フォト

「常識を疑う」視点から米国の日常や文化に潜む疑問を掘り起こし探究
国際文化学部国際文化学科 栩木玲子教授ゼミ

イメージ前列左から、吉田瑞季さん(言語文化コース4年)、栩木(とちぎ)玲子教授、岡崎沙也果 さん(表象文化コース3年)、後列左から、川畑芽朗さん(国際社会コース4年)、宮﨑信吾さん(表象文化コース4年/ゼミ長) ※全員、国際文化学部国際文化学科

イメージ秩父で行われた2017年の夏合宿では、4つの映画をモチー フに、さまざまな視点から「悪の定義」に関して討論した

イメージ国際文化情報学会で発表した展示『Million Dollar Baby of America』は、インスタレーション部門の「奨励賞」に輝いた

イメージ日常授業では、書き上げた論文を一人ずつ発表し、意見交換を通じて情報を共有している

「米国文化を対象に、映画や音楽、そしてスポーツなど自分が興味を持ったテーマを自由に研究できる柔軟性が栩木ゼミの魅力です」と紹介してくれたのはゼミ長の宮﨑さん。「研究に取り組むときは『常識を疑う』ことを意識して、小さなことにも疑問の目を向け、さまざまな視点から掘り下げます。そうして鍛えられたせいか、映画やスポーツを見るときも着眼点が増えて、視野が広がったと感じています」

個人の自主研究を重んじる栩木ゼミでは、全員が春学期と秋学期に1本ずつ、卒業論文を含めて2年間で計4本の論文を書きます。初めての論文執筆を控えている岡崎さんは、「両親の影響で聴いていた洋楽の歌詞が気になり、意味を調べたことがきっかけで米国の文化に興味を持ちました。音楽の歌詞に込めた心情や、映画を彩る演出など、芸術的な表現に込められた意味を深く研究したい。英語から日本語に翻訳されたときのニュアンスの違いなども、検討していくつもりです」と、これからのゼミ活動に期待を寄せます。

「学生たちが持つ可能性を信じて、自主性に任せています」という栩木教授の言葉どおり、ゼミ活動の方針は、全てゼミ生が全員で話し合って決めます。昨年秋は、国際文化情報学会での研究発表に参加。『ミリオンダラー・ベイビー』という映画を題材にした作品は、「インスタレーション部門」で奨励賞を受賞しました。「印象的な場面の写真やあらすじを解説するナレーション、小道具などを用いて、映画に入り込める空間を演出しました」と説明してくれたのは川畑さん。「この映画はラストシーンで『尊厳死』が描かれています。それを暗示する病院のベッドを置き、『あなたなら、愛する人を殺すことができますか』と来場者に問いかけ、意見を募りました。研究成果を芸術的に展示することにより、見てくれた人が一緒に考えられる参加型の発表にしたかった」と、結果に満足した様子を見せます。

「先輩たちの明るく積極的な姿勢から学び、その殻を破った上で次へとつなごうという気風がゼミの伝統なので、刺激的です」と語るのは、教員を目指して勉強中の吉田さん。「これからは、米国と日本の教育事情を良い面も悪い面も含めて比較研究をし、自分なりに目指す教育の姿を模索したい。中学、高校は特に教師の影響力が大きい時期だと思うので、プラスの方向に影響力を与えるにはどうしたらいいのか、考えるヒントを探します」と、将来を見据えて目を輝かせます。

(初出:広報誌『法政』2018年5月号)

国際文化学部国際文化学科 栩木玲子教授ゼミ
栩木(とちぎ)玲子教授
宮﨑信吾さん(表象文化コース4年/ゼミ長)
吉田瑞季さん(言語文化コース4年)
川畑芽朗さん(国際社会コース4年)
岡崎沙也果さん(表象文化コース3年)
※全員、国際文化学部国際文化学科

ページトップへ

サイトポリシー

「ヨミウリ・オンライン」の偽サイトにご注意ください