早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 錦秋号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼錦秋号

A WASEDA Miscellany

Jie Liu

To Know About Asia and to Know About the World

Jie Liu
Professor, Faculty of Social Sciences

In the spring of 1982, I came from Beijing, China to Japan as a foreign student. At the time, it China had juststarted its reform and opening up policies, so there were only a few hundred students a year going abroad tostudy. For someone like me, who had experienced the Cultural Revolution as an elementary school student,being able to step on the soil of a foreign country was like dream. As it was at a time when China wasn'tgetting on with other countries, it was a fairly daunting idea for my parents to send their child to an unknowncountry. In spite of their worries though, I came to Japan anyway, being so curious about this country.

As foreign students were small in number and Japan had good relations with China at that time, Japanesestrangers would often come up to me and ask me if I needed any help. Also, I was very lucky becausesoon after I got into college, I managed to make friends who I could talk to about anything. Every weekend,one of my friends came to my small apartment, bringing sushi that his mother had made for us. We drankbeer and always had a good time talking.

The two years studying at the college of arts and science at the University of Tokyo (Komaba) passed in notime. There, besides English, I studied German for two years for my language class. But now, I remembernothing except that the title of the textbook was Lieb. On moving on to the 3rd year, I had to decide mymajor. In the beginning, I planned to go to the laboratory of Oriental (Asian) History, but since I was socurious about the history of Japan, I decided to go to the laboratory of National (Japanese) History. Sincethen, I’ve often been asked why I changed my direction of study. The answer is I just wanted to know moreabout Japan.

With the guidance of my advisor and the senior students in my laboratory, I started and still continue to readhandwritten historical documents in Japanese. It was difficult, but a great experience for me. Reading theletters and diaries of people from the Meji Era, and learning the special rhythmic sense in the writing, enabledme to understand the beauty of the Japanese language and the Japanese culture.

I chose Japanese diplomacy in the 1930s as the topic of my dissertation, and spent three years on it.Needless to say, this experience helped me build up the foundation of my academic career. Even now, Icontinue to research Japanese diplomacy before the end of Second World War.

After the Meiji Restoration, Japan fervently introduced ideas from foreign country's laws, such as those fromEurope, so as to make its own diplomatic policies and started to make connections with other countries.By contrast, at that time, China was focusing on fighting against the invasions of foreign countries andsolving its own domestic problems, and so it could not really develop its diplomatic relations with othercountries. Another reason why Japan and China took different diplomatic paths is because Japan knewmuch more than China about international law made by Western countries. That is, China’s knowledge ofthe international law was far from adequate. Besides, China would not abandon its China-centric worldview. That was another key point why China was so late in responding to the new era. To sum up, law anddiplomacy were the two big issues in the history of relations between Japan and China. These are also thetwo issues that I continue to be interested in.

Most of the symposiums that I have attended in the past few years have been related to how to bringcountries in East Asia together to have a common perception of history. In the past two decades, Japanhas repeatedly stood in opposition to China and Korea, with it's different interpretation of history. As aresult, the relations between Japan and China have deteriorated greatly on the level of politics and howcitizens of the two countries feel about each other. The perception of history plays an important role in therecent conflicts over the Senkaku Islets, too. In order to stabilize relations between Japan and China and tobring peace to the East Asian region, I call on Japan, China, and Korea to make greater efforts than beforein conducting conversations on history through various channels.

Joining the training program at the Hong Kong University(香港大学における研修プログラムへの参加)

As for the message that I want to pass on to the students the most, it is “to know about Asia and to knowabout the world.” There are many Chinese and Asian students who come to Japan; on the contrary, it isseldom the case that Japanese go overseas to other Asian countries to study.

From what I have heard, many students do not like China, which has been pushing ahead with greaterand greater confidence in the global community thanks to its economicgrowth. But doesn’t that give us all the more reason to know more aboutChina? What are China's future plans? How will the world change with therise of China? I want students to find out the answers to these types ofquestions by themselves, out of curiosity, and not being influenced by themass media. As far as I am concerned, if the Japanese do not know theirgiant neighboring country well enough, there is no future for Japan. To knowAsia means to plan for your own future. As Waseda University is one of theleading universities in Asia which sends out messages to the world, I expectyou, the students of Waseda, to keep your eyes open for Asia.

