早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 新緑号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼新緑号

A WASEDA Miscellany

Gracia Liu-Farrer

Embracing Changes

Gracia Liu-Farrer
Associate Professor, Faculty of International Research and Education
(Graduate School of Asia Pacific Studies)

Life is unpredictable. For me, it constantly brings pleasant surprises. When I left China for the United States in 1996, I thought I would spend the rest of my life in that country. I was going to an American graduate school and newly wedded to an American graduate student. If someone told me that some years later I would be making my home in Tokyo and teaching at Waseda University, I would have laughed with disbelief. While I was finishing my master’s program at the University of Chicago, my husband, finishing his PhD at the same university, came home asking how I thought about going to Japan because there was a university position there that he had a chance for. “Sure,” I said, “Sounds exciting.” Twenty months after I immigrated to the United States, I landed at Narita Airport in 1998, equipped with the 46 hiragana memorized during the flight across the Pacific Ocean.

I obtained my PhD in sociology in 2007. With a family life now already rooted in Japan, I decided to pursue an academic career in Japan. I am lucky to have encountered many colleagues in Japan who appreciate my work and encourage my intellectual pursuits. After spending a year and a half as a research fellow at Tohoku University and half a year as an assistant professor at Ochanomizu University, here I am! With Graduate School of Asia-Pacific Studies’ international focus and Waseda’s global vision, I believe I have found the ideal intellectual home in Japan.

I am a sociologist studying international migration, in particular, the contemporary migration from China to Japan. I research the economic practices of the Chinese in Japan, especially their positions in Japan’s global economy and their transnational career patterns. I also write about the social and emotional consequences of migration. My own life trajectory makes my interest in the geographic mobility of people a logical choice. Having migrated several times in my life and in different circumstances, I have learnt to adapt to different linguistic (dialectical), social and cultural environments, and am therefore particularly sensitive toward the conditions, struggles and achievements of immigrants. I spent years carrying out participant observation, interviewing and surveying among the Chinese immigrants in Japan. I went from the immigrant social dance hall to immigrant churches. I shamelessly accosted strangers in Chinese grocery stores. The fieldwork period was hard at times. However, through this field research, I learned a great deal not only about the life of Chinese immigrants in Japan, but about life itself. The prolonged fieldwork trained me to be a better sociologist as well as a more empathetic person.

I teach courses on cultural flows and social changes in an age of globalization. I also teach research methods, both qualitative and survey methods, which is unusual. Sociologists often do either. I am a strong advocate of mixed methods for social scientific research. I never hesitate to tell my students such. Only by participating in the activities of our subjects and talking to them can we gain understanding of the meaning of their practices and their perception of the society. And with statistics we can put in perspectives the information we gain from fieldwork.

And passion, honesty and a sense of humor are the only pedagogies I know. With passion I show that I love the knowledge I am sharing, and with honesty I let students know that I have limited knowledge and through the course of teaching I am learning together with them. And I like to crack jokes when I notice the students are drifting into a dreamy world. I have been very happy with the GSAPS students I have. We are lucky to have such an international mix. Students share their experiences and understandings originating in different social and cultural backgrounds. The diversity in voices makes the teaching fun and rewarding.

If I have any advice for students, both Japanese students and non-Japanese students, I will say just embrace and welcome changes. If there is anything that is constant it is the fact that everything changes. I have enjoyed the changes of scenery so far, and I have a fuller and more interesting life because of them.

変化を受け入れる

ファーラー・グラシア/国際学術院准教授(アジア太平洋研究科)

 人生は予測がつきません。私は人生において、常にうれしい驚きに出会ってきました。1996年に中国を去ってアメリカに向かった時、残りの人生をアメリカで過ごすのだろうと思っていました。アメリカの大学院に通っていて、アメリカ人の大学院生と結婚したばかりだったのです。数年後には東京に住んで、早稲田大学で教鞭をとることになると誰かに言われても、信じられずに笑い飛ばしたでしょう。けれど、シカゴ大学で修士課程を修了した頃、同じ大学で博士号を取得していた夫が、日本に行く気はあるかと尋ねてきました。日本の大学で職に就ける可能性があったのです。「いいわよ。おもしろそうね」と言いました。アメリカに移住してから20ヶ月後の1998年、太平洋を横断するフライトの間に46文字のひらがなを覚え、成田空港に降り立ちました。

 2007年に社会学の博士号を取得しました。家族とともに日本に腰を落ち着けていた私は、日本で学者として仕事をすることにしました。日本で、私の仕事に理解を示し、研究の後押しをしてくれる多くの同僚に出会えたことは、とても幸運でした。東北大学で1年半、研究員として働き、その後半年間、お茶の水大学で助教授を務め、現在に至ります。アジア太平洋研究科は国際的な研究に力を入れており、早稲田大学も国際的なビジョンを持っているため、研究を行うのに理想的な場所を日本で見つけたと思っています。

 私は社会学者であり、越境移動、なかでも近年の中国から日本への移住について研究しています。中国人の日本での経済活動、特に、日本のグローバル経済における中国人の立場と国境を越えたキャリアパターンについて研究しています。また、移住による社会や心への影響についても執筆しています。私は自分の人生経験から、人々の地理的移動に自然と関心を持つようになりました。今までの人生で、それぞれ異なる事情で何度か移住を経験してきたため、異なった言語(方言)、社会、文化環境に適応することができるようになりました。そのため、特に移民のおかれている状況や苦闘、成功に敏感です。日本にいる中国系移民の参与観察、インタビューおよび調査に何年も費やし、その間、移民のための社交ダンスホールから教会まで、様々なところに足を運びました。中国食料品店で、見知らぬ人に臆面もなく声をかけたりもしました。現地調査の期間中、苦労したこともありました。しかし、この調査を通して、日本における中国系移民の生活についてだけでなく、人生そのものについて、多くのことを学ぶことができました。長期に及ぶ現地調査のおかげで、私はより良い社会学者、そしてより思いやりのある人間になれました。

 私は、グローバリゼーション時代における文化の流れと社会的変化に関するコースを教えています。また、定性的手法と定量的手法の両方のリサーチ法を教えていますが、これは稀なことかもしれません。社会学者は、大抵どちらか一方の方法しか採用しませんが、私は、社会科学研究において両方の手法を用いることを強く勧めています。そして、生徒にも遠慮せずにそう教えています。研究対象の人々の活動に参加し、彼らと話をすることでしか、彼らの行動や、彼らが社会をどう認識しているかを理解することができません。そして統計によって、現地調査から得た情報を大局的に見ることができるのです。

 情熱、正直さおよびユーモアのセンスが、私の知る唯一の教育方法です。情熱をもって、知識を愛していることを示し、その知識を分かち合い、正直さをもって、自分の知識には限界があることを示します。教えることを通じて共に学んでいくのです。また、生徒がウトウトし始めると、ジョークを飛ばします。アジア太平洋研究科の生徒たちにはとても満足しています。幸運なことに、世界各地から学生が来ています。それぞれ社会的および文化的背景が異なりますが、互いの経験を分かち合い、理解し合っています。生徒からは様々な発言があるので、教えるほうも楽しく、やりがいがあります。

 日本人生徒にも日本人でない生徒にも、何かアドバイスをするとすれば、変化を喜んで受け入れなさい、とだけ言いたいと思います。変わらないものがあるとしたら、それは、すべてのことは変わりゆくという事実です。私は今まで、周りの景色が変わってゆくのを楽しんできました。そしてそのおかげで、より満ち足りた、興味深い人生を送ってきたのです。