早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 早春号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼早春号

A WASEDA Miscellany

NEWELL, Anthony

This theme:Connections

NEWELL, Anthony
Professor, Faculty of Political Science and Economics

Q. Could you start by telling me something about your background?

A. I was born in the closing years of the British Empire, when Britain’s colonies were gradually becoming independent. However, Britain still had many schools abroad and every year the government sent British teachers out to teach in them. My own parents were teachers sent to the then-colony of Malta, and that is where I was born. I wasn’t there for long, as my father was soon transferred to Singapore (another of Britain’s colonies), which is where I spent my childhood. It was a wonderful place to grow up―although I attended a British school, my playmates were the Malay, Chinese, and Indian children of the neighborhood, and even though we spoke different languages, we all had fun playing together. I still remember a lot of the Malay phrases I picked up at the time. Later on, in my early teenage years, I returned to Britain, but then my father became the principal of a NATO school in the Netherlands. I entered the German Section of the school and my education continued in a German-speaking environment. Finally, I completed my high school studies at the International School of Milan―another very interesting experience for me, as we spoke English in the morning and Italian in the afternoon. So, as you can see, I was lucky enough to grow up in an international and multilingual environment.

Q. What effect did that sort of background have on you?

A. Well, for one thing, although I have a strong sense of being English, I feel at home in many places outside England. I feel that I am a citizen of “the world” as well as of Britain. When I arrived in Japan, everything was new to me, but I soon felt very much at home (though that has as much to do with the kindness of the people I met as with my background). I would also say my upbringing gave me a love of languages. I am fascinated by their different sounds, their different thinking patterns, and the different nuances of their words. This is what led me to take a degree in linguistics and later to become an English teacher abroad. To a certain extent, we perceive the world around us through the lenses of our language. The words we learn as children help us to divide the world up in different ways. Japanese speakers make many distinctions―types of water (yu and mizu) and types of wearing (kiru, kaburu, hameru, haku), for instance―that English speakers do not make at all. On the other hand, English speakers make distinctions not found in Japanese, such as that between legs and feet (both ashi) and between a book and the book (both simply hon). Native English speakers at first wonder how Japanese speakers can communicate without making such basic distinctions―sometimes without even stating the subject or object of a sentence. In response to the question “What about that book you were thinking of buying?”, a Japanese speaker could simply reply “Katta.” That’s totally impossible in normal English!

Q. Is this the kind of thing you teach in your courses at Waseda?

A. I do teach this kind of thing, but I should add that I am even more interested in teaching about connections. The course I enjoy teaching most is a course on comparative linguistics. There are over 6,000 languages in the world, and in the CL course we categorize them in terms of family relationships, with a particular focus on the languages of Europe. Despite their superficial differences, over 50 European languages belong together in one big family, having developed from an original source spoken many thousands of years ago. Even within languages there are endless fascinating connections to be found. In English, for example, the words we use for the part of the body we call “muscle” and for the seafood “mussel” are both related to the little animal we call a “mouse.” And in Sanskrit, the word dvijah connects teeth, birds, and even brahmin priests. Why? Because dvijah means “twiceborn”: the teeth of children fall out before growing back; birds are born first as eggs, which then hatch; and brahmin priests, who are born as human beings, are later reborn in a spiritual sense. The various languages of the world are full of such fascinating and unsuspected connections.

How languages are connected(言語の関連性)

Q. Is there a message in this for the students?

A. I guess the message is that our world is one of unending interest, full of connections just waiting to be discovered. We are born with a great sense of curiosity―all children have it―and as we progress through life we should be careful not to lose it. By asking questions and seeking answers, we grow both in mind and in spirit. The academic world these days is split into many different fields, but no field exists in isolation from the others―they are all connected, and if we continue to inquire into the world around us, we can not only increase our store of knowledge but also take pleasure in the making of unexpected discoveries and the finding of countless connections.

