早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2017 錦秋号 Headline News

キャンパスナウ

▼2017 錦秋号

Headline News

国際色豊かな式典に

9月卒業式・大学院学位授与式、入学式を挙行

 9月16日、大隈記念講堂にて9月卒業式、大学院学位授与式を執り行いました。今年は学部821名、修士課程修了者332名、専門職学位課程修了者83名、課程による博士学位取得者92名、論文による博士学位取得者10名の1338名が、新たな門出を迎えました。このうち海外からの留学生が576名にのぼり、海外在住のご家族も多く出席され、多言語が飛び交う国際色豊かな風景が見られました。鎌田総長は「現代社会の厳しい情勢にひるむことなく、早稲田大学での学びを最大限に活用しながら、あらゆることに果敢にチャレンジし、様々な経験を積んでほしいと思います。その過程では多くの失敗も経験すると思いますが、失敗は成功の母であります。何度でも立ち上がり、成功へ向けて、一歩一歩着実に歩みを進めてくださることを期待しています」と卒業者たちを激励しました。

 また、23日、大隈記念講堂にて行われた9月入学式では、学部346名、大学院613名の959名の新入生を迎えました。このうち797名が海外からの留学生です。その出身国は、アメリカ、インドネシア、タイ、中国、韓国などに加え、ポーランド、シンガポール、インド、ネパール、ベトナム、フィリピンなど多様な国・地域に拡がっています。鎌田総長からは「本学の優れた教育研究環境をぜひとも余すことなく活用すると同時に、文化的背景や価値観の異なる様々な国の学生と共に学び、議論し、相互理解を深めることで、総合的な人間力を陶冶していただきたいと思います。そして、本学の建学の理念に象徴される理想を実現するための長い道のりを共に歩んでいく親友やライバルを見つけ出してくださることを、切に希望いたします」と新入生へエールが贈られました。新入生は、応援部やワセダベアとともに入学後初となる校歌を斉唱し、早稲田の杜における学生生活のスタートを切りました。

卒業式

学位記の授与

入学式

初めての校歌斉唱