お手紙ジェネレーターはこちらお手紙

医者への相談をおくらせない手紙。 前立腺がんの進行症状を見過ごさない、我慢しない、先送りしない。そのためにも医師に相談することが大切です…医者への相談をおくらせない手紙。 前立腺がんの進行症状を見過ごさない、我慢しない、先送りしない。そのためにも医師に相談することが大切です…

メッセージ

前⽴腺がんは、男性特有の臓器である前⽴腺にできるがんです。50歳以上に多く⾒られ、男性に発症するがんの第1位1)となっています。病気の進⾏は遅く、発症初期は⾃覚症状がほとんどありませんが、進⾏すると「尿が出にくい」「残尿感がある」「夜間にトイレに⾏く回数が増える」といった症状や「⾎尿」が現れます。また、がんが⾻に転移して「腰痛」など⾻の痛みをともなうこともあります。

進⾏症状を⾃覚しても、歳のせいだと⾒過ごしてしまったり、未だ⼤丈夫と我慢したり、新型コロナウイルス感染症の影響を懸念し、医療機関の受診や医師への相談を先送りしてしまうことにより、症状が進⾏して重症化してしまうことが懸念されます。症状を⾃覚されている⽅は我慢することなく医療機関を受診し、医師に症状を相談することが重要です。また、症状を我慢している⽅には周囲からの声掛けが⼀歩を踏み出す後押しになります。

これらの背景を受け、ヤンセンファーマは、「前⽴腺がんの進⾏症状を⾃覚されている⽅が、⾒過ごしたり、我慢することなく医療機関を受診し、医師に相談していただくこと。更にご家族や周囲の⽅が進⾏症状を知ることで、⾒過ごしたり我慢している症状がないか声をかけ、背中を押していただくことで受診を遅らせない。」ことを啓発する医師への相談を『おくらせない⼿紙』キャンペーンを前⽴腺がん患者・家族の会「腺友倶楽部」の協⼒のもと開始しました。

1)国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」
※既に前立腺がんと診断されている患者さんで前立腺がんの進行症状を自覚されている方、未診断だが何らかの前立腺がんの進行症状を自覚されている方

これらの症状は前立腺がんだけでなく、前立腺肥大症等の疾患でも見られる症状です。診断については必ず専門医療機関を受診するようにしてください。

医師への相談を「おくらせない手紙」
キャンペーンムービー

遠くにいるお父さん、いつも隣にいる夫、
大学のクラブの先輩…
大切な人には、手紙だからこそ伝えられることがある。
それぞれが想う、医師への相談を「おくらせない手紙」。

専門医による解説
「前立腺がん」気付いたら進行していた…そうなる前に

前立腺がんの進行症状は我慢せずに
医師に相談を。 男性の方に限らず、
多くの人に知っておいてほしい

野々村 祝夫 先生

大阪大学大学院医学系研究科
器官制御外科学講座(泌尿器科学) 教授

前立腺がんの進行症状を見逃さない!

前立腺がんとは、男性のみが有する「前立腺」の細胞ががん化してしまう病気であり、男性特有のがんです。罹患率は、50代から上昇しはじめ、70代後半でピークに達します1) 。前立腺がんは、ゆっくり進行し、症状があらわれるまでに時間を要するのが特徴で、早期には自覚症状がほとんどありません。しかし、気づかないうちにがんが進行すると次第に「尿が出にくい」「残尿感がある」「夜間にトイレに行く回数が増える」といった症状や「血尿」の症状があらわれてきます。また、前立腺がんは骨やリンパ節に転移しやすく、骨に転移した場合には、「腰痛」など骨の痛みが症状としてでてきます。前立腺がんの進行による転移の80%以上が骨への転移といわれています2)。前立腺がんは進行症状を見逃さないことが大切で、症状に気づいた場合には、すぐに泌尿器科に受診し医師に相談しましょう。

症状を自覚した際には我慢せずに、まずは医師に相談を!

前⽴腺がんの進⾏症状があらわれていても、患者さん本⼈は「加齢のせい」などと思い込んでしまっていることも少なくありません。さらに、がんの進⾏によって腰痛など⾻の痛みが出ているにも関わらず、つい我慢してしまい、医療機関への受診が先送りになっているケースも存在します。前⽴腺がんが末期まで進⾏してしまうと、⾻に転移したがんによって⾻折リスクが⾼くなります。⾻折すると⾻折の痛みや活動そのものが制限され、⽇常⽣活にも⼤きく影響を及ぼし、QOL(⽣活の質)も著しく低下してしまいます。そうならないためにも、進⾏症状を我慢せずに、すぐにでも医療機関を受診し医師に相談することが重要です。
本⼈が症状を⾃覚しているのに受診していない場合には、ご家族や周囲の⽅からご本⼈に声をかけ、必ず医療機関への受診と医師への相談を勧めるようにしてください。“前⽴腺がんは男性の病気だから関係ない”などと決して思わずに、ご家族をはじめ、周囲にいらっしゃる⽅も前⽴腺がんへの理解を深めておくことが⼤切です。

