早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2018 早春号 Books

キャンパスナウ

▼2018 早春号

Books

今号のオススメ

本学教員の著書や各部署による刊行物をご紹介します。
※( )内は著者・編者・監修者の所属(刊行時)です

「座りすぎ」が寿命を縮める
岡浩一朗(スポーツ学術院)著 大修館書店 2017年10月

私たちは毎日どれくらい座りすぎているのか、座りすぎにはどのような健康・労働影響があるのか。また、どうすれば座りすぎを防ぎ、健康的な生活が送れるようになるのかについて、最新の研究データに基づいて解説。座りすぎによる悪影響についての理解を促し、健康的なライフ・ワークスタイルの実践を叶える指南書。

『 リーダーシップの探求 -変化をもたらす理論と実践』 早稲田大学出版部 2017年8月 日向野幹也(研究院) 監訳
『 刑事法学の未来 -長井圓先生古稀記念』 信山社 2017年9月 高橋則夫(法学学術院)・寺崎嘉博(法学学術院)ほか編
『 文章を科学する』 ひつじ書房 2017年10月 李在鎬(国際学術院)編
『 不動産の法律知識 〈第2版〉』 日本経済新聞出版社 2017年10月 鎌野邦樹(法学学術院)著
『 有斐閣判例六法 平成30年版』 有斐閣 2017年10月 中田裕康 (法学学術院)、長谷部恭男( 法学学術院)編集代表
『 朝鮮史2 近現代』 山川出版社 2017年10月 李成市(文学学術院)ほか編
『機械系の材料力学』 共立出版 2017年10月 宮下朋之(理工学術院)ほか著
『 現代東アジア経済論』 ミネルヴァ書房 2017年10月 深川由起子(政治経済学術院)ほか編著
『 早稲田学報』 早稲田大学校友会 2017年11月 早稲田学報編集室
『 中国契約法』 早稲田大学出版部 2017年11月 小口彦太(早稲田大学名誉教授)監訳
『 民法概論1 民法総則』 有斐閣 2017年12月 山野目章夫( 法学学術院)著
『 中近世移行期の公儀と武家権力』 同成社 2017年12月 久保健一郎(文学学術院)著
『 マンガでわかる薬理学』 オーム社 2017年12月 枝川義邦(研究院)著
『 植民地台湾の自治 自律的空間への意思』 早稲田大学出版部 2017年12月 野口真広(研究院) 著
『 日本メディア史年表』 吉川弘文館 2017年12月 土屋礼子(政治経済学術院)編