早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2017 新緑号 Headline News

キャンパスナウ

▼2017 新緑号

Headline News

「集まり散じて人は変れど 仰ぐは同じき理想の光」

2016年度卒業式、2017年度入学式を挙行

サークル勧誘で賑わう4月1日入学式当日のキャンパス風

 3月24日、25日、26日に、大隈記念講堂他にて、学部卒業式、芸術学校卒業式、大学院学位授与式が行われました。

 この日、学部卒業者9,084名、芸術学校卒業者44名、大学院修士課程修了者1,934名、大学院専門職学位課程修了者506名、博士学位受領者204名の合計11,772名が新たな門出を迎えました。そのうち750名が海外からの留学生です。

 3月24日の受領者代表学位記授与式では、学術・芸術・スポーツで特に優れた成果をあげた学生または団体に対して、小野梓記念賞が授与されました。また、歌人である佐佐木幸綱氏より祝辞が送られるとともに、本学から佐佐木氏へ早稲田大学芸術功労者の表彰が行われました。

 一方、4月1日、2日、3日には、2017年度の各学部・大学院・芸術学校の入学式が大隈記念講堂他にて行われました。

 2017年4月の学部入学者は9,098名、大学院入学者は2,927名で、2016年9月の学部・大学院入学者998名と合わせると、4月1日現在の1年生の総数は、13,023名になります。このうち1,648名が海外からの留学生で約13%を占めており、世界各地から数多くの優秀な人材が早稲田の杜に集まりました。

 総長は、式辞で「新入生の皆さんには、これまでに蓄積してきた豊富な知識を前提としながら、早稲田大学の提供する優れた教育環境を、また、個性豊かで多様な教員・学生との切磋琢磨の機会を、主体的かつ積極的に活用することで、これからの時代を牽(けん)引し、不透明な時代を逞しく生き抜いていくために必要とされる基礎的なスキルとマインド、さらには総合的な人間力を涵養(かんよう)してくださることを切に期待しています」と新入生を激励しました。

受領者代表学位記授与式にて、総長より学位記授与

芸術功労者賞として表彰された佐佐木幸綱氏

入学式で初めての校歌斉唱