldest in Europe.

I studied at this University and obtained my degree from the Philosophy and Literature Faculty many years ago.

I have always wanted to teach for a living and become a teacher, but I had never thought I would end up teaching Spanish in Japan. My first contact with the Japan world was during my college years as the Japanese students who came to Salamanca to study Spanish and I shared some classes. In the end I married one of them and went to live in Japan.

In 1979 I started to work as a part-time Spanish teacher in several universities of the Tokyo area. At the beginning of the nineties I went back to Spain and for a few years I worked at “Cursos Internacionales”, a University teaching centre for Spanish as a foreign language. In 2000 I returned to Japan and nowadays this is my fifth year as a Spanish teacher at the School of Commerce in Waseda University.

I always tell my students that learning a foreign language is like building a house. Grammatical contents should be the girders, the pillars of the house. It should be also necessary some good foundations. These foundations should be the words, the vocabulary. In order to reach a high level in grammar and vocabulary it is necessary to practice. “Writing” should be the cement that sticks both foundations and structure together. “Speaking” should be the front door: if you do not speak, you will never get into your house. “Reading” could be one of the windows of your house, because when you open it, you can have a look to the language. Through one of any window of you new house you will see the culture of the countries where the language you learn is spoken, for language is the key to open all different windows. Finally, “Pronunciation” should be the floor, as it supports the manner of speaking. The teacher is the work superintendent, a person who guides, advises and helps students on the building process. The teacher should also help students to communicate effectively in the language they are studying, since every language reflects the way of thinking of the country where it is spoken.

Ultimately, as it happens in the tale of the “Three Little Pigs”, the quality of the house you built depends on your personal and individual effort.

It is very important to create an environment based on confidence between the teacher and the students in that building process. The teacher should be close and approachable to the students and do everything he/she could to make language studying pleasant and appealing. In my case it is Spanish, which is the mother language of 400 million people in the world. For many years now I have been trying to achieve this task.

With some students of Spanish Communication in January 2010(2010年1月、スペイン語コミュニケーションの学生とともに)

「他言語を学ぶ」ことは「家を建てる」ようなもの

マヌエラ・アルマラス
商学学術院准教授

 私は1955年にサラマンカで生まれました。サラマンカは、イベリア半島の西に位置している人々が親切な小さな町で、マドリードから212キロ、ポルトガルとの国境からは100キロ離れています。

 サラマンカは芸術的な豊かさを持った古い地区と、1218年に設立された大学で有名です。その大学はスペインでは最古、ヨーロッパでも最も古い大学の1つです。

 私は何年も前にこの大学で学び、文学部哲学科の学位を取得しました。

 私は教えることで生計を立てる教師になりたいといつも思っていましたが、まさか日本でスペイン語を教えることになるとは思っていませんでした。日本との初めての出会いは大学時代に、サラマンカにスペイン語を勉強しに来た日本の大学生たちと、一緒に授業を受けたときでした。結局、私はその中の1人と結婚し、日本に移り住みました。

 1979年に私は東京近辺の複数の大学で、パートのスペイン語教師の仕事を始めました。90年代の始めに私は数年間スペインに帰り、外国語としてスペイン語を教える大学のセンター「Cursos Internacionales」に勤務しました。2000年に私は日本に戻り、今年は早稲田大学商学部のスペイン語の講師を始めて5年目になります。

 私はいつも学生に、「外国語を学ぶことと家を建てることは似ている」と教えています。文法的な内容は桁、すなわち家の柱です。また、しっかりした基礎も必要です。これらの基礎は単語、または語彙です。文法や語彙で高いレベルに達するためには、練習が必要です。「書くこと」は基礎と骨組みをつなぎとめるセメント。「話すこと」は、家のドアです。話さなければ、家に入れないからです。「読むこと」は、家の窓のようなものです。なぜなら、窓を開けばその言語の中を見ることができるからです。新しい家のどの窓からも、学んでいる言語が話されている国の文化を見ることができます。言語は、他のすべての窓を開く鍵になるからです。そして最後に、「発音」は床でしょう。話すときの助けになるからです。教師は現場監督です。学生が「家」を建てる過程で、指導し、アドバイスを与え、助ける人だからです。教師は、学生が学んでいる言語でうまく意思疎通を図るのを助けるべきでしょう。どの言語も、それが話されている国の人々の考え方を反映しているからです。

 結局のところ、『3匹の子ぶた』の物語にもあるように、建てた家の質は各自の努力にかかっています。

 「家」を建てる過程において、学生と教師の間に信頼にもとづいた環境を築くことは、とても重要です。教師は学生に親しく接し、近づきやすくあるべきであり、また言語の学習を楽しく魅力的にするために、できる限りのことをするべきです。私の場合はスペイン語、世界中で4億人の人が話す言葉です。私はスペイン語を教えるにあたって、これらのことを達成する努力を何年も続けてきました。