早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2018 早春号 大隈のことば

キャンパスナウ

▼2018 早春号

大隈のことば
早稲田大学の創設者であり、近代日本の設計者としてもさまざまな功績を残した大隈重信。
「進取の精神」「久遠の理想」—今なお受け継がれる大隈の、早稲田の精神を、叡智と情熱にあふれる大隈自身のことばで、毎号ご紹介します。

元来人間は人に頼って生きるはずのものではない。
自分の道は自分で開いて行かねばならぬ。
他人に頼ろうと思えばこそ、
不運に遭う度(たび)に恨み言が述べたくなるのだ。
閉口垂(へこた)れるのは自分の罪である。
劣敗者となるのは自分が弱いからである。
少しも他人や社会の罪ではない。
勇気を揮(ふる)い反撥力を強め、堂々と活動せよ。
成功の要諦(ようてい)は其処(そこ)にある。

— 出典:『大隈重信演説談話集』 早稲田大学編(岩波文庫)

(協力 早稲田大学大学史資料センター)