早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 2014 盛夏号 Books

キャンパスナウ

▼2014 盛夏号

Books

今号のオススメ

本学で活躍される先生方の著書をご紹介します。
※( )内は著者・編者・監修者の所属(刊行時)です

『狂喜の読み屋 散文の時間』
都甲幸治(文学学術院)著 共和国
2014年6月

他者の声に耳を傾け、それを自らの言葉にすることが翻訳ならば、書評もまた、翻訳の一種ではないだろうか。ジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』などの翻訳で知られる著者が、町田康から小島信夫まで、そしてサリンジャーからトウェインまで、日本文学も海外文学も区別なしにひたすら読みまくった書評集。

『読書の歴史を問う 書物と読者の近代』
和田敦彦(教育・総合科学学術院)著 笠間書院
2014年7月

読者、読書の歴史をどうやって調べ、学ぶのか。そしてそこからどういうことが分かるのか。読書の歴史についての学び方、調べ方を考える。書物の出版、検閲、流通、保存は、読者の歴史とどうかかわってきたのか。現在とは異なる時間、異なる場所の読書を通して、読書の「今」を解き明かす。

『コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版』 丸善出版
2014年4月
コトラー他著、恩藏直人(商学学術院)監修
『数学はなぜ生まれたのか?』 文藝春秋社
2014年4月
柳谷晃(高等学院)著
『理論刑法学入門 刑法理論の味わい方』 日本評論社
2014年5月
高橋則夫/杉本一敏(以上、法学学術院)、
  仲道祐樹(社会科学総合学術院)著
『岩波講座 現代法の動態 第1巻 法の生成/創設』 岩波書店
2014年5月
長谷部恭男(法学学術院)他編
『夏目漱石『こころ』をどう読むか 文芸の本棚』 河出書房新社
2014年5月
石原千秋(教育・総合科学学術院)編
『実践レジリエンスエンジニアリング
 社会・技術システムおよび重安全システムへの実装の手引き』
日科技連出版社
2014年5月
小松原明哲(理工学術院)他訳
『伝わる文章を書く技術「型」にはめれば、必ず書ける! 200字の法則』 永岡書店
2014年5月
向後千春(人間科学学術院)著
『中国語を学ぶ10の扉 言葉と思考からときほぐす中国』 早稲田大学出版
2014年5月
江正殷(国際部国際課)監修
『【図説】地中海文明史の考古学 エジプト・物質文化研究の試み』 彩流社
2014年5月
長谷川奏(総合研究機構)著
『社会保障法』 有斐閣
2014年6月
菊池馨実(法学学術院)著
『マルテの手記』 光文社古典新訳文庫
2014年6月
リルケ著、松永美穂(文学学術院)訳
『いじめによる子どもの自死をなくしたい』 学文社
2014年6月
近藤庄一(教育・総合科学学術院)他著、早稲田大学教師教育研究所監修
『はぐれ雀』 小学館
2014年6月
中嶋隆(教育・総合科学学術院)著
『1949年の大東亜共栄圏 自主防衛への終わらざる戦い』 新潮社
2014年6月
有馬哲夫(社会科学総合学術院)著
『現代作家ガイド7 トマス・ピンチョン』 彩流社
2014年6月
麻生享志(国際学術院)ほか編著