早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 新年号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼新年号

A WASEDA Miscellany

Ken Kawan Soetanto

This theme:Learning Through Questioning

Lee Thompson
Professor, Faculty of Sport Sciences

I have resided in Japan for over 30 years, mostly in the Kansai area. I have lived in Sapporo, Tokyo(Mitaka, Meguro, Bunkyo-ku), Nagoya, Kyoto(Tanabe-shi and Nishikyo-ku), Osaka(Toyonaka and Hirakata), and Kobe(Rokko Island). I currently live in Tokorozawa, and by the time you read this I will have moved to Nishi Tokyo! I have traveled to all four of the main islands of Japan plus Okinawa and a few smaller islands(Awajishima, Yakushima, etc.) I must have seen more of Japan than my native America!

At the graduation ceremony,
March 2008(ゼミ生と)

This is my seventh year at Waseda. I came here to teach about sport and the media at the School of Sport Sciences, which was established in 2003. In my experience Japanese students participate less in class than their American counterparts. After every lecture I always ask for questions, but the students rarely ask any. After lecturing for over an hour, it can be a little discouraging when there are no questions and therefore no discussion. Without questions, it’s impossible to know how much they understand. So now, in order to have some sort of communication, I hand out blank pieces of paper at the end of class and ask the students to write their questions and hand them in. It’s funny: although they are apparently reluctant to ask their questions out loud, when given the opportunity to write them down they do have questions after all. At the beginning of each class I take up a few of the questions from the previous week before moving on to the day’s topic.

I really enjoy getting questions. Waseda students usually ask very good questions that make me think, which helps me hone my own ideas. I just wish more students would voice their questions in class when given the opportunity. I wonder why they don’t? I suspect that it’s a result of their previous education. Perhaps they haven’t had the opportunity to ask questions in class, or haven’t been encouraged to speak their opinions. Of course, it’s easy to blame the students. I need to ask myself if I am doing everything possible to create an atmosphere in the classroom that is conducive to discussion.

Carnival fun!

Here I am in my costume for the Carnival season in Cologne, Germany, where I recently spent a sabbatical year. Over one million people dress up in costumes and celebrate in the streets at the peak of Carnival, which usually takes place in February. At first I was embarrassed to leave the house dressed up like this, but once I got out on the street and saw that most other people had even more outlandish costumes then mine, I began to feel embarrassed for the opposite reason: I was underdressed!

Lee Thompson
Professor, Faculty of Sport Sciences

Born in 1953, Oregon, USA. Attended Lewis and Clark Born 1953 in Oregon, USA. Attended Lewis and Clark College in Portland Oregon, majoring in communication. Ph.D. in Sociology from the Graduate School of Human Sciences, Osaka University. Assistant in Department of Human Sciences, Osaka University; associate professor at Osaka Gakuin University; currently professor at the Faculty of Sport Sciences.

 
今回のテーマ:質問を通して学ぶ

リー・トンプソン
スポーツ科学学術院教授

 私が日本に住んで30年以上になります。ほとんどが関西地域ですが、札幌、東京(三鷹市、目黒区、文京区)、名古屋、京都(田辺市と西京区)、大阪(豊中市と枚方市)、そして神戸(六甲アイランド)に住みました。現在は所沢市に住んでいますが、この記事が掲載される頃には西東京市に引っ越しているでしょう。日本を構成している四つの島と沖縄、そして淡路島や屋久島などの小さな島も旅してきました。母国であるアメリカよりもたくさんの日本の地域を見てきたと思います。

 早稲田で働くのは、今年で7年目になります。2003年に開設したスポーツ科学部で、スポーツとメディアについて教えています。私の経験では、日本の学生はアメリカの学生よりも授業にあまり参加しないところがあります。毎回、授業の最後に質問がないかどうかを学生に聞くのですが、ほとんど質問がありません。1時間以上講義をして、質問も討議もないのは、少しやる気をそがれてしまいます。質問がないと、生徒がどれだけ講義内容を理解してくれたのかがわかりません。そこで、コミュニケーションをはかるために、授業の最後に白い紙を用意し、質問事項を書いて提出してもらうようにしました。おもしろいことに、声に出して質問することには消極的でも、紙に書いてもらうようにすると、最終的には質問が出てくるのです。毎回授業の初めに、前回の授業で提出してもらった質問をいくつか取り上げてから、その日のテーマに移ります。質問があるとうれしいものです。早稲田の学生は非常にいい質問をしてきてくれます。そのため、私自身も考えさせられ、自分の考えを磨くことができます。授業中に質問する機会を与えられたら、ぜひもっと多くの生徒に発言してほしいです。なぜ発言してくれないのかと不思議ですが、おそらく、それまで受けてきた教育の影響なのだと思います。授業中に質問をする機会がなかったか、自分の意見を述べるようには教えられなかったのでしょう。もちろん、生徒のせいにするのは簡単です。私も、発言をしやすいような雰囲気を作るために、できるかぎりのことをしているのかどうか、自分自身に問わなければいけません。

◆◆◆

カーニバルは楽しい!

 最近、ドイツのケルンで長期休暇を過ごしたとき、カーニバルで仮装をしました。カーニバルは通常2月に開催されるのですが、最高潮を迎えるときは、100万人以上の人が仮装をして路上でお祝いをします。初めはこんな恰好をして外に出るのは恥ずかしかったのですが、一度通りへ出てみると、皆私よりも奇抜な格好をしていたので、今度は別の理由で恥ずかしくなりました。もっと派手な格好をすれば良かった!と。

リー・トンプソン/スポーツ科学学術院教授

1953年アメリカ・オレゴン州生まれ。オレゴン州ポートランドのルイス・アンド・クラーク・カレッジにてコミュニケーション学を専攻。大阪大学大学院人間科学研究科にて社会学博士号修得。大阪大学人間科学部にて助手、大阪学院大学にて准教授を経て現職。