早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 5月号 A WASEDA Miscellany

キャンパスナウ

▼5月号

A WASEDA Miscellany
Paul Snowden

Paul Snowden

This theme:Communicate

Paul Snowden/Faculty of International, Liberal Studies, Senior Dean

Since Waseda has just celebrated a very important anniversary, let me first mention a couple of my own anniversaries. Next year in April, I will celebrate 40 years since my fi rst arrival in Japan, as an English Conversation teacher. December, 2007 marked thirty years since my fi rst job as a university teacher, at Tsukuba University. Most recently, April 2008 saw the twenty-fi fth anniversary of my full-time employment at Waseda, where I taught English in the School of Political Science and Economics until 2004, since when I have been attached to the new School of International Liberal Studies.

In those years, I have written or edited a wide variety of books, textbooks and dictionaries, mostly on topics concerned with either language learning or cross-cultural awareness.

Twenty-five years ago, Waseda students (perhaps the parents of our current students) had to put up with far worse facilities than we have now. The Library was limited to Building 2; elevators were almost unknown in most buildings;air-conditioning was not installed in classrooms; there was nowhere to eat on campus. But perhaps because of those hardships, there was a kind of cheerful solidarity. I remember teaching so-called "Conversation" classes of 60 students, where most members did their best to avoid speaking at all. But at least there were a few at the front of the room who were determined to participate. It is that curiosity for new experiences and determination to take part in new relationships that distinguished the best Waseda students - and I think it still does, although I wish there were a few more of such students.

Present-day society makes it so easy for us to survive without paying much attention to what is happening in society around us, and I think that that is dangerous. We can easily survive a whole day, or even a whole week, without talking to anyone apart from our close family or friends. Is it a good thing to fail to communicate with people outside such a close circle? Waseda encourages its students to study overseas: at SILS, it is compulsory, while at other Schools it is becoming more and more easy to do. As one reason for studying overseas, many students give the desire to become better speakers of English (or Chinese, or French, etc., depending on their destination). What they must remember is that when they fi rst go overseas, the people they need to communicate with will not be their close family or friends. In other words, they will be just the type of person they tend to avoid speaking to while in Japan.

So many come to the SILS offi ce with application forms, and hand them over the counter to the offi ce staff without saying a single word; so many buy their lunch at the Co-op and pay for it in total silence; so many get on the bus to Takadanobaba without uttering a word to the driver. It is this attitude of silence that they must change when they go abroad to a culture where such silence is regarded as ignorant, rude and uncivilized. Why not practice while still in Japan, and get used to saying things like, "Here is my form for a scholarship" in the offi ce, "Sorry about the \10,000" in the Co-op, "Thank you" to the bus driver? That is the fi rst easy step towards the international attitudes that Waseda is now promoting.

I say this frequently to the students in my classes, and I hope some of them follow my advice. Sometimes, when I am handing back homework, and no student even says "Thank you," I stop the class and remind everyone to say something when they receive their homework. Then, if one student fi nally has the courage to say,"Thank you," the next student, and the next, and the next will say so, too. That's very good, but another step is necessary: don't just use exactly the same expression as the previous person used. Try to think of something different and original. In that way, sometimes when I take attendance, if the first three students all reply,

"Here," I ask the following students to use other expressions, such as "Yes," "Present" and so on. The next stage is to answer in more than one word:"Here I am," "Yes, here today" etc., etc. Waseda as a whole, and SILS in particular, are trying hard to bring this awareness of international culture into everyone's consciousness, and I do hope that those students with the curiosity and determination that I mentioned above will understand and act.