アジアを知り、世界を知ってほしい

劉 傑/社会科学総合学術院教授

 1982年の春、私は留学生として中国の北京から日本にやって来ました。当時、中国ではちょうど改革や開放政策が始まったばかりで、勉強のために外国に行く学生は1年にわずか数百人ほどでした。小学生の時に文化大革命を経験した私のような者にとって、異国の地に足を踏み入れるというのは、まるで夢のようなことでした。また、中国と他国との関係が良好ではない時代であったので、自分の子供を見知らぬ国へと送り出すのは、両親にとってはかなり勇気のいることでした。しかし、両親の心配をよそに、私は、とても興味を持っていたこの国、日本へとやってきました。

 当時日本には留学生が少なく、日中関係は良好でした。そのため、見知らぬ日本人が私のところにやって来ては、何か助けはいらないかと声をかけてくれました。また、とても幸運なことに、大学に入ってすぐに気の置けない友人もできました。毎週末、友人の一人がお母さんに作ってもらったお寿司を携えて、私の小さなアパートを訪ねて来てくれました。私たちはビールを飲み、会話を楽しんだものでした。

 東京大学の教養学部(駒場キャンパス)で学んだ2年間は、あっという間に過ぎていきました。そこでの2年間で、英語に加えてドイツ語も勉強しました。しかし今では、教科書のタイトルが『Lieb』だったこと以外、何一つ覚えていません。3年次に進むにあたり、専攻を決めなければなりませんでした。当初は東洋史学研究室に入るつもりでしたが、日本史にとても興味があったため、日本史学研究室に入ることにしました。それ以来、専攻を変えた理由をしばしば尋ねられますが、私はただ、日本についてもっと知りたかったのです。

 研究室の担当教員や先輩方の指導で日本語の手書きの歴史文書の読解を始め、今でもそれを続けています。大変な作業でしたが、すばらしい体験でした。明治時代の人の手紙や日記を読み、文章の独特のリズムを学ぶことで、日本語と日本文化の美しさを知ることができました。

 私は論文の題材として1930年代の日本の外交を選び、その研究に3年をかけました。言うまでも無いことですが、この経験によって、学者としてのキャリアの基礎を築くことができました。第二次世界大戦終戦前の日本の外交に関する研究は今でも続けています。

 明治維新の後、日本は自らの外交政策を打ち出すためにヨーロッパなど諸外国の法律の知識を熱心に取り入れ、他国との関係を築き始めました。その一方、当時の中国は他国の侵略に対する戦いと国内の諸問題を解決するのに専念しており、他国と外交関係を築くことがほとんどできませんでした。日本と中国が外交において異なる方針を取ったもうひとつの理由として、日本が西洋の国々によって作られた国際法について、中国よりも遥かに多くの知識を持っていたことが挙げられます。国際法に関する中国の知識は、決して十分ではなかったのです。それに加えて、中国は中華思想的世界観を捨て去ろうとしませんでした。それこそが、中国が新しい時代に対応するのに遅れたもうひとつの理由です。つまり、日中関係の歴史においては法律と外交が二つの大きな問題だったのです。この二つの問題が、私が興味を持ち続けているものでもあります。

 ここ数年で私が参加したシンポジウムのほとんどは、いかに東アジア諸国を一つにまとめ、共通の歴史認識を持たせるかに関連するものでした。過去20年の間、日本は歴史解釈の違いから、再三にわたって中国や韓国と対立してきました。その結果、政治レベルでも、互いに対する国民感情においても、日中関係は非常に悪化してきました。最近の尖閣諸島をめぐる論争でも、歴史認識は重要な役割を果たしています。日中関係を安定させ、東アジアに平和をもたらすために、日本、中国、韓国は、今まで以上に努力し、様々な方法によって歴史に関する話し合いを行うことが必要です。

 私が学生の皆さんに最も伝えたいのは「アジアについて知り、世界について知ってほしい」ということです。日本には、中国やその他アジア諸国から多くの学生がやって来ます。一方で、日本の学生が他のアジアの国々に留学することはほとんどありません。

 私が聞いたところによれば、多くの学生は、経済発展の結果として国際社会においてますます自信を強めていく中国のことが好きではありません。しかし、そのような状況だからこそ中国について知る必要があるのではないでしょうか。中国はこの先、どうなっていくのでしょう。中国の台頭によって、世界はどのように変わるのでしょうか。私は学生の皆さんに、このような問いについてマスメディアに翻弄されることなく、好奇心のまま、自分で答えを見つけてほしいと思っています。私の考えでは、日本人が強大な隣国について十分な知識を持たない限り、日本に未来はありません。アジアについて知ることは、自国の未来について知ることなのです。早稲田大学は世界中にメッセージを発信するアジアの一流大学のひとつです。私は早稲田大学の学生の皆さんが、アジアにしっかりと目を向けてくれることを期待しています。