早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2015 錦秋号 Books

キャンパスナウ

▼2015 錦秋号

Books

今号のオススメ

本学で活躍される先生方の著書をご紹介します。
※( )内は著者・編者・監修者の所属(刊行時)です

『歴史とプロパガンダ
日米開戦から占領政策、尖閣問題まで』
有馬哲夫(社会科学総合学術院)著 PHP研究所 2015年7月

米国大統領は日本が開戦に踏み切ることを知っていた。原爆投下は必要なかった。戦後秩序なるものは虚構だ。中国の侵略は建国と同時に始まった。尖閣列島は日本固有の領土である。歴史とプロパガンダを見分けるリタラシーを身につけてもらおうと、昨年の授業で公文書をもとにこのようなことを講じた。それが本書である。

『実践「みんながリーダー」の学級集団づくり
小学校/中学校』
河村茂雄(教育・総合科学学術院)他編著 図書文化 2015年8月

アクティブラーニングが小・中・高等学校でも求められている。それを実質化するためには、学習者のリーダーシップが必要である(日向野,2015)。それも、能力の上下によるピラミッド型グループにおけるリーダーシップではだめで、参加するすべての学習者がリーダーシップやフォロアーシップを能動的に発揮していくことが求められるのである。小、中学校でのその育成方法の実際を、集団発達の理論をもとに解説したのが本書である。

『地場産業の高価格ブランド戦略
朝日酒造・スノーピーク・ゼニス・ウブロに見る感性価値創造』
晃洋書房
2015年5月
長沢伸也(商学学術院)他著
『東アジア経済と労働移動』 文眞堂
2015年6月
トラン・ヴァン・トウ(社会科学総合学術院)他編著
『幼児体育用語辞典』 大学教育出版
2015年5月
前橋明(人間科学学術院)編著
『判例特別刑法〔第2集〕』 日本評論社
2015年7月
高橋則夫、松原芳博(以上、法学学術院)編
『刑事コンプライアンスの国際動向』 信山社
2015年7月
甲斐克則(法科学術院)他編
『アウトプットに必要な基本英文表現』 研究社
2015年7月
ジェームス・パーダマン、安藤文人(以上、文学学術院)著
『生き延びるための作文教室』 河出書房新社
2015年7月
石原千秋(教育・総合科学学術院)著
『早稲田学報 1212号』 早稲田大学校友会
2015年7月
早稲田学報編集室
『実務に効く 国際ビジネス判例精選(ジュリスト増刊)』 有斐閣
2015年8月
道垣内正人(法学学術院)他編
『検証・安保法案 どこが憲法違反か』 有斐閣
2015年8月
長谷部恭男(法科学術院)編
『ソーシャル・キャピタル』 ミルネヴァ書房
2015年8月
坪郷實(社会科学総合学術院)編著 他監修
『光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと
一般相対性理論とは何か』
ブルーバックス
2015年8月
小山慶太(社会科学総合学術院)著
『早稲田文学 2015年秋号』 筑摩書房
2015年8月
早稲田文学会
『魅了する科学実験
生徒を驚かせあっという間に科学の世界に惹きつける』
すばる舎
2015年8月
早稲田大学本庄高等学院実験開発班著