早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2015 盛夏号 Headlines

キャンパスナウ

▼2015 盛夏号

Headlines

日本一に輝いた早大野球部
地元・東伏見を凱旋パレード

東伏見優勝パレードの様

全日本大学野球選手権優勝の瞬間

高橋監督を胴上げする選手たち

 今春、早稲田大学野球部は東京六大学野球春季リーグで優勝、さらに第64回全日本大学野球選手権大会も制し、日本一に輝きました。その練習拠点となり、硬式野球場や安部寮が位置する東伏見の街は、選手たちの生活を支えている野球部の本拠地。地域の方々への感謝の気持ちを込めて、6月27日に「東伏見優勝パレード」が開催されました。

 当日は、川口浩野球部長(政治経済学術院教授)、高橋広監督、河原右京主将ほか、野球部の選手たち総勢40名が、早稲田大学応援部、ワセダチアリーディングチーム“Teddy Bears”とともに行列をつくり、西東京市富士町から東伏見グラウンド入口まで約800mを行進。沿道に詰めかけた東伏見の住民や、熱心な野球部ファン等、およそ500人が激励の言葉と拍手を贈り、町全体がお祭りムードに包まれました。

※本パレード実施については、東伏見商栄会、田無警察署、西武鉄道、西東京稲門会、ワセダクラブ、ジョナサン東伏見店をはじめ、地域住民の皆様の多大なるご支援、ご協力をいただきました。

パレード後、東伏見グラウンドにて