早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2015 錦秋号 Headlines

キャンパスナウ

▼2015 錦秋号

Headlines

世界水泳 圧巻の金メダル
星・瀬戸・渡部3選手が鎌田総長に報告

 2015年7月25日から8月9日にかけてロシアのカザンで行われた世界水泳選手権大会。本学から星奈津美選手、瀬戸大也選手、渡部香生子選手ら3名の選手が見事金メダルを獲得。9月8日に早稲田キャンパスの大隈会館にて、鎌田薫総長に大会での活躍を報告しました。

 奥野景介水泳部総監督は「日本代表としては4つのメダルを獲得しましたが、メダルのすべてはこの3人で獲得したものです。競泳に限って言えば早稲田パワー溢れるインパクトのある大会になったと思います」とコメント。鎌田総長はお祝いのメッセージとともに、「このたびの世界選手権の競泳部門の早稲田関係者のメダル独占は、歴史に残る快挙だと思います。少しでも今回のお祝いの気持ちを3選手にお伝えできればと思い、またこの早稲田の活躍を世間にお伝えしたく、メディアの方々にもお集まりいただき、ご報告の会を開催しました。まだまだみなさん記録向上に向け練習を積み重ねていくことと思いますが、来年のオリンピックでもぜひ早稲田の誇りを持って活躍していただければと思います」と激励の言葉を3選手に贈りました。3選手は本学校友会トップアスリート奨学金の交付を受けています。

報告会には本学稲門体育会会長及び評議員の河野洋平氏、本学評議員である森喜朗氏、本学理事及び校友会代表幹事の福田秋秀氏、本学校友会常任幹事及び事業委員長の大塚勇氏らが祝福のため駆けつけた

 なお、9月4日から6日に行われた日本学生選手権でも瀬戸選手が男子200m・400m個人メドレーで二冠、渡部選手が100m・200m平泳ぎで二冠を達成。今後もさらなる活躍が期待されます。

星奈津美選手(女子200mバタフライ金メダル・2013年スポーツ科学部卒)

「私は200mのバタフライで、ロンドンオリンピックの時は銅メダルでしたが、今年の世界水泳では念願の金メダルを獲得することができました。今回この早稲田3人で報告に来られたことを本当に嬉しく思っておりますし、私自身も早稲田出身であることを誇りに思いました。また、来年のリオ・デ・ジャネイロオリンピックも同じように良い報告ができるように頑張っていきたいと思います」

瀬戸大也選手(男子400m個人メドレー金メダル・スポーツ科学部3年)

「おかげさまで400m個人メドレーで二連覇を果たすことができ、金メダルを持って帰って来ることができ、良かったと思います。夢であるオリンピックの出場も、内定を頂けたので、来年金メダルを目指して頑張っていきたいと思います」

渡部香生子選手(女子200m個人メドレー銀メダル、女子200m平泳ぎ金メダル・スポーツ科学部1年)

「このような結果が出せたのは、2人の心強い先輩方がいらっしゃったおかげでもあると思います。また来年のオリンピックに向けても精一杯頑張っていきたいと思います」