読売広告大賞

受賞作品

社名、肩書きは受賞時のものです。(敬称略)

第26回受賞作品(2009年度)

■入賞

  • 武田亜紀(東京アドデザイナース)
課題

<ワールド・ビジョン・ジャパン>
ワールド・ビジョン・ジャパンからの呼びかけ

世界では3秒に1人の子どもが防げる病気や栄養不良で命を落としています。この命は救えるはず!を広告に表現して下さい。

制作意図

普段、そんなに大きい額でなくても無駄使いと自分が感じ、後悔する事があります。
その、そんなに大きい額でない寄付で救われる子どもたちもいます。
自分が後悔する、救いようのないお金を子ども達を救うお金にしてみませんか?という提案です。

画像を拡大する pdf

画像を拡大する pdf

画像を拡大する pdf

ページトップ

受賞作品の著作権は読売新聞社に帰属します。使用の際は、必ずご連絡下さい。

「創造するチカラ、求む。

「挑め、クリエイター」選考委員に聞く、新聞広告の作り方Q&A

ojoクリエイティブ座談会 広告大賞選考委員が語る 「新聞広告を元気にする方法」 ?読売広告大賞が変わる? 谷山雅計氏、佐々木宏氏、箭内道彦氏