コミュニケートしましょう

ポール・スノーデン/国際教養学術院長

 ちょうど早稲田大学がとても重要な記念日を迎えたばかりですので、最初に私自身の記念日について触れさせてください。来年4月、私が英会話講師として最初に日本に訪れてから40年を迎えます。2007年の12月には、筑波大学で最初に教鞭をとってから30年を迎えました。最近の出来事としては、2008年の4月に早稲田大学で常勤講師となってから25年を迎えました。2004年まで政治経済学部で英語を教え、その後は新しい国際教養学部で教えてきました。

 当時から今まで、私は様々な本、教科書、辞書の執筆や編集をしてきましたが、そのテーマのほとんどは言語学習や異文化理解に関するものでした。

 25年前、早稲田大学の学生達(恐らく今の学生の親御さんたちに当たる年代です)は、今よりもずっと劣悪な環境に耐えなければなりませんでした。図書館は2号館にしかなく、エレベーターのある建物もほとんどなく、教室にエアコンはなかったし、キャンパス内で食事の出来る場所はどこにもありませんでした。しかし、恐らくはこれらの苦難のためでしょうが、一種の朗らかな連帯感がありました。いわゆる「英会話」の授業で60名の生徒達に教えた時のことを憶えています。そこでは、生徒のほとんどは何とかして会話を避けようと必死になっていました。しかし少なくとも教室の前列には、やる気のある少数の学生達がいました。新しい経験への好奇心と新しい関係を築いていこうという熱意が、その素晴らしい早稲田の学生達を際立たせていました―そして今でもこれは同じです。もっともそのような学生がもう少し増えてくれれば良いとは思いますが…。

 今日の社会では、私達の周りで起こっていることを大して気にかけなくても、生きていくことがとてもたやすくなっています。しかし私はこれはとても危険なことだと思います。丸1日、いや丸1週間でさえ、ごく親しい家族や友人以外の誰とも口をきかずに過ごすことは難しいことではありません。そのような閉じた関係の輪以外でコミュニケートしないことが、果たして良いことと言えるでしょうか? 早稲田大学は学生に海外留学を奨励しています。国際教養学部ではこれは必須となっていますが、他の学部でもだんだんと簡単に出来るようになっています。海外で学ぶ一つの理由として、多くの学生が英語(または中国語、フランス語等、学生の目的により異なります)をもっと上手に話せるようになりたい、という願望を挙げています。彼らが覚えておかなくてはならないことは、最初に海外に出掛けた時彼らがコミュニケートする必要のある人々は、親しい家族や友人ではないということです。言い換えれば、日本にいる間に彼らが話すのを避けようとしていたタイプの人々だということです。

 非常に多くの学生が申込書を持って国際教養学部の事務室にやって来て、それらをカウンター越しに事務室のスタッフに一言も告げずに手渡しています。非常に多くの学生が昼食を生協で買いますが、全くの無言で支払いを済ませます。非常に多くの学生が高田馬場駅行きのバスに乗りますが、運転手に口をきくことはありません。海外に行く場合はこのような無言の態度を改める必要があります。何故ならそのような沈黙は時として、無教養で、無礼かつ野蛮であるとみなされるからです。日本にいるうちに練習したらどうでしょう。例えば、事務室では「これが奨学金の申込書です」、生協では「1万円札しかないですが、すみません」、バスの運転手には「ありがとうございます」ということを日常的に言うようにするのです。これは、早稲田大学が現在奨励している国際的態度に向けての手軽な第一歩です。

 私はこのことを自分の受け持ちの学生達にしょっちゅう言っています。彼らのうちの何人かが私の助言に従ってくれればと思っています。私が宿題を返す時、時々誰一人として「Thank you」とさえ言いません。そんな時は授業を一旦止めて、宿題を受け取る時は何か言うように皆に伝えます。それからある生徒がようやく勇気を出して「Thank you」と言うと、次の生徒、その次の生徒もそう言うのです。これはとても良いことではありますが、もう一段階上のステップが必要です。前の生徒が使ったものと全く同じ表現を使わないでください。もっと違うもの、オリジナリティのある表現を考えるように努力してみてください。同様に、出席を取る時、たまに最初の3人の生徒が全て「Here」と答えたりすると、私はその後の生徒に、「Yes」や「Present」等の別の表現を使用するように言います。さらに次のステップは、1語以上で、例えば「Here I am」や「Yes, here today」等で答えることです。

 早稲田大学は全体として、国際教養学部は特にですが、この国際的文化認識を全学生が意識するよう懸命に努力しています。そして先に述べたような好奇心旺盛でやる気のある学生達が、このことを理解して行動してくれることを願ってやみません。