 
今回のテーマ:関連性

アントニー・ニューエル/政治経済学術院教授

Q.まず、先生のご経歴からお話しいただけますか。

A.私は大英帝国が終わる頃に生まれました。イギリスの植民地が徐々に独立し始めた時でしたが、他国にはイギリス系の学校が多数あり、政府は毎年イギリス人教師を派遣していました。私の両親は、当時植民地だったマルタに派遣されており、私はそこで生まれました。父がすぐに、別の植民地であるシンガポールに転勤になったので、マルタには長く滞在しませんでした。私はシンガポールで幼少時代を過ごしました。イギリス人学校に通っていましたが、近所のマレーシア人、中国人、インド人の子供たちと遊んでいました。子供が成長するには素晴らしい環境でした。 それぞれ違う言語を話していても、皆楽しく遊ぶことができました。その時に覚えたマレー語を、今でもたくさん覚えています。その後、十代前半の頃イギリスへ戻りましたが、父はオランダにあるNATO の学校の校長になりました。私はその学校のドイツ語課に入り、ドイツ語を話す環境で教育を受けました。 最終的に、インターナショナル・スクール・オブ・ミラノで高校の課程を終えましたが、ここでも非常におもしろい経験をすることができました。午前中は英語を話し、午後はイタリア語を話していました。お分かりのように、幸運にも、私は国際色豊かで多言語を扱う環境で育ってきました。

Q.そのような環境からどのような影響を受けましたか。

A.そうですね。まず一つには、自分がイギリス人であるという意識は強いですが、イギリス以外の国にいても母国のように感じるのです。イギリス人であると同時に、「世界」市民であると思っています。来日した時、初めて目にするものばかりでしたが、すぐに慣れることができました(と言っても、私が育ってきた環境だけでなく、出会った人たちが親切であったことが影響しています)。また、私が育ってきた環境が影響して、言語が好きになったとも言えます。各言語の持つ発音や思考様式の違い、ニュアンスの違いなどに魅力を感じます。そのおかげで、言語学で学位を取り、海外で英語教師になることができたのです。人は、ある程度、自分の母国語を通して身の回りの世界をとらえます。子供の時に修得した言語によって、物事を振り分けます。日本語では様々な区別をします。 例えば「水」(湯と水)や、「着る」という行為です(着る、かぶる、はめる、履く)。英語ではそのような区別はしません。一方で、英語では日本語にない区別をします。例えば、「足」には“legs”と“feet”の二つがあり、「本」を“a book”と“the book”というように二つの表現方法があります。英語を母国語とする人たちは、日本人はそのような基本的な区別をしないでどうやってコミュニケーションが取れるのだろうかと、始めは不思議に思います。日本語では主語や目的語を省くことがあります。例えば、「買おうと思っていた本はどうしたの」という質問に対し、ただ「買ったよ」と答えることができます。英語では普通、できないことです。

Q.本学の授業では、以上のようなことを教えてらっしゃるのですか。

A.そういうことも教えているのですが、言語のもつ関連性の方に関心があります。教えていて一番楽しいのは、比較言語学の授業です。世界には6,000以上の言語があります。比較言語学の授業では、特にヨーロッパの言語に焦点を当てて、語族の観点から言語を分類します。表面的な違いにもかかわらず、50以上のヨーロッパ言語が同じ一つの大きな語族に所属しています。何千年も前に話された一つの言語がもととなって、そこから派生したのです。言語の間でさえも限りない関連性があり、興味がそそられます。例えば英語では、体の一部を指すときに“muscle(筋肉)”という言葉を、また海産物に“mussel(イガイ)”という言葉を使いますが、ともに“mouse”(ネズミ)に由来しているのです。また、サンスクリット語では“dvijah ”という言葉は、“teeth(歯)” “birds(鳥)” “brahmin priests(バラモン教の僧侶)”の由来となっています。なぜか。dvijah ”という言葉は「二度生まれる(twiceborn)」という意味があるからです。子供の歯は一度抜けて、また生えてきます。鳥は、初めは卵の形で生まれ、その後孵化します。バラモン教の僧侶は人間として生まれますが、のちに精神的な意味で生まれ変わります。 世界にある様々な言語には、このように魅力的で予想外な関連性があるのです。

Q.そこから生徒たちに伝えたいことはありますか。

A.世界には興味深いことが無限にあり、未発見の関連性があふれているということです。私たちは、物事に対する興味をもって生まれてきます。子供は皆もっています。大人になるにつれて興味を失わないように、気をつけなければいけません。質問をして答えを求めるという行為により、知性も精神も成長します。今日の学問の世界は様々な分野に分かれていますが、他の分野から孤立している分野などありません。すべてつながっています。自分の身の回りの世界を追求し続けていくことにより、知識が増えるだけでなく、予想外の発見をし、無限の関連性を見つけ、そこに喜びを感じることができるのです。