早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号  東日本大震災関連のニュース

キャンパスナウ

▼盛夏号

東日本大震災関連のニュース

東日本大震災関連のニュース

早稲田大・清華大が被災地で日中共同調査設計ワークショップ研修

 本学東日本大震災復興研究拠点・自然文化安全都市研究所が、東北三陸地方の岩手県大槌町において、4月27日から5月4日にわたり本学と清華大学の日中両校による提案型設計ワークショップ研修を開催しました。

 両校の学生・教職員約30名(うち学生は早大8名、清華大8名)が、現地調査・現地住民との対話を通じて、地域社会機能が失われ、高齢化問題が深刻化する大槌町の社会的・文化的課題に対応する設計案を提案しました。同ワークショップ研修は、大槌町・東北無形文化遺産の再生や、世界との関係性を考慮した「文化の多様性の保護育成および文明間対話の促進」を実現する設計案を目指したもので、参加した学生は「グループ内の中国の学生の考え方の視点を学べたと同時に、将来性を見据えた復興計画に携われたことがとても勉強になった」と感想を述べていました。

2012年度重点領域研究 東日本大震災復興研究拠点公開ワークショップ
1年間の調査・研究で見えてきた復興への新たな課題

 昨年5月に設立した「東日本大震災復興研究拠点」によるワークショップが4月23日に開催され、参加した7課題の責任者による活発な議論が行われました。

 ワークショップでは約1年間の復興研究プロジェクトの研究活動状況、および復興研究を推進していく中で明らかになった課題などを報告。鎌田薫総長は「震災後、科学技術に対する強い反省がなされた今、大学と社会のかかわり方の新しい展望を見出していかなければならない。官と民、国内外の大学などとも、いろいろな分野の連携が必要になってくる。今後、さまざまな接点が増えていくことが期待できる」などと総評しました。

早稲田大学防災e―ラーニングビデオを制作
震災や火事が起こった際の適切な対応法を示す

 本学では、防火・防災教育用e―ラーニングビデオを国内の大学として初めて制作しました。内容は「大震災発生」編と「火災発生・救命」編の二部構成。「大震災発生編」では教室・エレベーター内などで地震に遭ったときや揺れが収まった後にどのような対応を取るべきかなどを、「火災発生・救命」編では火災を発見した場合や負傷者が出た場合の対応法や消火器の使い方など分かりやすく説明しています。

 このビデオは各学部・大学院での講習会、新入生ガイダンスなどの機会に上映されます。また、全学生・教職員が視聴可能なポータルサイト「Course N@vi」内でも視聴可能です。

ア式蹴球部 気仙沼でサッカー交流「早稲田カップ」に参加

 宮城県気仙沼市において、6月9日、10日の2日間にわたり、小学生のサッカー大会「早稲田カップ」が気仙沼市サッカー協会主催で開催されました。これはサッカーを通じて東日本大震災の被災地を支援しようという趣旨のもと、日本サッカー協会特任コーチで元日本代表主将の加藤久氏(本学校友)と、本学ア式蹴球部、平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)の協力で実施されたものです。

 大会には、気仙沼市内および近隣の地域から8チーム・約160人が出場。会場となった気仙沼小学校では、2日間にわたりボランティアの大学生や保護者の声援を受けて熱戦が展開されました。また、大会に先立って、ア式蹴球部によるサッカー教室が行われ、部員たちは、「今後も何らかの形で、被災地の復興に貢献したい」と感想を述べました。

『ブックレット〈「震災後」に考える〉』シリーズ 続刊発行のお知らせ

 本学では早稲田大学出版部より震災直後から教員を中心とした執筆陣によるブックレットを刊行しています。前号以降の刊行分を紹介します。

『早く的確な救援のために―初動体制ガイドラインの提案―』 中村民雄(法学学術院)編著 2012年4月
『東日本大震災と環境汚染―アースドクターの診断―』 香村一夫・名古屋俊士・大河内博(以上、理工学術院)著 2012年6月