早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 10月号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼10月号

A WASEDA Miscellany

Brent de Chene

This theme:
Beyond Tribalism:On Becoming a Martian(*1)

Brent de Chene
Professor
Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences

Imagine a Martian of human form and human lineage, but with a mixture of physical characteristics making it impossible to identify him or her with any human ethnic or racial group. Imagine further that this Martian has a superhuman variant of the human language faculty that enables him to communicate in any natural language, and an understanding of the unity of the universe that obviates any particular religious belief. Now assume that this Martian visits earth and observes the behavior of his human relatives. Everywhere he will find people disparaging or threatening each other on the basis of ethnic, racial, linguistic, national, or religious differences, in more extreme cases inciting their fellows to violence against members of some other such group, and in far too many instances actually engaging in such violence. The Martian will be pained by this spectacle, and because he has no earthly sub-group allegiances, no loyalty to any set of beings smaller than the human race as a whole, he will be pained equally regardless of the identity of the victims. And for the same reason, he will find it difficult to understand the attitude of human beings toward such conflicts, which is virtually always that victims from one's own group are viewed as martyrs to a noble cause, whereas victims on the other side are barely noticed.

This phenomenon is a constant of human history, and many readers will have no trouble supplying examples of it from their own experience or reading. In the interests of concreteness, however, let us consider a particular case. Starting in the late 1950s and extending through the early 1970s, the United States engaged in a war in Southeast Asia that eventually claimed over 58,000 American lives. Over the same period, the number of Southeast Asian victims of the war was approximately two orders of magnitude higher--in the vicinity of 5,000,000, although all such figures are estimates.(*2) In the United States, the American dead are memorialized individually by name at the Vietnam Veterans Memorial in Washington D.C., while the Southeast Asian dead, roughly one hundred human individuals for every American, barely register in public consciousness. Today, of course, we see precisely the same phenomenon unfolding before us with respect to the American war in Iraq.

The term "tribe" is typically used to designate a human group that displays a kinship-based mode of social organization that predates the modern nation-state. But to our Martian observer, all sorts of groups that serve as the basis for exclusion, discrimination, denigration, and violence would seem tribal, and those practices themselves would seem tribalistic. The vast majority of wars, in particular, would seem like tribal wars, and those who instigate them, support them, or view them through the prism of tribal interests would have to be judged tribalists. With increased competition for natural resources, climate change and its effects on the environment, and the gradual proliferation of nuclear weapons, these tribal conflicts threaten to become ever more frequent, intense and dangerous over the course of the present century. As a result, it seems clear that one of the things the world needs most in the years ahead is people who are able to transcend tribalism and react like our hypothetical Martian--people, that is, who identify first with the species as a whole and secondarily, if at all, with one or more tribal subgroups of it (moving beyond speciesism is of course a yet more distant goal). Tribalism is more or less deeply rooted in all of us, and temptations to tribal thinking are ubiquitous. As Orwell(*3) told us, however, it is morally incumbent upon us to resist those temptations and to avoid acting on tribal impulses even if we cannot always avoid having them. To a large extent, our future may depend on the degree to which we find it possible to do that--to adopt, that is, what might be called a Martian perspective on human affairs.

*1 : I borrow the image of the Martian as a neutral observer of human affairs from Noam Chomsky; the phrase "beyond tribalism" has also been used numerous times.
*2 : See http://www.bookrags.com/ wiki/Vietnam_War#Casualties
*3 : "Notes on Nationalism" (Polemic, October 1945),
http://www.orwell.ru/library/essays/ nationalism/english/e_nat/

今回のテーマ:部族主義を越えて:火星人になるために(※1)

教育・総合科学学術院教授/ブレント・デ・シェン

次のような火星人がいると想像してみてください。外見的にはさまざまな人種の特徴が混ざり合っていて民族や人種は特定することができないものの、私たち地球人と同族に見える、人間に似た姿をしている。また、この火星人は、人知を超えた人類の言語を習得しており、それによってどの自然言語とも意思の疎通ができ、どのような宗教的信仰も必要としないほどに宇宙の真理を理解している。

