早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 7月号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼7月号

A WASEDA Miscellany

Kate Elwood

This theme:Culturally aware

Kate Elwood / School of Commerce Associate Professor

Q. Please tell about your background before becoming an associate professor at Waseda.

A. Well, I studied French in junior high and high school and planned to major in it. But upon reaching the university level, I missed the joy of learning a new language. After reading two translated versions of the Tale of Genji I became interested in Japanese and began to study it. In my junior year I was an exchange student at ICU and ended up transferring there, majoring in Japanese history. Following graduation I worked in public relations and journalism. After I taught one course part-time at a university I found that I loved teaching and went back to graduate school. I am now in my seventh year in the School of Commerce here at Waseda.

Q. What is your impression of Japanese students compared with American students?

A. Japanese students sometimes get a bad press from educators but I love teaching them English. Though they are now more opento risk than in the past, they are still somewhat shy compared to U.S. students. I think Japanese students feel more pressure, forexample, to get into a very good company than their U.S. counterparts, who of course also want to get a good job but view theircareers as something that will develop over the years.

Q. What are your impressions about the changes in the way Japanese students think?

A. Japanese students now have more global experience with more of them having been abroad, some for a year or more, and othersfor shorter periods. Perhaps as a result of this, I fi nd that Waseda students are more aware of other cultures. In contrast, I fi nd that U.S.students tend to be somewhat more insular.

Q. What is necessary for the education of students in the future?

A. On a general level, Waseda - like all universities - needs to consider the role of ethics in education. In Japan there have been manycorporate scandals and indeed at universities recently. I feel that universities can play a big role in educating students about this andin developing their awareness of their responsibility to society.
On a specifi c level, as an English teacher, I feel we need to make students more aware of the cultural component of communication.My fi eld of research involves something called cross-cultural pragmatics, which deals with how “speech acts”, such as apologies,requests, or refusals are accomplished in various cultures. For example, an apology in America and one in Japan are often different.In America when apologizing, a reason is usually given as to why a certain situation occurred. On the other hand, in Japan, explainingreasons sometimes is viewed as making excuses so they tend to be used less in apologies. In cross-cultural situations Japanesepeople may think Americans are avoiding taking responsibility for something that has occurred while Americans may feel an apologywithout a reason provided sounds incomplete or even empty. It is important to make students more culturally aware of thesedifferences and I’d like to this kind of research brought into the classroom more.

Q. What are some devices or ideas that you have introduced from an educational standpoint?

A. When studying Japanese in the U.S. I had great teachers who spoke to me very slowly, using easy grammar and I got an A in thecourse. However, upon arrival at Narita I found that nobody spoke that slowly and it took me a long time to get up to speed. For thisreason, in class I always make sure to speak at a normal level. If students can understand 50% of what I am saying then that is fi ne. Ofcourse any information or homework is also provided in written form to the students. Even at the end of a 13-week course the studentssay they feel more confi dent listening to English. I also feel that students need more exposure to a variety of types of accents becausethey will certainly come into contact with a wide range of accents in the U.S. and elsewhere

Q. What are your impressions of the differences between Japanese and American universities?

A. In Japan, teachers usually start by teaching part-time at various universities. When a teacher gets a full-time position at a universitythat has traditionally meant tenure. On the other hand, in the U.S., many teachers are full-time for many years before receiving tenureand they don’t know whether they will get it or not. A smaller difference is that in Japanese universities entering students are dividedup into classes or groups, which gives them an automatic feeling of belonging somewhere, whereas in the U.S., students must forgetheir own way to a greater extent. I feel that the Japanese way is probably a good thing as the students can get a feel for Waseda bygoing to parties with members of their class and so on.

Q. What do you think is necessary for Japanese universities in the future?

A. As I mentioned earlier, a focus on the development of students with a strong ethical sense isa vital issue in my opinion. Another change taking place now throughout Japan is making theEnglish entrance exam more refl ective of real-world English ability by, for example, adding alistening component. Some people are impatient for change but care is needed to think thingsthrough suffi ciently and makes changes that are truly benefi cial.

Q. Do you have a message for the students?

A. Be sure to enjoy your university life every day, as the four years of university go by so fast!

今回のテーマ:文化の認識

商学部准教授/ケイト・エルウッド

Q. 早稲田大学に准教授として赴任する前の経歴を説明していただけますか。

A. わかりました。私は中学と高校でフランス語を学び、大学でもフランス語を専攻する予定でした。しかし大学へ進学する段階になり、新しい言語を学習したくなりました。源氏物語第1巻の2つの翻訳版を読んだ後、日本語に興味が沸きはじめ、日本語の勉強を始めました。私は子供の頃、ICUの交換留学生でしたが、結局、同校に戻る形で日本史を専攻することになりました。卒業後、広告とジャーナリズム業界に職を得ました。ある大学でパートタイムとして講義を担当したのですが、その経験から、自分が教えることが好きなことに気づき、再びICUの大学院に復学しました。早稲田大学の商学部に赴任してから今年で7年目になります。

