フォト

GISと派遣留学で培った積極的な学びの姿勢
情熱を大切にしながら働くために挑戦を続けたい

廣崎依久(ひろさきいく)さん/GIS(グローバル教養学部)4年

イメージ 「派遣留学は貴重な体験でした」と語る廣崎さん。「個人主義が基本のアメリカ人とのコミュニケーションに苦労しましたが、逃げずに日々挑戦することで乗り越えました」

イメージ チューターを担当していた日本語クラスの生徒たちと

イメージ所属していたフラダンスクラブのみんなと発表会本番前に

イメージカリフォルニア大学デイヴィス校にてルームメイトの二人と帰国前の記念に

小学生の頃から英語が好きで、英会話を続けてきた廣崎さんは、高校3年生のときに学校のフィールドスタディで南アフリカとボツワナを訪れました。その際、HIV /エイズの孤児院やスラム街を訪れ、アフリカの現状に心を痛めるとともに、社会学の視点から差別について関心を持ちました。帰国後、好きな英語で社会学を学びたいという思いからGIS( グローバル教養学部)への進学を決めました。

「入学当初は戸惑いました。海外での生活経験があるクラスメイトが多く、英語を話すことに気後れを感じました。でも、黙っていては点数はもらえません。恥ずかしい思いをしながら、片言の英語で議論に参加しているうちに、GISでの学びが楽しくなっていきました」

最も力を入れてきたのは「インターセクショナリティ」に関するゼミナールです。人種や宗教、階級、所得といった既存の区分が相互に作用しながら起きている社会現象を研究する社会学の新しい領域です。

「ゼミでは膨大な量の資料やテキストを読み、ディスカッションを行います。もちろんすべて英語です。英語をツールとして使いながら、自分の意見を会話や論文で表現する訓練を日々行っています。英語の力は高校時代とは比べものにならないほど高まったと思います」

今、自分にできることに挑戦したい

3年生の8月から4年生の6月までは、派遣留学生として米国のカリフォルニア大学デイヴィス校で学びました。授業の多くは講義と議論で構成されています。GIS以上に活発に議論するアメリカの学生たちとの学びによって「受け身ではなく、自分から学びにいく姿勢」が身についたといいます。10カ月間の留学生活で、自身の考え方にも変化が生じました。

「留学前は、自分が決めた考えや物事の進め方に固執する面が強かったと思います。でも、アメリカの大学にはさまざまな背景の学生たちが集まっています。自分の考えを主張するだけでは通じません。相手の意見を理解し、いくつもの方法を用いながら柔軟にコミュニケーションをする姿勢を得られました」

帰国後は、ゼミで卒業論文の準備を進めながら、10月にスタートした「英字新聞プロジェクト」にも参加しています。

「英文を書く力を高めたいと思い参加しました。議論の場も多く、自分の意見を表現しながら、他学部の学生の考えを聞けるのは貴重な体験です」

社会学への学問的興味は尽きることがありませんが、卒業後は、アメリカで経営学を学ぶことを希望し、現在はその準備を行っています。

「将来、自分が情熱を持って働ける仕事に就きたいと考えています。そのためには、経営学を専門的に学ぶ必要があると感じています。GISや派遣留学での学びを通じて挑戦することの大切さを知りました。今の自分がやりたいこと、挑戦したいことを大切にしていきたいです」

GIS(グローバル教養学部)4年 廣崎依久(ひろさきいく)さん
GIS(グローバル教養学部)と派遣留学(カリフォルニア大学デイヴィス校)で活発に議論する姿勢を学んだ廣崎さん。「アメリカの大学にはさまざまな背景の学生たちが集まっています。自分の考えを主張するだけでは通じません。相手の意見を理解し、いくつもの方法を用いながら柔軟にコミュニケーションをする姿勢を得られました」

ページトップへ