さて、この火星人が地球を訪れ、彼の親戚である地球人の行動を観察しているとしましょう。どこへ行っても、人々は民族、人種、言語、国籍、宗教などの違いから、互いに非難しあい、互いに生活を脅かし、さらに極端な場合には自分たちの仲間が他の集団への暴力行為に及ぶよう扇動しています。そして悲しいことに、多くの場合、実際に暴力行為に及んでいます。火星人はこの光景を見て心を痛めることでしょう。彼は地球のどの集団にも属しておらず、地球人全体をひとつの集団として見ており、どのような小さな集団に対しても偏った親近感や忠誠心を抱いていないため、犠牲者が誰であれ彼は同じように心を痛めるでしょう。また、地球人の争いでは多くの場合、片方の集団の犠牲者は崇高な理由のために死んだ殉職者として見られ、その一方でもう片方の集団の犠牲者はほとんど気にも留められません。彼はこの地球人の考え方を理解しがたいと思うはずです。

この地球人の考え方はいつの時代にも存在します。皆さんの多くは、自らの経験、もしくは本で読んだ中からすぐにその例を挙げることができるでしょう。しかし、すこし具体性を持たせるためにある例を見てみましょう。1950年代後半から1970年代前半まで、米国は東南アジアでの戦争に参戦して、その結果5万8,000人以上の米国人の命が失われました。同じ時期の東南アジア人の犠牲者は、推定ではありますが、これを2桁も上回る約500万人でした(※2)。米国では、ワシントンD.C.にあるベトナム戦争戦没者慰霊碑に、米国人戦死者が一人一人の名前を挙げて弔われています。しかし、東南アジア人の犠牲者は1人の米国人に対して約100人いるにもかかわらず、ほとんど米国民の意識には浮かんできません。今日でもやはり、米国がイラクで始めた戦争でまったく同じ現象が起こっていることを見ることができます。

「部族」という言葉は一般的に親族関係にもとづいた社会的機構をもつ人間の集団を指すのに使われ、近代国家の成立前から存在します。しかし、火星人の観察者から見れば排他、差別、中傷、暴力などを起こす集団は部族のようなものであり、そのような慣習自体が部族主義的であるように思われるでしょう。特に、世界中で起こる戦争のほとんどが部族間闘争のようであり、そのような戦争を扇動したり支持したり、また、部族の利益のためにそのような戦争を望む者は部族主義者といっていいでしょう。

資源獲得競争が激しくなり、気候変動とその環境に対する影響が深刻になり、そして核兵器が次第に世界中に拡散するにつれて、これらの部族間闘争が今世紀中にこれまでになく頻繁に起こり、熾烈になり、危険度が増していく恐れがあります。このため、これからの世界に最も必要とされるもののひとつは、部族主義を超越して、先ほどの想像上の火星人のように物事に対応することができる人々だということは明らかでしょう。つまり地球人という種を全体で一つとして見る事ができ、次にそれを構成している小さな部族集団を見ることができる人です(人間優位主義を克服することも当然必要ですが、さらに長期的な目標です)。

部族主義は、多かれ少なかれ全て人の心に深く根ざしており、部族主義的な考えへの傾倒の誘惑はいたるところにあります。しかしながら、オーウェルが言ったように(※3)常に部族的な感情を持たないようにするのは不可能だとしても、私たちにはそのような誘惑に抵抗し、それに基づいて行動するのを避ける道徳的義務があります。私たちの未来は、どのくらい私たちがいわゆる「火星人の視点」で人類の問題を見られるようになるかということにかかっています。

※1:地球人の問題を中立的に観察する火星人像は、ノーム・チョムスキー氏の著書から拝借。また、「部族主義を越えて」という言いまわしも何度も使用させていただきました。
※2:http://www.bookrags.com/wiki/Vietnam_War#Casualtiesを参照のこと。
※3:『ナショナリズムについて』(1945年10月『Polemic』誌)
http://www.orwell.ru/library/essays/nationalism/english/e_nat