前立腺がんは年々増加、男性のがん罹患数第1位に。

前⽴腺がんは、中⾼年の男性にとってとくに注意すべきがんといえます。我が国の前⽴腺がん罹患数は、⾼齢化、⾷⽣活の欧⽶化、前⽴腺がん検診の普及などの影響により近年増加傾向にあり、2021年現在では、男性がんの中で罹患数第1位となっています1)
PSA(⾎液)検査を定期的に受けて早期発⾒に努めることはもちろん⼤切ですが、万が⼀、前⽴腺がんが発⾒された場合にも、がんを進⾏させないこと、進⾏症状に気づいた場合には、我慢せずに、医師に相談することが⼤切です。
最近では、新型コロナウイルス感染症の影響による受診控えもみられており、気づかないうちに前⽴腺がんが進⾏していることがあります。すでに前⽴腺がんと診断されている⽅も、これまでに⼀度も検査や受診をされていない⽅も、前⽴腺がんの進⾏症状が⾒られる場合には、我慢せずに、必ず主治医や泌尿器科の専⾨医に相談してみてください。もしも、ご家族が受診に付き添える場合は、ご家族からみた⽇ごろの様⼦などを医師に伝えていただくのもよいでしょう。患者さんご本⼈のためにも、ご家族のためにも、症状を我慢したり、受診を先送りせずに、すぐに受診⾏動に移すことが⼤切です。

1) 国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」
2) 日本泌尿器科学会編 前立腺癌診療ガイドライン 2016年版

チェックリスト

前⽴腺がんの進⾏症状チェックリスト

こんな症状はありませんか?

50歳以上の男性で

  • おしっこが出にくい
  • 残尿感がある
  • 夜間にトイレに行く回数が多くなった
  • 血尿がでる
  • 腰痛がある

※これらの症状は前立腺がんだけでなく、前立腺肥大症等の疾患でも見られる症状です。診断については必ず専門医療機関を受診するようにしてください。

-監修-

⼤阪⼤学⼤学院医学系研究科 器官制御外科学講座(泌尿器科学)教授

野々村祝夫先生

あなた本人、または周囲の方で、この症状に一つでもあてはまる場合は、
泌尿器科の専門医へ相談してみましょう。

お手紙ジェネレーター

「自分にとって大切な家族や友人には、
いつまでも健康でいてほしい…」
そんな想いを、大切な人に伝えることができる
お手紙自動作成サービス

あなたのご家族、ご友人など周囲の方で、
尿トラブルや腰痛といった前立腺がんの進行症状を歳のせいだと見過ごしてしまったり、
「まだ大丈夫」と我慢している方がいるかもしれません。

そのためにも、ぜひ、あなたから声をかけて、ご本人へ受診の後押しをしてあげてください。

このサービスを使用すれば、前立腺がんの進行症状を見過ごしたり、
我慢したりしているかもしれない、あなたの大切な人へ、
受診を後押しするためのお手紙を、あなたのメッセージを添えて作成することができます。

あなたのご家族、ご友人など周囲の方で、
尿トラブルや腰痛といった前立腺がんの進行症状を歳のせいだと見過ごしてしまったり、「まだ大丈夫」と我慢している方がいるかもしれません。

そのためにも、ぜひ、あなたから声をかけて、ご本人へ受診の後押しをしてあげてください。

このサービスを使用すれば、前立腺がんの進行症状を見過ごしたり、我慢したりしているかもしれない、あなたの大切な人へ、受診を後押しするためのお手紙を、あなたのメッセージを添えて作成することができます。

Sample
お手紙を送る相手の情報を入力して下さい
送る相手のお名前
あなたの情報を入力して下さい
あなたのお名前
どんな文体で手紙を作成しますか?
お手紙のデザインを選んでください
メッセージを入力して下さい(任意)

※これらの症状は前立腺がんだけでなく、前立腺肥大症等の疾患でも見られる症状です。
診断については必ず専門医療機関を受診するようにしてください。

患者会からのメッセージ

前立腺がんの進行症状を見逃さず、もしも何か気になる異変を感じた場合には、いち早く泌尿器科の医師に相談するようにしてください。
男性の方では、症状を感じていながらも、ご家族や周囲に言いづらかったり、また医療機関に受診し医師を目の前にしていながらも、症状についてちゃんと相談できていないこともあるようです。
ですので、ご家族や周囲の方から症状がないか声を掛け、しっかりと受診を後押ししてあげてほしいです。われわれ患者会としても、男性の方だけでなく、ご家族や周囲の方も含め、一人でも多くの方に前立腺がんについて正しく知っていただけるよう、この医師への相談を「おくらせない手紙」キャンペーンを応援しています。

NPO法人腺友倶楽部 理事長 武内 務

医師への相談を おくらせない手紙