早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 2014 盛夏号 Headlines

キャンパスナウ

▼2014 盛夏号

Headlines

“Waseda Summer Session 2014”6月23日より開始
クォーター制を活かした国際教育プログラム

本学社会科学総合学術院の篠田徹教授(左)とサマーセッションに招聘されたミネソタ大学ツインシティー校の Onishi Yuichiro准教授による共同授業が実現しました

 外国大学の在学生や留学から帰国直後の本学学生を対象とした国際教育プログラム“Waseda Summer Session 2014”。6月23日より4週間に渡って行われ、13の国・地域の32大学から総勢76名の学生が早稲田での学びを深めました。

 本学では2013年度から一年を4つの授業実施期間に分ける「クォーター制」を導入しています。本プログラムはこのクォーター制のメリットを活かすプログラムとして実現。これにより今回早稲田大学の教員だけでなく、The Chinese University of Hong Kong, The University of Minnesota-Twin Cities, The University of Texas at Austinなど、海外大学教員による講義が可能となりました。

 学生は日本の経営・経済の現状と展望を探る「Bu siness I」や、ゴジラやポケモンなどのポップカルチャーと社会問題との関係性を考える「History I」、人種問題の歴史について学ぶ「History Ⅱ」など、全6コースから2コースを選択し学びました。また、日本語の集中プログラムや、宿泊型の農村文化の体験学習、国会議事堂見学、秋葉原ツアーをはじめ、座学以外の多彩なフィールドワーク、早稲田大学国際コミュニティセンター(ICC)主催による茶会や浴衣を体験できる「Japanese Festival」、学生同士が多角的な議論を行う「Visitor Sessions」なども用意。学生たちは日本の文化に触れながら、多彩なプログラムを通じて、「Japanese Studies」の魅力を体感しました。