早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 新年号 キャリアの羅針盤

キャンパスナウ

▼新年号

キャリアの羅針盤 学生と進路選択

姜 里奈(かん・りな)株式会社ディスコ サポート本部 採用グループ 略歴はこちらから

自分の信念を明確にし納得できる就職活動を

姜 里奈/株式会社ディスコ サポート本部 採用グループ

採用担当者に就職活動の最新事情や、普段どのような意識で採用活動に携わっているかをお聞きする「キャリアの羅針盤」。今回は株式会社ディスコの姜さんに、企業選びのポイントや学生時代の過ごし方についてお話を伺いました。

進化を求める人が真価を発揮する会社

 当社は高度なKiru・Kezuru・Migaku技術に特化した会社です。スマートフォンや薄型テレビ、LED、電気自動車など、身の回りのさまざま製品に組み込まれる半導体を、より小さく、薄く、強固にするために、ミクロン(千分の一ミリ)単位で加工するための装置を製造しています。また装置に搭載して加工を行う精密加工ツール(砥石)も製造しています。装置と砥石の両方の技術を備えていることで最良の加工結果を提供できることが、当社の強みです。

 デジタル製品は半年から1年のスパンで新しいモデルが発売されるため、私たち装置メーカはその先を行くスピードで新しい技術を提案しなければなりません。そのため当社では、現状に満足せず、新しいことに貪欲で、進化し続けられる人材を求めています。社内では、業務を効率化するための大小さまざまなアイデアが日々飛び交い、そのアイデアにより社員個人や各部署がどれだけ成長・進化したのか、実感しやすいような“見える化”に溢れています。半導体業界の変化のスピードに翻弄されない企業体質を維持するためにも、“進化”というキーワードを大切にしています。

社名や社格にとらわれず多くの企業を見てほしい

 就職活動では、企業の格やネームバリューにとらわれないことが重要です。例えば合同企業説明会などで、社名を知らないという理由でその会社を避ける学生がいます。しかし、日本には相当数の企業が存在し、一般的にはあまり知られていない当社のようなメーカも数多くあります。「社名を知らない」という理由だけで選択肢から外すことはせず、できる限り広い可能性をさぐりながら、社会に出て働く上で大切にしたいこと、譲れないことは何か、自分の軸を定めていただきたいですね。

 そしていろんな企業の存在を知るためには、大学のキャリアセンターを存分に利用すると良いと思います。先輩やベテランの教職員の方から、その時々の経済や就職市場の動向を踏まえた適切なアドバイスがもらえると思います。その中には、知らない企業もたくさんあるはずです。多くの企業をしっかりとリサーチをした上で気になる企業を訪問すれば、社員の話や社内の雰囲気を通じて、自分が働いている姿がよりイメージしやすくなると思います。やはり積極的に動いている学生は、自分で“納得”した企業に就職しているように感じます。ここで言う納得とは、自分の信念と企業の理念が一致しているということです。当社の場合は、企業や個人としての方向性やあるべき姿を明示した企業理念『DISCOVALUES』に共感した方が入社しています。企業と学生のミスマッチを防ぐと共に、仕事へのモチベーションを維持し、組織の中で力を発揮する人材へと成長していただくためには、この“納得”がとても大切だと考えています。

五感すべてを使って経験を積むこと

 学問のみに打ち込んできた学生が必ずしも社会で活躍できるとは限りません。学生時代に五感全てを使ってさまざまな経験をすることで自信や信念を形成することも、とても大切なことです。例え荒削りでも、自分の経験に基づいた自信や信念であれば、就職活動の際にも際立つはずです。留学、ボランティア、部活動、もちろん勉強など、早稲田大学はそういった経験を積める環境が整っていると聞いていますので、大いに活用してほしいと思います。私自身も学生時代、海外留学を通じて多様な価値観を持った人たちと交流したことで、自分の考えに固執せず、いろいろな意見を受け入れられるようになりました。グローバル化が進む今、多くの企業が外国人留学生や留学経験のある日本人学生に向けた採用を行うなど、時代に合った採用手法を整えています。学生生活で身につけた自信と強みを、ぜひとも就職活動で魅せて(見せて)ほしいと思います。

 最後に、「働く」ということについて、ご家族の中でもじっくりとお話することをお勧めします。ご家族の方は、ご自身の社会経験も踏まえた上でアドバイスをしてくれるでしょうから、具体的な意見や思いもよらなかった観点など、参考になることが多いはず。「働く」とはどういうことか、ご家族と本音で話し合い、じっくり考えてみることは、就職活動において大きな意味をもつ時間になると思います。

姜 里奈(かん・りな)/株式会社ディスコ サポート本部 採用グループ

社会学部地域福祉学科卒業。2008年人材紹介会社に入社。企業様向け担当営業として転職支援に従事。2010年株式会社ディスコに入社。中途採用担当を経て、現在は新卒採用・派遣採用の業務全般を担当。

株式会社ディスコ
第一製砥所として1940年に設立。高度な「切る」「削る」「磨く」技術に特化した精密加工装置・精密加工ツールメーカ。半導体・電子部品向け切断・研削・研磨装置、ツールにおいて、世界シェア70%を誇る。千名以上の従業員が働く東京大森の本社には、研究開発部門も集約されており、国内外の顧客が日々加工相談に訪れる。

キャリアセンターより
優先順位をつけてスケジュール管理を

1月は定期試験があります。進級ができなくなれば就職どころではありません。

企業からは説明会の参加やエントリーシートの提出を求められることもあると思いますが、優先順位をしっかりつけスケジューリングをし、折り合いをつけることが最も大切です。