早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 キャリアの羅針盤

キャンパスナウ

▼盛夏号

キャリアの羅針盤 学生と進路選択

小山 工(こやま・つかさ)東海旅客鉄道株式会社 人事部 人事課 略歴はこちらから

学生自身が作り上げてきた
人生のストーリーに注目しています

小山 工/東海旅客鉄道株式会社 人事部 人事課

企業の採用担当者や専門職の養成などに携わっている方に、その分野で求められる人材像や昨今の就職活動の状況についてお聞きします。今回はJR東海で採用を担当されている小山さんにお話を伺いました。

自律、チームワークを重んじつつも
挑戦心のある人材を求む

 鉄道が中核事業である当社は、一般的に“堅い会社”というイメージをよく持たれます。確かに鉄道において最も大切なことは安全の確保であり、当社でも伝統的に規律やチームワークが重視されてきました。しかし、近年は流通や飲食、旅行や不動産など、事業の多角化が進み、既成概念にとらわれない新しい発想が求められる機会も増えています。

 そのため当社が求める人材は、自律とチームワークを大切にできることを前提として、既存の考えに縛られることなく、積極的に新しい分野に挑戦できる人です。自分自身で新しい日本をつくっていきたい。そんな夢と情熱を持った人材を望んでいます。

キャリアを意識し始める時期が、
その後の明暗を決める

 日本経団連は「採用選考に関する企業の倫理憲章」で、各企業に対して学業への配慮を呼び掛けています。その趣旨に賛同する当社も、昨年度から週末の土日に会社説明会を行う機会を増やしました。

 就職活動の期間自体は短くなる傾向にありますが、自分のキャリアについて考え始める時期が遅くても良いかと言えばそうではありません。当社では早い時期からキャリアに対する意識を高めることが大切だと考えており、大学でのキャリア形成の講義などに社員を派遣して、職業観やキャリアに関する説明を行ったりもしています。

 なぜ、早い時期からキャリアに対する意識を高めるべきかと言えば、それによって大学時代の行動が変わってくるからです。意識の高い学生は一定の期間ごとに自分の課題を洗い出し、それを克服する習慣が身に着いています。これを繰り返すことで、その学生には確固たるストーリーが形作られていくのです。アルバイト選びを例に挙げると、「時給が良かったから」という理由よりも「苦手なことを克服するために」や「将来の夢につながるから」といった理由の方が軸が通っていて説得力を感じますよね。当社の採用試験は人物重視の面接試験が主ですが、その際は学生が何を課題と捉え、そのために自分自身でどのようなストーリーを作ってきたのかを見るようにしています。

Web全盛の今こそ、
自分の足で情報を稼ぐべき

 最後に採用担当者として、最近の就職活動について感じていることをお話しします。現在はほとんどの学生が就職活動にWebを利用しています。情報が集約されたWebは効率的な手段ですが、情報過多で大切な情報を見失いがちです。私は、Web全盛の今だからこそ、自分の足で情報を稼ぐことも大切だと考えています。ビール会社志望ならば工場見学に行けば良いし、住宅メーカーに興味があればモデルルームを見に行くなど、できることから始めれば良いのです。現場へ足を運んで気づくこともあるはずですし、面接ではその行動力も評価されると思います。

 また、近年就職活動におけるミスマッチが話題になっていますが、社員にあえて「会社の嫌なところ」を聞いておくことも大事なことではないでしょうか。興味のある会社の、「好きなところ」はすぐ見つかると思いますが、逆に「嫌なところ」を探し、「嫌なところ」に徹底的に向き合う覚悟があるかどうか、その上で今後どのようなことを実現していきたいのか、じっくり考えてみるといいと思います。就職は、結婚と似たところがあって、相手の良いところも悪いところも直視できて初めてうまくいくと私自身は考えています。私も学生時代は、こういったことを意識して就職活動を行っていましたし、ぜひ学生の皆さんにも実践していただきたいですね。

 また、お子さんの就職を心配されているご父母の方々もいらっしゃるでしょうが、自身の仕事の話や人生における失敗談など、子供にとって参考になりそうなストーリーを語ってあげるだけで十分だと私は思います。就職をするのはあくまでも学生自身ですから、よき理解者として学生が将来をしっかり考えられるよう、応援してあげてほしいですね。

小山 工(こやま・つかさ)/東海旅客鉄道株式会社 人事部 人事課

2004年、経済学部卒業。入社後は現場実習として駅係員、新幹線車掌、新幹線運転士などを経験し、2006年 から現場若手社員や新入社員の教育を担当。2009年にはトヨタ自動車やJR東海、中部電力など中部地方の企業が中心となって設立した学校法人海陽学園へ出向し、学園所属生徒の教育・指導に当たる。2010年 7月から現職。

東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
日本の鉄道の大動脈である東海道新幹線とともに、東海地方を中心に12の在来線を運営する旅客鉄道会社。近年は鉄道事業のほかに、駅ビルの運営や農業など多岐にわたる事業を展開しているほか、超電導リニアによる中央新幹線プロジェクトや高速鉄道システムの海外展開なども推進している。

キャリアセンターより
粘り強く就職活動を続けましょう

 この時期は就職活動を続けている学生と、そろそろ就職活動を開始する学生が入り混じる時期です。司法試験、公認会計士、教員、進学などを目指す方は、いよいよ佳境に入ります。また、これから新たに求人が発生する業界・企業もあります。夏・秋採用も含め、活動中の学生を求める求人は来続けていますので、粘り強く続けてほしいと思います。