早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 早春号 Books

キャンパスナウ

▼早春号

Books

今号のオススメ

本学教員等の著書をご紹介します。
※(  )内は所属です。

『ドン・キホーテの世紀―スペイン黄金時代を読む』
清水憲男(文学学術院)著 岩波書店
2010年12月刊

本書は20年前に上梓して版を重ねた後に長年品切れになっていたが、「岩波人文書コレクション」の初回配本で新装復刊されたものだ。相当数の古典を読み、気になる箇所を約4,000枚のカードに抜き書きして16、7世紀スペインへの接近を試みた。執筆を進める私の中で、苦悩と喜びとが不思議に共鳴しあっていたのを今でも覚えている。(筆者より)

『トヨタvs現代―トヨタがGMになる前に』
小林英夫(国際学術院)編著 ユナイテッド・ブックス
2010年12月刊

躍進目覚ましい韓国自動車企業のトップ、現代自動車とGMを抜いて世界の覇者となった日本のトヨタ。老舗と新興の世界を代表する2社を両社の課題、両者の実力画定を行う。 [プロローグ、エピローグ、第一章 覇者・トヨタの課題(小林執筆) 第二章 挑戦者・現代自動車の強み(金英善・堤一直執筆) 第三章 徹底検証!トヨタ対現代(小林執筆)。]

『国際関係論のニュー・フロンティア』 成文堂
2010年12月刊
山本武彦(政治経済学術院)編著
『社会保障法制の将来構想』 有斐閣
2010年12月刊
菊池馨実(法学学術院)著
『夫婦の法律相談(第2版)』 有斐閣
2010年12月刊
棚村政行(法学学術院)他編
『わかってきた星座神話の起源―古代メソポタミアの星座』 誠文堂新光社
2010年12月刊
近藤二郎(文学学術院)著
『包括的スクールカウンセリングの理論と実践―子どもの課題の見立て方とチーム連携のあり方』 金子書房
2010年12月刊
本田恵子(教育・総合科学学術院)他編
『川本裕子親子読書のすすめ―忙しくても毎日続けたい幸せな習慣』 日経BP社
2010年12月刊
川本裕子(商学学術院)著
『1940年体制―さらば戦時経済(増補版)』 東洋経済新報社
2010年12月刊
野口悠紀雄(商学学術院)著
『大本営参謀は戦後何と戦ったのか』 新潮社
2010年12月刊
有馬哲夫(社会科学総合学術院)著
『カント「実践理性批判」』 講談社
2010年12月刊
竹田青嗣(国際学術院)著
『結婚は4人目以降で決めよ―恋愛と結婚と浮気の政治経済学』 毎日新聞社
2010年12月刊
森川友義(国際学術院)著
『日本人が知らない日本経済の大問題』 三笠書房
2011年1月刊
野口悠紀雄(商学学術院)他著
『はじめて学ぶ国際経済』 有斐閣
2011年1月刊
浦田秀次郎(国際学術院)他著
『朝日新聞の中国侵略』 文藝春秋
2011年2月刊
山本武利(政治経済学術院)著
『条文から学ぶ労働法』 有斐閣
2011年2月刊
島田陽一(法学学術院)他著
『ラグジュアリー戦略』 東洋経済新報社
2011年2月刊
長沢伸也(商学学術院)訳
『早稲田実業 躍進の秘密』(朝日新書) 朝日新聞出版
2011年2月刊
渡邉重範(教育・総合科学学術院/早稲田実業学校長)
『早稲田野球の魂』 PHP研究所
2011年3月刊
應武篤良(競技スポーツセンター)著