早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 錦秋号 Books

キャンパスナウ

▼錦秋号

Books

今号のオススメ

本学教員等の著書をご紹介します。
※(  )内は所属です。

『対話のことばの科学 ―プロソディが支えるコミュニケ-ション』
市川熹(人間科学学術院)著 早稲田大学出版部
2011年6月

ことばは、表出すると同時に揮発するにもかかわらず、なぜ対話は円滑に進むのか。言語処理のみでは脳による実時間処理 が可能になるとは考えられない。イントネーションなどのプロソディ情報に「実時間伝達支援情報」(「伝達内容予告情報」と「話者交替予告情報」)が内在し、ことばの表出時に付加され、円滑な対話を可能にしていることを示した。言語や社会性の獲得の基盤となる可能性も示唆した。

『プロセスで学ぶレポート・ライティング ―アイデアから完成まで』
細川英雄・舘岡洋子・小林ミナ(以上、国際学術院)編著 朝倉書店
2011年6月

レポートはどのようにしたら書けるのか。文章作成技術やアカデミック・スキルを習得しようとすればするほど、テーマの発見は自分から遠ざかってしまう。ここで登場するのが、他者との対話だ。この対話プロセス体験は従来の発想を180度転換させる、革命的なテーマ発見にあなたを導くだろう。

『 Studien zur Geschichte der No-Masken: ihre Frühformen in Tempeln und Schreinen Japans』 Iudicium
2011年6月刊
ギュンター・ツォーベル(名誉教授)/荻野静男・室井禎之(以上、政治経済学術院)訳
『会社法の基本問題』 有斐閣
2011年6月刊
江頭憲治郎(法学学術院)著
『商取引法の基本問題』 有斐閣
2011年6月刊
江頭憲治郎(法学学術院)著
『学習国際条約・判例集』 成文堂
2011年6月刊
島田征夫(法学学術院)編
『国際法学入門』 成文堂
2011年6月刊
島田征夫(法学学術院)編著/萬歳寛之(法学学術院)他共著
『平安京遷都』(岩波新書) 岩波書店
2011年6月刊
川尻秋生(文学学術院)著
『日本の企業統治―その再設計と競争力の回復に向けて』 東洋経済新報社
2011年6月刊
宮島英昭(商学学術院)編著
『比較福祉の方法』 成文堂
2011年6月刊
久塚純一(社会科学総合学術院)著
『日比野弘の日本ラグビー全史』 ベースボール・マガジン社
2011年6月刊
日比野弘(名誉教授)編著
『ディズニーランドの秘密』(新潮新書) 新潮社
2011年7月刊
有馬哲夫(社会科学総合学術院)著
『スポーツファシリティマネジメント』 大修館
2011年7月刊
原田宗彦・間野義之(以上、スポーツ科学学術院)編著
『地方自治入門』 有斐閣
2011年8月刊
稲継裕昭(政治経済学術院)著
『国際取引法(第2版補訂)』 成文堂
2011年8月刊
木棚照一(法学学術院)編著
『越境する書物―変容する読書環境のなかで』 新曜社
2011年8月刊
和田敦彦(教育・総合科学学術院)著
『国際化の中のことばと文化』 成文堂
2011年8月刊
池田雅之(社会科学総合学術院)/大場静枝(総合研究機構)編著
『ロースクール演習 憲法』 法学書院
2011年8月刊
後藤光男(社会科学総合学術院)共著
『マトリックス・マーケティング―水平思考で市場をつくる』 日本経済新聞出版社
2011年8月刊
野口智雄(社会科学総合学術院)著
『「洋酒天国」とその時代』(ちくま文庫) 筑摩書房
2011年8月刊
小玉武(広報室参与)著
『労働法(第4版)』 有斐閣
2011年9月刊
浅倉むつ子・島田陽一(以上、法学学術院)他著
『自分イノベーション―問題発見・解決の究極メソッド』 技術評論社
2011年9月刊
林志行(理工学術院)著
『政治コミュニケーションを理解するための52章』 早稲田大学出版部
2011年3月刊
谷藤悦史(政治経済学術院)監訳