早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 早春号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼早春号

A WASEDA Miscellany

Peter Backhaus

Reading the signs

Peter Backhaus,
Assistant Professor, Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences

I joined the School of Education, Department of English Language and Literature, in April last year. My speciality is sociolinguistics, where one of my favourite research topics is language on signs. Reading the “linguistic landscape”, as this has come to be called in linguistics, has kept me fascinated ever since I did my first larger survey on the topic in 2003.

The streets of Tokyo with their many languages and scripts to read provide a congenial environment for research. Needless to say that it’s Japanese that dominates the city’s outward appearance - much to the dismay of many a foreign traveller who all of sudden feels like having turned illiterate. However, there is much more to Tokyo’s linguistic landscape than Kanji and Kana.

For instance, walking through Okubo and other parts of Shinjuku Ward, one is struck by the high visibility of Korean Hangul on signs by the local shopkeepers and other residents. While generations of zainichi Koreans did their best to conceal their ethnolinguistic origin, the recent prominence of Hangul in Tokyo’s linguistic landscape is a most visible reminder of the fact that Japan is not as monolingual a country as some still would have it.

More than any other minority language, however, it is English that lines the streets of Tokyo. And a very special kind of English too, coming as it does with somewhat different rules than in most other parts of the world.

Take for instance the word “parm”, which is a frequent sight on signs of hairdressers’ and other types of beauty shops. Why is it spelled that way? One most likely reason can be found in the Japanese term pama, a Katakana word modelled after the English original, “perm”. Since the loan word has an “a” rather than an “e” as first vowel, it may easily end up being spelled “parm” when transliterated from Katakana into the roman alphabet. This phenomenon in linguistics is called interference.

Interference not only occurs on the orthographic level, but can also be found with regard to vocabulary. Thus another common oddity in Tokyo’s linguistic landscape, again taken from the domain of beauty, is the phrase “hair & make”. Taking this to be English, the combination of the noun “hair” with the verb “make” must appear rather enigmatic. Yet it seems for hairdressers’ there is no way round offering “hair & make” services on their signs these days. The phrase is even used as a slogan of a major beauty chain. The key to understanding the puzzle is the fact that “make” in Japanese is used as a noun (in the sense of “make-up”). These are words that go together well.

Tokyo : An empire of signs
(東京:看板の帝国)

What language is “hair & make” supposed to be then? Its outward appearance, in roman alphabet and following English spelling rules, would suggest it must be English. Its meaning, on the other hand, is only retrievable when read (and pronounced) in Japanese, where it becomes hea ando méku. Examples like this show how much - and how inevitable - the English language has become part of Japanese, not only in the domain of beauty.

Reading the signs thus tells us a great deal about Japanese language and society at the onset of the 21st century. Apart from that - and what is even more - it provides a most welcome opportunity for researchers to escape from their ordinary desk work.

看板を読む

ペート・バックハウス
教育・総合科学学術院 専任講師

 私は昨年4月、早稲田大学教育学部英語英文学科の講師に着任しました。専門は社会言語学で、好きな研究テーマの一つは、看板に書かれた言葉の研究です。それは、言語学では「言語の景色」と呼ばれるようになったのですが、それを読むことは、2003年に初めて大がかりな調査をして以来、私を魅了し続けてきました。

 多くの言葉やフレーズにあふれる東京の街は、その研究にもってこいの場所です。街の外観は、ほとんどが日本語であることは、言うまでもありません。外国人観光客の多くは、突然文字が読めなくなったように感じ、驚きます。しかしながら、東京の言語の景色には、漢字や仮名文字の他にも、様々なものがあります。

 例えば、新宿区の大久保などを歩くと、地元の店や住民が掲げる、ハングル文字の看板が数多く目に入ります。在日韓国・朝鮮人の人々は、数世代にわたって、自らの民族言語学的起源を必死に隠そうとしてきました。一方で、近年東京の言語の景色にハングル文字が目立ち始めており、一部の人々が考えているほど、日本は以前のような単一言語国家ではなくなってきたということを、私たちに気付かせてくれる顕著な例となっています。

 少数派言語の中でも、英語は東京の街にあふれています。その上それは特殊な英語で、世界の他の地域とは、少々変わったルールに従って使われているのです。

 「parm」という言葉を例にとってみましょう。その言葉は、美容院やその他の理髪店の看板によく見られます。なぜ、そのような綴りで書かれているのでしょうか。その理由はおそらく英語の「perm」から作られた、日本語のパーマという言葉にあるでしょう。その外来語は最初の母音が「e」ではなく「a」であるために、カタカナ語からローマ字に音訳されたとき「parm」となりがちなのです。この現象を言語学では干渉と言います。

 干渉は、綴りだけではなく語彙にも見られます。もう一つ、東京の言語の景色でよく見られる奇異な現象は、これも美容の分野のものなのですが、「hair & make」というフレーズです。これを英語と捉えれば、「hair」という名詞と「make」という動詞の組み合わせは不可解でしょう。しかし近頃は看板で「hair & make」をやっていることを示すことは、美容院にとって不可欠となっているようです。しかもこのフレーズは、いわば大手美容院チェーンの標語となっています。この謎を解く鍵は「make」という単語が日本語では名詞として使われているという事実にあります(「化粧」という意味で)。よってこれらの単語は一緒に使用されているのです。

 では、「hair & make」は何語なのでしょうか。それは一見、英語のアルファベットで英語の綴りに従っているため、英語であろうと思われます。しかしその意味は日本語で読まれて(そして発音されて)、ヘア・アンド・メイクになって初めて理解できます。このような例は、英語がいかに必然的に日本語の一部になっていったかを示します。そしてそれは、美容の分野のみにとどまりません。

 このように、看板を読むことにより私たちは21世紀初頭の日本語と日本社会について、多くのことを学ぶことができます。さらに、研究者にありふれたデスクワークから逃れる願ってもない機会を与えてくれるのです。