大学SELECTION 大学の実力 読売新聞大学特集 広告 企画・制作 読売新聞社広告局・マナビジョンブック編集部 メニュー
中央大学ロゴ
市ヶ谷田町キャンパス(東京都新宿区)
2019年4月、新たな中央大学が動き出す
タブ
大学からのメッセージ「学びの魅力と特徴」学生インタビューや旬なトピックスはこちら

〈情報の仕組み〉と〈情報法学〉を学ぶ 文系の「国際情報学部」を都心に

「法科の中大」として名高い中央大学(東京都八王子市)が、〈法律〉と〈情報の仕組み〉の両方を学べる国際情報学部国際情報学科を、来年4月に、都心の新宿区に新設する。平野晋・同学部開設準備室長に、同学部で受けられる教育の特徴と目指すべき人材像について語ってもらう。

平野準備室長が、まず、国際情報学部の開設に至った経緯を語る。

「今、スマホ無しの生活は考えられません。AIも、インターネットと繋がって、生活も国際的に変わるでしょう。そこで、情報をグローバルな視点で学び、解決策を提言・実現できる人材を育てることが、社会のニーズに応えると思い、新学部開設を構想しました」

続いて平野室長は、同学部を表すキーワードとして、「情報の仕組み」「情報の法学」「グローバル教養」の三つを挙げた。

「情報の仕組みについては、例えばスマホやAIで〈できること〉の基本を学びます。合わせて、情報の法学についても、『法科の中央』の強みを活かし、憲・民・刑といった基本法に加え、個人情報保護法や著作権法などの情報法学も徹底的に学びます。〈できること=情報の仕組み〉に加えて、〈やって良いこと=情報の法学〉も修得すれば、実社会の要請に応えられます。

技術的に〈できること〉でも、何をやっても良いわけではありません。法を順守しても、例えばゲームを制作して、それが特定の宗教に反すれば、国際的には受け入れられません。世界で共有される価値観や異文化を尊重する感性をグローバル教養で学びます。」

カリキュラムとしては、1、2年次で「情報基盤」と憲・民・刑および情報法等を履修して〈基礎力〉をしっかり修得。3年次以降、「情報実践」「情報判例研究」といった科目で専門性を深める。

英語では、「統合英語」により四技能を同時に学ぶ。「情報英語」では、テキストにも、情報の仕組みと入門的法学の英語文献を用いる。専門分野への興味に基づいた英語力も同時に身に付けて、〈国際力〉を高める工夫だ。

以上の国際的な素養と、〈できること=情報の仕組み〉と〈やって良いこと=情報法学〉の三つを修得することで、実社会が求める現実的な解決策を提言・実現できる人材を育てる」(平野室長)心づもりだ。

卒業後の進路としては、平野室長も分科会長として総務省でとりまとめた「AI開発ガイドライン」の提言先である、OECD・経済協力開発機構等の国際機関を目指す。あるいは、情報を扱う官公庁の国家公務員。さらにスマホ等のグローバルICT系企業、マスメディア、企業の広報セクション等も想定している。

同学部の特徴の一つが、東京・新宿区の市ヶ谷田町キャンパスだ。

「私たちはこの学部を、 "iTL(アイ・ティ・エル)"と呼んでいます。市ヶ谷田町を基点として、学生と社会、また未来へ繋ぐという意味のIchigaya Tamachi Linkと、学部名に由来するInformation Technology & Lawの二つの意味を持ちます。都心にキャンパスを置くことで、情報実践と情報法学の両分野の第一級の実務者を、積極的に講師として招き、アカデミックな理論と併せて、ビジネスの現場もライブで体感してもらいます。」(平野室長)

入学定員は150名の予定。平野室長は、未来の新学部生に呼び掛ける。

「情報を扱う学部は、本学にも理工学部情報工学科と文学部の社会情報学専攻があり、他の大学にもあります。ただし、文系で、しかも法律も体系的にしっかり学べる学部となると、"iTL"以外には、例を聞きません。文系で、情報と法律に興味がある方には、ぜひ本学部の門を叩いていただきたいと願っています」

※2019年4月開設予定(設置届出中)

平野晋 準備室長

平野晋 開設準備室長(中央大学教授・米国NY州弁護士)

iTlロゴ Gスクエア

学内での国際交流の拠点・Gスクエア(多摩キャンパス)

学部・学科構成
特集大学
ページトップへ戻る