早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2017 新緑号 Books

キャンパスナウ

▼2017 新緑号

Books

今号のオススメ

本学教員の著書や各部署による刊行物をご紹介します。
※( )内は著者・編者・監修者の所属(刊行時)です

『動く大地、住まいのかたち プレート境界を旅する』
中谷礼仁(理工学術院)著 岩波書店 2017年3月

大地は動いている。地球の地殻を構成しているプレートの運動は、大地の形を大きく変え、地震や噴火を引き起こす。動く大地は、日本を含むユーラシアのプレート境界域に何をもたらしたのか。本書は、環境を創造し、時に人間社会を壊滅させるプレート運動の驚異的なエネルギーと、その大地で生き抜く人々の居住文化の姿や社会のあり方を活写する。広大な地域を巡歴し、人間そして社会の存立条件を捉えなおした類を見ない建築論的旅の記録。

『社会保障・福祉六法』 信山社 2016年12月 菊池馨実(法学学術院)ほか編集代表
『ヘルスコミュニケーション 健康行動を習慣化させるための支援』 早稲田大学出版 2016年12月 島崎崇史(人間科学学術院)編著
『科学報道の真相 ジャーナリズムとマスメディア共同体』 ちくま新書 2017年1月 瀬川至朗(政治経済学術院)著
『注釈日本国憲法(2)』 有斐閣 2017年1月 長谷部恭男(法学学術院)編
『日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語』 講談社ブルーバックス 2017年1月 久保純子(教育・総合科学学術院)ほか著
『東京新創造 災害に強く環境にやさしい都市
(東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ1)』
早稲田大学出版 2017年1月 尾島俊雄(名誉教授)編
『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』 旬報社 2017年2月 石田眞(法学学術院)・浅倉むつ子(法学学術院)ほか著
『マンション法の判例解説』 勁草書房 2017年2月 鎌野邦樹(法学学術院)、山野目章夫(法学学術院)ほか編
『朝河貫一と日欧中世史研究』 吉川弘文館 2017年2月 海老澤衷(文学学術院)、甚野尚志(文学学術院)ほか編
『大隈重信 民意と統治の相克』 中央公論新書 2017年2月 真辺将之(文学学術院)著
『20世紀ロシア思想史 宗教・革命・言語』 岩波書店 2017年2月 桑野隆(教育・総合科学学術院)著
『マーケティング・エンジニアリング入門』 有斐閣 2017年2月 上田雅夫(理工学術院)ほか著
『現代日本語の文法構造 統語論編(早稲田大学学術叢書51)』 早稲田大学出版 2017年2月 上野義雄(理工学術院)著
『子どもの健康福祉指導ガイド』 大学教育出版 2017年2月 前橋明(人間科学学術院)著
『躍動・陸のASEAN、南部経済回廊の潜在力 メコン経済圏の新展開』 文眞堂 2017年2月 浦田秀次郎(国際学術院)ほか編著
『戦後日韓関係史』 有斐閣 2017年2月 李鍾元(国際学術院)ほか著
『敦煌仏頂尊勝陀羅尼経変相図の研究』 勉誠出版 2017年2月 下野玲子(會津八一記念博物館主任研究員)著
『不平等を考える 政治理論入門』 筑摩書房 2017年3月 齋藤純一(政治経済学術院)著
『対人援助と心のケアに活かす心理学』 有斐閣 2017年3月 鈴木伸一(人間科学学術院)編著
『早稲田学報』 早稲田大学校友会 2017年4月 早稲田大学学報編集室