早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2017 錦秋号 大隈のことば

キャンパスナウ

▼2017 錦秋号

大隈のことば
早稲田大学の創設者であり、近代日本の設計者としてもさまざまな功績を残した大隈重信。
「進取の精神」「久遠の理想」—今なお受け継がれる大隈の、早稲田の精神を、叡智と情熱にあふれる大隈自身のことばで、毎号ご紹介します。

日本人は既にこの土地の上ばかりの日本人ではない。
海と陸とを越えて世界を縦横に活動すべき権利を
与えられたる世界の人としての日本人となったのである。
果して然(しか)らば日本人の覚悟は
蓋(けだ)し容易なことではないのである。
日本人は自分で従来有(ゆう)しておった文明を
充分に理解するばかりでなく、
自分等と同種族の東洋全体の文明を了解するばかりでなく、
また同時に永い歴史を有する欧羅巴(ヨーロッパ)の文明を充分に受け入れ、
それを批評するだけの要意がなければならない。

— 出典:『大隈重信演説談話集』 早稲田大学編(岩波文庫)

(協力 早稲田大学大学史資料センター)