Q. 米国の学生と比べて、日本の学生にどのような印象を持ちましたか?

A. 日本の学生は教育者から酷評されることがよくありますが、私は彼らに英語を教えるのが大好きです。日本の学生は以前よりもリスクに対してオープンになっていると思いますが、米国の学生に比べると、やはり恥ずかしがりやな部分が残っています。私の考えでは、日本の学生は、例えばいい会社に入るなど、米国の学生に比べるとプレッシャーを多く感じているようです。米国の学生ももちろん良い仕事に就きたいと考えていますが、キャリアは長い年月をかけて築かれるものと考えています。

Q. 日本の学生の考え方の変化について、どのような印象をお持ちですか?

A. 日本の学生は海外経験が以前よりも豊かになってきています。1年かそれ以上、あるいはそれよりも短期間でも海外に滞在する学生が増えているためです。その影響で、早稲田大学の学生も他国の文化への意識が高まってきているようです。これに対して、米国の学生はいくぶん孤立化傾向にあると思います。

Q. 今後、学生の教育には何が必要でしょうか?

A. 一般的なレベルでの話ですと、早稲田大学は他の大学と同様に、教育における倫理の役割を検討する必要があります。日本では企業スキャンダルが多発し、最近では大学でも起こっています。このような事件が起こらないよう指導する、また社会に対する学生の責任の自覚を高める上で、大学は重要な役割を果たすことが可能だと考えています。
特定の分野に関する意見としては、英語教師としての意見ですが、コミュニケーションにおける文化的な要素を学生がもっと意識する必要があると思います。私の研究分野では、いわゆる異文化間語用論を扱っています。これは謝罪、要求、拒絶などの「発話行為」をさまざまな文化でいかに達成するかを学ぶものです。一例をあげると、アメリカの謝罪と日本の謝罪はかなり異なっています。アメリカで謝罪するとき、特定の状況が起こった理由を述べるのが普通です。一方日本では、理由を説明することは許しを請うものとみなされることがあるため、謝罪の際に理由を持ち出す傾向が少ないようです。異文化間の状況で、日本人の目には、アメリカ人は起こったことに対して責任を取るのを避けているように見え、アメリカ人は理由を伝えずに謝罪するのは不完全な謝罪、あるいは全く謝罪していないように聞こえるのではと考えます。学生にこのような違いを文化の面から意識させるのは重要ですから、このような研究を授業に多く採り入れていきたいと希望しています。

Q. 教育的な観点から、どのような工夫あるいは発想を取り入れていますか?

A. 米国で日本語を学習していた頃、簡単な文法を使って非常にゆっくりと話しかける先生に巡り合い、そのクラスの成績はAでした。しかし、成田空港に降り立つと、あのようにゆっくりと話す人は誰もいないのを理解し、速さについていくまでに長い時間がかかりました。そのような理由から、授業では常に普通のはやさで話すことを心がけています。学生は私の話す内容が50%理解できれば、それでよいのです。もちろん学生への情報や宿題は書面で渡します。授業は13週間ですが、それでも講義の最後には、学生は英語のリスニングに自信がついたようだと言ってくれます。また、学生はさまざまなアクセントに接する機会が必要だと考えています。米国や他の諸国では幅広いアクセントが使用されているからです。

Q. 日本とアメリカの大学の違いについて、どのような印象をお持ちでしょうか?

A. 日本の教師は、一般にさまざまな大学でパートとして教職をスタートします。教師が大学でフルタイムの役職を得るということは、伝統的に終身雇用の保証を意味していました。これに対して米国では、多くの教師が長年フルタイムで働いた後、終身的な役職を得るようになっているため、フルタイム雇用が必ずしも終身雇用となるとは限りません。その他に、小さな違いですが、日本では大学に入った学生はクラスあるいはグループに分けられる点が違います。これで学生はどこかに所属しているという感覚が自然に身に付くのですが、米国では、学生は多くの面で自分の道を自分で切り開かなければなりません。私は日本流のやり方で問題ないと思います。学生がクラスメートとパーティに行くなどして、早稲田の雰囲気を味わえるのですから。

Q. 今後、日本の大学には何が必要だとお考えですか?

A. すでに述べましたが、個人的な意見として、強力な倫理観を学生の指導に盛り込むことは重要な問題です。あと、現在日本各地で起こっている変化ですが、英語の入試の問題に実際の世界で使われている英語を取り入れ始めています。例えばリスニング問題になどです。早期にこのような改革ができるよう望む声も一部にありますが、注意しながらじっくりと検討することは重要で、それにより効果のある改革を行うことができると思います。

Q. 学生へのメッセージはありますか?

A. 4年間の大学生活はあっという間です。ですから1日1日を楽しんでください。