フォト

見てくれた人に笑顔になってもらいたい
YOSAKOIソーランを舞い踊る

YOSAKOIソーランサークル「鳳遙恋」

イメージ 右上から時計回りに、茂木さん、田中さん、三島さん、髙田さん

イメージ 国際交流イベント「JAPAN DAY」で2月に訪れたフィンランドの小学校にて。最後は「俺たち鳳遙恋、ダー !」の掛け声で締めくくった

イメージ 昨年の彩夏祭。100人規模の演舞は迫力満点

イメージ 練習前は円陣を組むことで、皆の意識を高めている

鮮やかな法被を身にまとい、ソーラン節が効いたリズムに合わせて舞い踊る ——。市ケ谷と多摩キャンパスの学生約140人が集まり、高知県のよさこい(鳴子)踊りと北海道のソーラン節が融合した「YOSAKOIソーラン」に取り組む鳳遙恋(ほうようれん)。月2〜3回、首都圏を中心とした各地域のイベントで演舞を披露しています。

20分以上の演舞でも笑顔を絶やさず、部内のムードメーカーでもある髙田さん。昨年11月の「第13回ドリーム夜さ来い」(東京お台場)では、イベントごとに部員を引っ張る「祭り担当」を務めました。「リーダーシップの取り方には最後まで苦心しました」と言いながらも、イベント自体も盛り上げられるよう、主催者や他団体との調整や部員を鼓舞する声掛けなどに尽力。鳳遙恋は笑顔あふれるチームに贈られる「パレットタウン賞」を受賞しました。

近年は海外でも演舞しています。英語が堪能で、国内外を活動舞台としていることに魅力を感じ入部した田中さんは、昨年10月、スイスで開催された「JAPAN WEEK」(※)に参加。「演舞終了後のバスで地元の女性から、『あなたたちから一番元気をもらったわ』と言われ、日本文化の良さを知ってもらえた喜びとともに、文化が違っても笑顔にできる鳳遙恋の踊りの魅力を改めて感じました」

演舞の衣装、音楽、振付はすべてオリジナルで、毎年部員自身が企画しています。今年度のテーマは「浪漫」。7月末の彩夏祭(埼玉県)で初披露されました。

「私たち3年生にとっては今年が現役最後。過去2年を踏まえた集大成になるものにしたいと準備を進めてきました」と代表の茂木さん。あいさつや振る舞いなど礼儀作法を行き届かせている鳳遙恋ですが、これまで以上に徹底するため、茂木さん主導の下、部内の意識改革も遂行。「普段のマナーも本番の演舞を形作る一部。また、一人ひとりの意識が高まることで練習が一層充実化し、ひいては、より多くのお客さまを笑顔にすることにつながると考えています」

「礼儀の話をすると厳しいサークルのように感じられてしまうかもしれませんが、部員は学年を超えて仲がいいんですよ」と、副代表として、茂木さんと二人三脚で部の運営を担う三島さん。「卒業生との縦のつながりも強く、イベントを通じて他大生、社会人、国内外の地域の方々とのさまざまな出会いもあります」と、自身も世界観を広げています。

※国際親善協会主催で、各国・地域と生活文化や芸能などを通じて相互理解・友好親善を図る市民レベルの国際文化交流事業

YOSAKOIソーランサークル「鳳遙恋」
茂木智秀さん(代表・法学部国際政治学科3年)
三島爽也さん(副代表・法学部法律学科3年)
髙田翔太郎さん(お楽しみ担当長・法学部法律学科3年)
田中久美さん(キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科2年)

ページトップへ