早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2013 錦秋号 Books

キャンパスナウ

▼2013 錦秋号

Books

今号のオススメ

本学で活躍される先生方の著書をご紹介します。
※( )内は著者・編者・監修者の所属(刊行時)です

『「平家物語」の再誕―創られた国民叙事詩―(NHKブックス)』
大津雄一(教育・総合科学学術院)著 NHK出版
2013年7月

古典も、移り行く時代から超越して存在することはできません。『平家物語』は明治の近代化の中で古典文学として登録され、西欧のものに劣らない国民的叙事詩へと捏造され、そして戦時下では死を恐れない日本精神の教材として利用され、さらに戦後には民衆革命を語る国民的叙事詩として復活しました。一つの古典の受容史を通して日本近代の抱える問題の一端について考えたのが本書です。

『体育会力―自立した「個」を育てる―』
礒繁雄(スポーツ科学学術院)著 主婦の友社 
2013年9月

「体育会」には、上下関係や古風な根性論がはびこっていると思われているが、平成の体育会はちょっと違う。昭和世代は、日本一!をめざし個人やチームが創意工夫し、監督や先輩のアドバイスを受け入れたものだ。それは平成世代にも存在するが、それ以上に科学や資金、活動環境の改善により組織的な自立機能が洗練されている。今の体育会は、自立組織の中で集団が自立した「個」を育成する、そんな力を持っている。

 
『言葉と奇蹟―泉鏡花・谷崎潤一郎・中上健次―』 作品社
2013年5月
渡部直己(文学学術院)著
『産業安全保健ハンドブック』 公益財団法人労働科学研究所
2013年5月
名古屋俊士(理工学術院)他編
『コミュニティを再考する(平凡社新書)』 平凡社
2013年6月
齋藤純一(政治経済学術院)他著
『村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』をどう読むか』 河出書房新社
2013年6月
石原千秋(教育・総合科学学術院)、加藤典洋(国際学術院)他著
『日中対立―習近平の中国をよむ―』 筑摩書房
2013年6月
天児慧(国際学術院)著
『新しい政治経済学の胎動―社会科学の知の再編へ―』 勁草書房
2013年7月
田中愛治監修、河野勝編(以上、政治経済学術院)
『原典で読む日本デモクラシー論集』 岩波書店
2013年7月
堀真清(政治経済学術院)編
『イスラーム建築の世界史』 岩波書店
2013年7月
深見奈緒子(イスラーム研究機構)著
『制度と認識の経済学』 NTT出版
2013年8月
船木由喜彦(政治経済学術院)他編著
『科学歳時記 一日一話』 河出書房新社
2013年8月
小山慶太(社会科学総合学術院)著
『ともに創る!まちの新しい未来―気仙沼復興塾の挑戦―(早稲田大学ブックレット)』 早稲田大学出版部
2013年8月
早田宰(社会科学総合学術院)・加藤基樹(平山郁夫記念ボランティアセンター) 他編著
『すてきな地球の果て』 ポプラ社
2013年8月
田邊優貴子(高等研究所)著
『思想者的足跡:池明観』 世界知識出版社(北京)
2013年9月
堀真清(政治経済学術院)著
『維新政府の密偵たち―御庭番と警察のあいだ―』 吉川弘文館
2013年9月
大日方純夫(文学学術院)著
『岩波茂雄―低く暮らし、高く想ふ―』 ミネルヴァ書房
2013年9月
十重田裕一(文学学術院)
『英語のワナにはまるな! これが正しい選択だ!!』 IBCパブリッシング
2013年9月
バーダマン・ジェームス(文学学術院)著
『戦略実行のための業績管理―環境変化を乗り切る「予測型経営」のすすめ―』 中央経済社
2013年9月
清水孝(商学学術院)著
『早稲田ラグビー誇りをかけて』 講談社
2013年9月
日比野弘(名誉教授)著