[AD] Planned & Produced by The Yomiuri Shimbun Advertising Bureau


本コーナーは、「@Press」から提供を受けた企業・団体などのニュースリリース(報道機関向け発表資料)を、原文のまま掲載しています。読売新聞社が、 掲載している製品やサービス等の購入や利用を推奨したり、その品質・内容を保証したりするものではありません。本コーナーの内容や削除に関するお問い合わせは「@Press」まで、直接ご連絡ください。

プレスリリース

ミナト医科学、全身運動トレーニング機器 「アクトステップ」8月21日発売

  • アクトステップ K7007
    アクトステップ K7007
ミナト医科学株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:栗栖 信之)は、全身運動トレーニング機器のアクトステップ K7007を、2019年8月21日(水)に発売いたします。アクトステップはひざに負担が掛からない状態で下肢の筋力トレーニングを行うと同時に、上肢もその動きに連動した動作を行うことで歩行機能の向上を促します。


【概要】
アクトステップ K7007では、筋力維持だけでなく介護予防や協調運動障害のリハビリにも使用できます。腕の動きと連動して下肢の筋力と持久力を向上させますが、この全身の運動のほかにも、上肢のみ、下肢のみの運動にも対応しています。年齢・身体強度・体格に合わせ、筋力維持・体力向上・協調運動障害のリハビリなど、一人ひとりの目的に沿った負荷の設定が可能となっています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190781/LL_img_190781_1.jpg
アクトステップ K7007

<簡単な操作と多彩なトレーニングプログラム>
トレーニングプログラムはマニュアルはもちろん、簡単に始めることができるクイックスタートをはじめ、ウォームアップやクライム・ランダム・脂肪燃焼・心血管運動など13種類のプリセットプログラムを搭載。目的に応じてプログラムを選択することができます。

<ユーザーの体型に合わせた運動姿勢の調整>
アクトステップでは、ユーザーの体型に合わせた的確な運動姿勢の調整が可能です。シートは前後にスライドする構造で、座面の角度調節は3段階。ハンドルも8段階の長さ調整ができます。乗り降りについても、シートが180°回転することで容易に行うことができる、安全面に配慮された設計となっています。

<多彩なオプションパーツ>
通常のハンドグリップが握りにくい方のための回転式ハンドルグリップや上肢の運動をサポートするハンドグローブ・体幹を安全に保つためのシートベルト、運動姿勢を保つことが難しい方にも安心してご使用いただけるシートベルト、その他にも心拍管理が必要な方への心拍数モニター用のチェストストラップなど多彩なオプションパーツをご用意しております。

整形外科クリニックを中心に、国内の病院、診療所などに向けて販売を行います。
希望小売価格:アクトステップ K7007 1,080,000円(税別)


【製品写真】

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/190781/img_190781_2.jpg
豊富なトレーニングプログラム


画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/190781/img_190781_3.jpg
180°シート回転で乗降が容易に

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/190781/img_190781_4.jpg
多彩なオプションパーツをご用意(別売)

【会社概要】
社名 : ミナト医科学株式会社(MINATO MEDICAL SCIENCE CO., LTD.)
代表者 : 代表取締役社長 栗栖 信之(Nobuyuki Kurusu)
本社所在地: 〒532-0025 大阪府大阪市淀川区新北野3丁目13番11号
設立 : 1957年5月23日
資本金 : 9,960万円
従業員数 : 437名(2019年5月現在)
事業内容 : 医用電子機器の開発・製造・販売
URL : http://www.minato-med.co.jp/
2019年8月20日 提供元:@Press