学習院女子大学の2021年度の新テスト対応:特集: 学習院TIMES 学習院大学:読売新聞オンライン

学習院TIMESロゴ

伝統とともに未来を拓く、学習院の“今”を伝えます。

特集 Special Contents

※掲載の肩書は取材当時のものです。

1 / 3

 2021年度の大学入試は、高大接続改革によるセンター試験の後継となる共通テストや英語成績提供システムの導入などによって大きく変わると予想されている。その中で、学習院女子大学は2021年度入試に向けてどのような取り組みを進めているのだろうか。大学業界に詳しい大学通信井沢秀氏と、荘林副学長が語り合った。

共通テストと個別入試、併用の傾向強まる

----2021年度の大学入試はどう変わるのでしょうか。

荘林 幹太郎(学習院女子大学 副学長)

井沢
大きな変化は三つあります。まず一つめは、現在行われている「センター試験」が2020年1月の実施で最後となり、翌年1月から「大学入学共通テスト(以下、共通テスト)」に変わります。この背景には、少子高齢化や情報化が進むことで、従来の教育では対応が難しい質的な転換のある社会の中で活躍できる人材を育成しようという国の方針があります。そのため、共通テストでは、「知識・技能」に加え、「思考力・判断力・表現力」をより重視する内容に変わり、大学の個別入試でも受験生一人ひとりの能力や「学力の3要素」を多面的・総合的に評価するよう求めています。
荘林
学力の3要素とは「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度(主体性・多様性・協働性)」のことですね。
井沢
「思考力・判断力・表現力」の評価のために、共通テストでは国語、数学で記述問題が出題される予定です。なお国語の評価については、そのまま得点化されるのではなく、段階別成績表示になるとされています。それをどう使うか、段階に応じた一定得点を上乗せするのか、または他の用途に使うのかは大学の判断に任されています。
 もちろん、私立大学が共通テストを利用して選抜するかどうかは各大学に任されているので、2021年度の入試方法が変わる大学もあれば、変わらない大学もあるということになります。

井沢 秀(大学通信 情報調査・編集部部長)

荘林
私立大学では共通テストに大学独自の試験を組み合わせて評価する入試を実施するところが増えているようですね。この傾向は今後強まっていくのでしょうか。
井沢
いずれの私立大学も個別入試は継続するので、共通テストで汎用性を見て、個別入試で大学側が知りたい部分を見るという形ですね。こうした大学は増えていて、この傾向は今後も強まっていくでしょう。
 大きく変わるのは上智大学で、これまでセンター試験を使っていませんでしたが、今後はTEAPスコア利用型以外は、共通テストを受けないと受験できなくなります。
荘林
英語力を見る方法にも変化が起きていますね。
井沢
はい。二つめの変化として、共通テストの英語では民間の資格・検定試験が活用されるようになります。現在も、大学によっては個別試験で英検やTOEFLなど民間試験のスコア提出を求めていますが、今後民間試験と共通テストのどちらで評価するかは、大学によって対応が分かれています。英語民間試験の成績の取扱いについては、大学入試センターが提供する「大学入試英語成績提供システム」を使用するところと、民間試験の成績は使うけれども英語成績提供システムは使わないというところが出てきますので注意が必要です。
 そして三つめは「主体性・多様性・協働性」の評価方法についてです。筑波大学などは高校から提出される調査書を点数化するとしており、今後もこの方向へ行く大学が出てくるだろうと予測されています。
荘林
そうした変化を踏まえて、学習院女子大学でも昨年度末に2021年度の入学者選抜方針を公表しました。

参考URL:2021年 度入学者選抜に係る予告について
https://www.gwc.gakushuin.ac.jp/admission/2021_yokoku.pdf